谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

特別会計予算特別委員会 1日目

10日は、次男と私が風邪で体調不良。午前中に休息をとり、次男は祖母に預けて市役所へ。予算委員会の準備のために市担当部から聞き取りをした後、長男・長女を保育所へ迎えに行き、早めに休みました。

11日から、特別会計予算特別委員会が始まりました。1日目は、国民健康保険特別会計、後期高齢者医療特別会計、介護保険特別会計の審査で、午前9時に始まり、午後3時40分頃終わりました。

東日本大震災の発生から3年。午後2時46分、予算委員会を中断し、震災の犠牲者に黙とうを捧げました。

私は、3つの保険料について、生活困窮・病気・経営不振・失業などによる滞納状況を資料請求。国民健康保険では、保険料値上げの根拠・対象、国保会計への一般会計繰入れの必要性、国保広域化(千葉県への移行)、保険財政共同安定化事業などについて質問しました。

後期高齢者医療では、短期保険証の発行、広報・相談への取り組み、保険料値上げについて質問しました。

介護保険では、第6期計画策定と保険料改定のスケジュール、高齢者緊急通報サービス、二次予防事業などについて質問。市内の介護保険施設、介護付き有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、お泊りデイサービスについて実態把握の資料請求をしました。
c0236527_180027.jpg

残念だったのが、後期高齢者医療の保険料値上げについて、私以外の議員から質問がなかったこと。

保険料値上げは県広域連合で決めるため、関心が低いのでしょうが、保険料徴収は市町村の仕事です。このまま保険料高騰が続けば、払い切れない高齢者が増加していくのであり、市議会でも問題にすべきと思います。

国は、国民健康保険も広域化(県へ移行)を予定しています。「高すぎる保険料を何とかしてほしい」の声が、ますます行政に届きにくくなるのが心配です。
by takashi_tanioka | 2014-03-11 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka