谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

屋敷パチンコ店への指導等を求める請願が全会一致で可決=6月議会最終日

27日の6月議会最終日は、午前9時30分から議会運営委員会、午前10時から本会議でした。各常任・特別委員会の委員長報告の後、午後まで討論が続き、議案16件と請願・陳情12件を採決しました。

習志野市屋敷パチンコ店出店問題連絡会を中心に住民が署名運動に取り組んだ「大型パチンコ店建設に対する指導等に関する請願」が、全会一致で可決されました。

住民の本心は建設反対なのですが、株式会社マルハンが工事協定も結ばないで着工を強行したため、行政指導や環境整備(最低条件)などを請願するに至りました。

このほか、ボートピア反対運動に取り組んできた市民などから「パチンコ店建設反対」の陳情2件が出されました。

日本共産党を代表して、請願の紹介議員になった市川寿子議員が、請願1件・陳情2件に賛成討論。請願を提出した住民の無念の気持ちを訴え、子ども達の未来を守るため、自然を維持し、文教福祉の環境を残したい思いで、住民は必死にがんばっていると討論しました。

採決では、行政指導等を求める請願は全会一致で可決されましたが、建設反対の陳情2件は賛成少数で否決されました。

全会一致で可決された請願内容は以下の通り。宮本泰介市長に実行を強く求めていきます。

1.パチンコ店利用客による無謀運転による事故を未然に防ぐべく、当該敷地前面道路において実籾本郷公園に向かう路地付近に押しボタン式信号機を設置するよう、公安委員会に要請すること。

2.治安悪化防止を最小限に抑えるべく、敷地内外の警備をするよう指導すること。

3.特に事故が多発することが予想されるセブンイレブン前十字路においては、建設作業中ならびに営業時間中において、建築主による責任のもと、警備員を配置するよう指導すること。

4.建設中において建設関係者および事業者関係者による事件・事故が発生した場合には、直ちに原因を調査し、建設を継続する場合には、原因対策を近隣住民に説明するよう指導すること。

5.営業後において当該土地内で事件・事故が発生した場合ならびに当該パチンコ店関係者または顧客による近隣地域での事件・事故の発生が判明した場合には、直ちに原因を調査し、営業を継続する場合には、原因対策を近隣住民に説明するよう指導すること。
c0236527_17145070.jpg

私は、市民の陳情3件(消費税増税の中止、ボートピアの早期撤去、仲よし幼稚園跡地売却に反対)に賛成討論、議案1件に反対討論をしました。

このうち、消費税廃止習志野市連絡会の「消費税増税の中止を求める陳情」には、日本共産党など7会派11名の議員が賛成しました。しかし、公明党や自民党系の議員が反対し、市民の願いを否決しました。

議会中継

あと、この日は、自民党系の議員どうしのドタバタがありました。これは本論ではないので、私の見解は別にまとめます。興味のある方は下をご覧ください。




みっともない自民党の「マッチポンプ」

午後からの討論で、ある自民党議員が「議会改革」を掲げる陳情に乗じて、議会運営委員会の合意を批判する討論をしました。そして、議会運営委員長が所属する別の自民党系会派の議員が、その討論を批判する討論をするというドタバタがありました。

他党からみれば、自民党内の「マッチポンプ」のようなもので、みっともない光景でした。

最初の自民党議員が問題にしたのは、ある陳情の委員会付託についてです。この問題は、議会運営委員会で私も批判したことですが、この自民党議員は(招集されていたのに)欠席していました。

本会議の議事日程・議題・申し合わせ等は、議会運営委員会に全会派が出席して確認しますが、この自民党議員は何回も欠席しています。

問題があると思うなら、議会運営委員会に出席して堂々と反対意見を言えばよいのに、欠席するのは「敵前逃亡」と言えます。議員報酬を受け取りながら、招集された会議に欠席を繰り返すのは「怠慢」と言われても仕方ありません。

問題が議論された委員会を欠席しておきながら、インターネットやタウンテレビで放映される議会本会議では、あたかも正義の味方のように抗議してみせるのを、世間では「パフォーマンス」と言います。

今回の討論では、自分の所属会派が認めたこと(申し合わせ事項)も知らなかったかの如く演じてみせました。こういうのを「天を仰いで唾する」と言います。

自民党には、この間の古賀誠・元幹事長のように腹をくくってスジを通す人もいます。パフォーマンスで目立てば、選挙で自分に票が集まるだろうという程度の意識では困ります。

問題があると思い、本当にそれを正したいと思うなら、パフォーマンスばかりに力を入れるのではなく、会議に出席して堂々と意見を述べてもらいたいものです。
Commented by 読者 at 2013-06-30 11:46 x
また車内に子供を置いてパチンコしていた○○親が福岡でありましたね!この根源はパチンコ屋の存在です!これでもマルハンは習志野にパチンコ屋を造り、犠牲となる子供を無視していくのでしょうか?
Commented by takashi_tanioka at 2013-07-02 06:00
しばらくコメントへの返事を書いておらず、すみませんでした。

ギャンブル依存症になってしまう人も、被害者の側面をもっていると言えるでしょう。

今回の議会陳情にもありましたが、市内最大のギャンブル施設・ボートピア習志野は、条件緩和(警備員削減など)が一部ありましたが、それでも環境整備協力費といったハードルは他市よりも高く、経営は苦しいと思います。

今回のパチンコ店の請願採択は、限定的ではありますが、一定の成果です。ボートピア反対運動を粘り強く続けている人達のように、条件緩和を許さず、撤退へと追い込んでいく展望が市民の側に必要ではないでしょうか。
Commented by 習志野市民 at 2013-10-14 02:44 x
名古屋市でも、マルハンが同じ問題を起こしているようです。
貴党のわしの恵子議員が対応されております。

マルハンという会社の悪質な企業姿勢を、ぜひとも広く世間に訴えたいです
by takashi_tanioka | 2013-06-27 23:59 | 議員活動 | Comments(3)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka