谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

屋敷4丁目のパチンコ店「マルハン習志野店」の近況

26日夕方、屋敷4丁目の大型パチンコ店「マルハン習志野店」の周辺の道路・交通等の現状を確認に行きました。
c0236527_5411527.jpg

9月議会の一般質問(宮内議員)において、敷地一角へのコンビニエンスストアーの建設計画が取り上げられました。

そもそも住民の反対意見を押し切って建設されたギャンブル施設。敷地形状や利用方法の変更は、周辺住民が納得していればよいのですが、特に自動車の出入りなど、不安が増大するようなものであれば許されません。

開店から10か月。当初より自動車の数は減りました。それでも、パチンコ台入れ替えなどのイベント時には、交通安全や駐車場スペースなど注意が必要です。
c0236527_54658.jpg

私が視た時間帯(午後7時)には、2か所の出入口のうち、警備員が立っていたのは東側だけ。これでは、当初の説明と違います。

また、帰る客への右折禁止の誘導はしていましたが、実籾本郷公園側の道路を通りぬけて来店する乗用車はやはり時々いました。
c0236527_5505939.jpg

パチンコ店前から第二中学校方面へ向かう道路は、住民要望で電柱の位置が移動され、少し歩きやすくなりました。これは住民の皆さんの運動の成果と言えます。
c0236527_5584154.jpg

それでも歩道が広く整備されている訳ではないので、子ども達の登下校など、歩行者の安全確保のためには、引き続き、自動車通行への注意が必要でしょう。

住民要望である横断歩道・信号機の新設、そして事業者側が出してきたコンビニエンスストアー建設計画など、新しい動きにも注意しながら、議会でも対応していきたいと思います。

〔参考〕開店時の状況
無責任なマルハン-屋敷4丁目の大型パチンコ店の開店(2013年11月22日)

この2日間は、党議員団会議で議会最終日の準備を進めたり、党支部の会議に出席したり、住民の生活相談に対応したりでした。

26日には、生活と健康を守る会習志野市準備会の定例会があり、生活保護バッシングの議会陳情とのたたかいについて意見交換し、今後のとりくみを話し合いました。
by takashi_tanioka | 2014-09-26 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka