谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

学童保育の新入生歓迎会-谷津南小学校

c0236527_895039.jpg


c0236527_89166.jpg17日、学童保育(谷津南児童会)の保護者会定例会と新入生歓迎会がありました。妻が出勤のため、入院中の次男の付き添いを私の母(祖母)と妹に交代し、私が出席しました。

学童保育の行事に保護者として参加するのは初めて。「こういうものなのか」と思いながらの参加でした。

10日には、習志野市学童保育連絡協議会(市連協)の定例会がありました。今年度、谷津南は副会長職(要望書担当)です。指導員不足への対処、高学年受入れの検討など、大きな課題に直面する年となります。





緑と水の多い谷津南小学校

谷津干潟沿いの谷津南小学校は、谷津遊園跡地に団地(谷津パークタウン)ができたときに建設された小学校です。当時は児童数が急増し、学童保育(放課後児童会)も2つありました。

その後、児童数が減少傾向となるなか、子ども達が遊べる林や池などが、保護者や地域住民の協力でつくられていったようです。

来年度からは、JR津田沼駅南口(奏の杜)の一部からのバス通学が始まるので、児童数が再び増加します。緑と水の豊かな環境を守り、在校生も、新入生・転入生も共に楽しめる小学校にしていきたいです。

わが家から見える緑地(菜園と林)。
c0236527_8103946.jpg

校舎と学童保育室の西側(菜園と木々)。
c0236527_8105291.jpg

c0236527_81173.jpg

子ども達が遊べる林(みどりのとりで)。
c0236527_8111941.jpg

校舎南側の池。水辺で遊び、ザリガニも釣れます。
c0236527_8113442.jpg

c0236527_811535.jpg

先日策定された習志野市公共施設再生計画では、「より良い資産を次世代へ引き継ぐ」ことを錦の御旗にして、「未利用地の有効活用」を提唱。谷津南小学校は、奏の杜からの児童数が少なくなったら、谷津公民館を学校敷地内へ移転させ、小学校と複合化することを計画しています。

学校施設へ他の施設を複合化する際、緑豊かな林や菜園、水辺で遊べる池などを、「より良い資産」と評価して残す考えなのか、「未利用地」と決めつけて無くしてしまう考えなのか。

谷津地区でも推進される統廃合・複合化の計画。不動産経営の感覚では切り捨てられてしまうものへ、教育・福祉の視点からの評価が必要となるでしょう。
by takashi_tanioka | 2014-05-17 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka