谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

事業者からみた消費税-消費税廃止習志野市連絡会の総会

c0236527_621424.jpg22日、消費税廃止習志野市連絡会の総会に出席しました。

消費税増税の中止を求める署名宣伝など、昨年度の報告がされ、「参議院選挙で消費税増税賛成勢力を伸ばさせないよう運動を進める」「学習と署名・宣伝行動、請願行動に取り組む」などの活動方針を確認しました。

私自身は、昨年は消費者の目線で消費税を考えていました。一方、中小事業者の方々との対話で、彼らの問題意識を消化することができず、もやもやしていました。

今回の総会では、湖東京至さん(元静岡大学教授、税理士)の論文「消費税・5つの欠陥-消費税を増税してはならない理由」(「NO消費税」2012年7月25日号)が資料として配布され、中小事業者からみた不当性が腑に落ちました。

全文を転載することはできませんが、アメリカの州税「小売売上税」と、日本の消費税、フランスの付加価値税を対比し、消費税の「直接税」としての性格を説明しています。また、中小事業者にとって「赤字でもかかる事業税」のようなものと指摘しています。ネット上では、次の小論が公開されています。

消費税は「預り金」でも「預り金的」でもない(全商連HP)

消費税還付金・10社に8700億円-こんな不公平許せない(全商連HP)

消費税の問題点は様々な角度から指摘されていますが、中小事業者の負担・不公平感を説明するには、湖東さんの論文はわかりやすいです。
by takashi_tanioka | 2013-04-22 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka