谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

これから医療・介護はどうなる?-千葉県地方議員研修会

21日、朝はJR津田沼駅南口で活動報告。その後、日本共産党千葉県委員会主催の秋季議員研修会に参加しました。夏季研修会よりも規模は小さく、党県委員会会議室での開催でした。
c0236527_1022429.jpg

午前は、医療・介護総合法に関連した学習。テーマは「これから医療・介護はどうなる?-介護保険改悪を中心に」で、千葉県民主医療機関連合会事務局長の加藤久美さんが講師でした。

医療・介護総合法の可決・成立までの経過として、社会保障改革推進法、プログラム法、医療・介護総合法の国会審議までの流れを説明。そして、総合法の概要・狙いと問題点を指摘し、制度改善を求める際のポイントを説明しました。

介護ウェーブのうねりを(全日本民主医療機関連合会HP)

c0236527_1359418.jpg


午後は、市町村の12月議会の対策、党活動(赤旗まつりなど)の話のほか、奨学金制度改善の運動も提起されました。

学生が安心して使える奨学金に-奨学金返済への不安と負担を軽減するために(日本共産党HP)

第41回赤旗まつりの案内(日本共産党HP)

この間、忙しくてブログの更新が滞っています。10日ぶりの更新ですが、私自身の「備忘録」ともなっているので、空白期間の出来事も順次アップしたいと思います。
Commented by 大久保在住 at 2014-10-31 12:48 x
大学の学費は税金で!若者たちの学問への意欲は国家の未来を担っているのだから
Commented by takashi_tanioka at 2014-12-30 10:01
日本の大学の学費は異常に高いですね。奨学金も「学生ローン」と化しています。教育の機会が公平に保障されているとは言えず、格差社会をさらに深刻なものとしてしまいます。

大学・大学院での教育・研究は、個人の利得ではなく、社会の発展に還元されていくという観点が、政財官のエリート層に無いから、「受益者負担が当然→高学費」となっていくのではないでしょうか。

学費のあり方にせよ、奨学金のあり方にせよ、大学を含む「学問とは何か」というところから問い直す必要もあると思います。

コメントをいただいてから、返信できないでいてすみませんでした。今後も、ご意見などお寄せください。
by takashi_tanioka | 2014-10-21 23:30 | 議員活動 | Comments(2)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka