谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

12月議会の議案質疑-仲よし幼稚園跡地売却、公共料金値上げなど

2日、午前10時から議案質疑(本会議)。その後、予算特別委員会、議会運営委員会と続き、午後5時頃終わりました。

議案質疑で、私は、一般会計補正予算(議案75号)、公共施設等再生整備基金条例(議案79号)、各種公共料金の値上げ(議案82~83号、89号)、仲よし幼稚園跡地の売却(議案91号)、指定管理者の指定(議案93~95号)について質問しました。

仲よし幼稚園跡地の売却と、その補正予算・基金への計上では、谷津・奏の杜地域で学校・保育所などインフラ整備が間に合わないなか、市有地売却=マンション建設を優先する市長の方針転換を求めました。近隣住民の住環境の問題も指摘しました。

また、仮にマンション用地として売却するとしても、5~10年時期をずらせば、谷津小学校パンク・学区変更による歪みを少しでも緩和させることができると指摘。売却議案の撤回を求めました。

公共料金の値上げでは、消費税増税の追認、最大50%の料金値上げによる市民負担増について市長の見解を問いました。

指定管理者の指定では、指定管理者(民間委託先の法人)を指定した部署等の管理職が、市役所を退職後、その法人に再就職(天下り)している点を指摘しました。

議会中継

c0236527_874368.jpg





(おまけ) 私はテロリストか?

自民党の石破茂幹事長が、秘密保護法案に反対する国民を「テロリスト」呼ばわりしていることが問題になっています。

反対コールを「テロ」呼ばわり-自民・石破幹事長ブログで暴言(日本共産党HP)

石破氏・暴言繰り返す-市民運動「テロ」呼ばわり(日本共産党HP)

緊迫・秘密保護法案-力を集め廃案に(日本共産党HP)

国会周辺はデモが規制されているため、右翼団体の街宣車のような大音響のスピーカー宣伝はできません。石破氏が言う「大音量」とは、肉声のシュプレヒコールや歌・音楽など。使ったとしても、せいぜいハンドマイク程度です。暴力的なことはしていません。

権力者に抗議の声をあげただけで「テロリスト」扱い。それならば、秘密保護法案反対だけでなく、反原発を国会前で訴えた人たちも「テロリスト」となるのでしょうか。

石破氏のような人が権力を握り、国民に知られたくないことを「特定秘密」に指定し、異常に強い罰則で取り締まるのですから、やはり恐ろしいことなのです。
Commented at 2013-12-03 23:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by takashi_tanioka | 2013-12-02 23:30 | 議員活動 | Comments(1)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka