谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

県道長沼船橋線(東金街道)の現地調査-大久保地域

26日、県道長沼船橋線(東金街道)の歩道拡幅・安全対策について、丸山慎一県議や地域住民の方々といっしょに現地調査をしました。

日本共産党は、私の一般質問や予算要望書で歩行者の安全確保を要望してきました。「歩道拡幅」は用地取得のための予算確保がすぐには難しいので、すぐできることとして「蓋かけ歩道の暗渠化」を強く求めています。

これに対し、市長からは「千葉県(千葉土木事務所)に対し、対応を図るよう要望する」との答弁・回答を得ています。

今回は、歩行者が多い大久保地域の現地調査でした。商店街が県道をまたいでおり、大型車の通行量が多い県道が事実上の生活道路にもなっています。
c0236527_943365.jpg

従来の蓋かけ歩道。側溝の蓋の上を歩道代わりに使っています。足の不自由な高齢者が、蓋の隙間や穴につまづいたり、杖がはまったりして怪我をしたという体験を伺いました。
c0236527_944163.jpg

自転車で転倒して大怪我をした住民からの聞き取り。事故の後、側溝の蓋は改修されましたが、車道との段差など、足の不自由な方に配慮した舗装工事になっていません。
c0236527_9443550.jpg

高さ1cmほどの縁石。歩行者の安全対策として意味がないうえ、逆につまずく歩行者が少なくなく危険です。
c0236527_9445982.jpg

商店街周辺。歩道(県道)に看板を置いているラーメン店があり、危険です。
c0236527_9445336.jpg

県道北側は、西から大久保4丁目付近まで蓋かけ歩道の改修工事が進んできています。写真中央から上側が従来の蓋かけ歩道、下側が改修工事後の歩道です。
c0236527_10105088.jpg

県道南側の歩道の改修工事は、これからのようです。側溝+30cm程度しか幅のない箇所が多数です。
c0236527_10111690.jpg

地域住民からの聞き取りや現地調査をもとに、千葉県千葉土木事務所へ行き、改善要請をする予定です。
Commented by 大久保住まい at 2014-03-27 12:19 x
歩道の側溝を改善していたのですね、理由がわかりました。調査、要望活動をしていただきありがとうございます。小学校中学校への通学路にもなっており、危険を感じておりました
by takashi_tanioka | 2014-03-25 23:30 | 議員活動 | Comments(1)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka