谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

マイナンバー制度の10月実施は無謀・・・一般会計予算委員会

17日、午前9時から一般会計予算特別委員会で補正予算案を審査。私は、①マイナンバー交付事務費、②大久保こども園整備事業、③ワーク・ライフ・バランス推進に関する協働型プログラム評価について質問しました。
c0236527_7404549.gif

マイナンバー制度については、番号を知らせる「通知カード」の郵送が10月5日から開始されますが、施設入所中の高齢者などに届かない問題が判明しています。このような方は習志野市内にも多数いますが、市当局は56人しか把握していないことが質疑で明らかとなりました。

指紋など「生体認証」の導入検討を求める参議院付帯決議、民間企業の対応の遅れなどについても、国からの指示待ちで、とても安全に制度をスタートできる状況にはありません。

多くの市民は制度を詳しく知りません。準備不十分な状態で厳重な保管が必要な番号の通知を始めることは、個人情報を危険にさらします。情報流出の心配がある制度の実施を急ぐ必要はありません。

徴税等で利用したい行政、ビジネスチャンスとしたい企業には都合のよい制度ですが、一般市民にとっては、制度実施を延期しても何の不利益もありません。

10月実施の中止を市から国へ意見することを求め、事務費を計上した予算案に反対しました。このほか、保育所・幼稚園統廃合を推進する「大久保こども園整備事業」も批判しました。

マイナンバー制度-実施に突き進むことは無謀だ(日本共産党HP)

預金・健診情報も管理-マイナンバー拡大法成立(日本共産党HP)

政府の「心配ありません」という説明資料は、下記リンクをご覧ください。市当局の説明と答弁も同様の内容でした。

マイナちゃんのマイナンバー解説(内閣官房HP)

委員会は午前11時30分頃終わりました。その後、党議員団内で議会最終日へ向けた打ち合わせをし、夕方から国会へ向かいました。
by takashi_tanioka | 2015-09-17 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka