谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

議長選挙で共闘-5月臨時議会の開会

18日、5月の臨時議会(平成27年第1回臨時会)が開会。本会議、会派代表者会議、議会運営委員会、常任委員会が立て続けに開かれました。

議長選挙では、仮議長を務めた立崎誠一議員(最年長)が立候補制の導入を主張。会派代表者会議で協議し、「新しい議長のもとで、議長立候補制は必ず議論する」と合意しました。

今回の議長選挙では、日本共産党、新社会党・無所属の会、環境みらいの3会派が共闘。2年前の選挙と同様に、日本共産党は、宮内一夫議員(新社会党・無所属の会)と「憲法を護り、民主的運営、市民にわかりやすい運営に努める」という政策協定を結び、宮内議員へ投票しました。

結果は、木村孝浩議員19票、宮内一夫議員8票、木村孝議員3票で、木村孝浩議員が議長に選出されました。

その後の副議長選挙は、それぞれの会派で判断。伊藤寛議員19票、央重則議員5票、谷岡隆議員3票、木村孝議員3票で、伊藤議員が副議長に選出されました。
c0236527_632792.jpg

このほか、市長から議案1件の提案理由の説明があり、質疑の後、賛成多数で可決。午後3時20分頃終わりました。
by takashi_tanioka | 2015-05-18 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka