谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

税金・国保料などの負担-一般質問から

12月議会の一般質問では、①住民税・国保料などの滞納整理、②公共施設再生計画の策定、③新庁舎建設、④市街地液状化対策事業、⑤住居表示の実施・変更、⑥地域問題(本大久保1丁目のスーパー銭湯の建設計画、JR津田沼駅南口開発の周辺地域における歩行者等の安全対策)について、質問・要望しました。

制限時間があるため、再質問は、住民税、国民健康保険料、介護保険料などの滞納整理、特に差押処分のあり方を中心とし、その他の再質問は絞り込みました。

詳しい議会報告はあらためて作成したいと思いますが、この間、給与収入等が10万円程度で、預貯金も10万円前後しか残っていない世帯への差押処分の相談が相次いだことが出発点。私自身の研究・調査は不足気味でしたが、緊急に質問に取り組みました。

私は滞納分を支払っていけるように分割納付や生活再建の相談にのっています。資産がありながら開き直って滞納している人には厳しく対応する必要もあるでしょうが、ぎりぎりの生活をしている人の預貯金の半分以上を差し押さえてしまうのはやりすぎです。

税金等を払うためにサラ金に手を出す事態となれば、本末転倒ではないでしょうか。滞納整理と生活再建を結びつけていく体制づくりを市長に求めました。

生活や経営が困難な市民の税金等の滞納への対処とあわせ、税金や社会保障の負担のあり方も問題です。税金は能力に応じて負担するのが憲法上の原則です。
c0236527_97123.jpg

自分の一般質問が終わり、8日は選挙実務と会議の一日でした。
by takashi_tanioka | 2012-12-08 23:59 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka