谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

習志野市新庁舎等建設基本構想(案)のパブリックコメント実施へ

28日、午前9時から公共施設調査特別委員会がありました。「新庁舎建設基本構想」に対して議会から市長に提出する提言書について、全会派の意見をまとめた「たたき台」が示されました。今後、委員長が文章を整理してまとめていくことを合意しました。

市当局からは、「習志野市新庁舎等建設基本構想(案)」の説明があり、パブリックコメント(期間:2月1日~25日)を実施することが報告されました。
c0236527_8502722.jpg

基本的には市民委員会の案に沿っているそうですが、それに「新消防庁舎建設基本構想」を追加し、「新庁舎建設の概算事業費及び事業手法」を具体化した内容が追加されています。

私を含め、複数の委員・会派から指摘されたのが、新庁舎面積の狭さです。建設事業費を抑えるために、基本機能面積を現庁舎と同等にすることが市民委員会から提案されたそうですが、「現庁舎の狭隘化」は以前から指摘されています。私は、会議室不足の現状、市民が利用するスペースの制限など、懸念される問題を指摘しました。

豪華な庁舎は必要ありませんし、建設事業費を抑制するのは当然のことです。とは言え、面積等をあまりにも削りすぎ、長い目でみて使い勝手の悪い庁舎になってしまっては、元も子もありません。60年、70年先を見据えて、一定の余裕を考える必要もあるのではないでしょうか。

パブリックコメント「習志野市新庁舎等建設基本構想(案)」(市役所HP)
by takashi_tanioka | 2013-01-28 23:30 | 公共施設再生 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka