谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

生活保護バッシングの陳情を再度否決-文教福祉常任委員会

c0236527_12234244.gif19日、午後1時30分から文教福祉常任委員会が開催され、生活保護バッシングの陳情2件(受理番号1410号~11号)を審議しました。日本共産党からは市川寿子議員が委員になっています。

今回の2件の陳情にも、差別的な内容に対し、市民団体から「否決」要請の意見が出ています。

委員会では、6月議会のときと同様、保健福祉部長が陳情内容の問題点がはっきりとわかる参考意見を述べました。宮本泰介市長の代理としての意見表明です。

市長・保健福祉部長のこの参考意見は立派でした。このほかの福祉施策では、私と意見が異なることが多いですが、今回の生活保護行政の意見表明では、市長と保健福祉部長の姿勢を高く評価したいと思います。

採決の結果、2件の陳情は「賛成者なし」で不採択すべきもの(否決)とされました。

委員会では、子ども子育て支援新制度の条例、教育委員の任命などの議案5件のほか、軽度外傷性脳損傷の周知・労災認定基準の改正などを求める陳情、藤崎図書館の存続を求める請願、中学校音楽室エアコン設置の請願、国の教育予算拡充の陳情も審議しました。
by takashi_tanioka | 2014-09-19 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka