谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

日本軍「慰安婦」問題・歴史を偽造する陳情-議会運営委員会

習志野市議会に生活保護バッシング、原発再稼働、集団的自衛権推進、靖国神社参拝、日本共産党攻撃などの陳情を出し続けてきた人物が、今回は、歴史を偽造しようとする陳情を出しました。

○「慰安婦問題について適切な対応を求める意見書」の国への提出を求める陳情
c0236527_9403458.jpg

千葉県議会などで自民党が提出し、数の力で押しきった意見書をなぞった陳情文。「吉田証言」が虚偽だったことを利用した「河野談話」攻撃の大キャンペーンに乗ったお粗末な内容です。

自民党の稲田朋美政調会長の暴言のように、河野談話を否定し、「慰安婦強制はない」という方向へ誘導するための陳情と思われます。

「慰安婦」強制はない-自民・稲田政調会長が暴言(しんぶん赤旗HP)

この陳情者が過去提出した陳情からみても、アジア諸国民に対する差別感情と、「大和民族」の優越意識が陳情提出の根底にあるのは明白です。

陳情内容の是非はともかく、委員会付託しない要件にはあたらないので、27日の議会運営委員会で、総務常任委員会(3月9日)に付託することを決めました。

この陳情者が提出した原発再稼働の陳情のとき、習志野市議会は全国に恥をさらしてしまいました。仮に今回の陳情が市議会で採択されたとしたら、やはり、とても恥ずかしいことになるでしょう。

〔追記〕

朝日新聞の「吉田証言」記事取り消しに乗じた「河野談話」攻撃の大キャンペーン。朝日新聞社が弱腰なのを良いことに増長しています。

しかし、やはり「吉田証言」を取り消した「しんぶん赤旗」への批判はあまり聞きません。それは、日本共産党が「吉田証言」とは関係なく、日本軍「慰安婦」問題の真実を追究しているからです。

もし、本当に「慰安婦強制はない」と考えているのであれば、下記リンクにある論証に反論してはどうでしょうか。

歴史の偽造は許されない-「河野談話」と日本軍「慰安婦」問題の真実(日本共産党・志位委員長)

歴史を偽造するものは誰か-「河野談話」否定論と日本軍「慰安婦」問題の核心(しんぶん赤旗)
by takashi_tanioka | 2015-02-28 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka