谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

習志野市議会と民主主義-習志野シニアクラブの例会

c0236527_917315.jpg20日、公民館サークルの一つ、習志野シニアクラブの例会に招かれ、市議会の話をしました。会場は谷津公民館でした。

習志野シニアクラブの皆さんに招かれたのは、約10年ぶりです。当時、私は1期目の新人議員でした。

前回(約10年前)は、全会派から一人ずつ出席し、2人一組で市政について話をしました。私(日本共産党)と組になったのは、帯包文雄議員(真政会:当時)でした。

今回は「リベラル三会派市議と民主主義を語り合おう」というテーマで、央重則議員(環境みらい)、宮内一夫議員(新社会党・無所属の会)、私(日本共産党)の3会派の議員が招かれました。

司会者から「46%の投票率では市政に市民の声は届かない」「行政主導で進む公共施設統廃合」「少子高齢化時代の『新しいまちづくり』を」といった問題提起があり、それぞれの議員が話をしました。

各議員はそれぞれ、議会報告会や市政報告会を随時開催しています。その場合、個人または同一会派の議員での報告会となります。

今回のようにサークル主催で様々な会派の議員を集めてもらうと、違った角度からの市政の報告や評価が聴けて勉強になります。

集まる人も、自分の支持者とは限らないので、緊張感も生まれます。普段の支持者とは違う意見や質問が出るので、有権者の多様な考え方に接することができます。

いろいろな意味で、私自身も勉強になった集まりでした。
by takashi_tanioka | 2015-09-20 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka