谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

習志野市公共施設再生計画素案の研究・検討

10日~11日は、1月に公表された「習志野市公共施設再生計画素案」について研究・検討する会議を党内でもちました。

公共施設再生計画の概要(市役所HP)

計画素案の概要、説明会での市当局の説明について意見交換。市内各地の社会教育施設(公民館・図書館など)の統廃合に、小中学校、幼稚園、保育所の統廃合がセットになります。

老朽化した公共施設を建てかえる際、ある程度複合化し、建設費用を圧縮することは理解できます。しかし、各施設の機能の違い、地域との結びつきなどを度外視することはできません。

「負担」という概念の捉え方も問題です。財政負担ばかりが強調され、統廃合による子どもや高齢者、障がい者などの負担増は重く捉えていないように思えます。

また、習志野市ではこれまで、経営改革(行政改革)の名のもと、福祉・教育予算が削減される一方、JR津田沼駅南口開発には巨額の補助金等が投入されたことを考えると、「本当に市民負担の軽減が目的なのか」という問題意識も持ちながら考えなければなりません。

引き続き、市民の皆さんの意見を聴きながら、日本共産党の見解・政策をまとめていきたいと思います。

これまでの計画作成の経緯については、公共施設の再生(市役所HP)をご覧ください。
c0236527_7532079.jpg

by takashi_tanioka | 2013-02-11 23:30 | 公共施設再生 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka