谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

習志野八千代の「子どもと教育を語るつどい」(2015年)

8日、第48回 習志野八千代・子どもと教育を語るつどいが津田沼小学校で開催されました。子育てや授業の進め方など子どもの問題を考える集会です。私は今年も学童保育保護者(市連協)として参加しました。

津田沼小学校5年生の合唱でスタート。午前の講演会(全体会)のテーマは「子どもにつけたい学力」で、講師は都留文科大学教授の田中昌弥さんでした。私は長男をサッカーへ送り出し、講演会の途中から参加しました。
c0236527_10505410.jpg

昼食後、音楽で手をつなごうプロジェクトの4名(習志野市在住)による「ソーラン節」の演奏。障がいのある人もそうでない人も音楽を通じて一つになれるようにという思いを込めて発足したプロジェクトです。日韓国交正常化50周年の今年、両国の演奏者が互いの国を訪れて交流コンサートをしました。
c0236527_1051987.jpg

続いて、千葉朝鮮初中級学校の4~6年生全員が「響け!ぼくらの歌」を演奏しました。音楽で手をつなごうプロジェクトのメンバーも共演しました。
c0236527_10512947.jpg

全体会の最後は、プロマジシャンLiLeeによるマジックショー。私はビデオ撮影を手伝いました。
c0236527_10514619.jpg

午後の分科会は、長女と妻が第8分科会「マジック教室」に参加。私は次男を連れて、第1分科会「語って磨こう!! 教師力」に参加しました。

第1分科会は、大東文化大学准教授の渡辺恵津子さんが講師。渡辺先生による算数の模擬授業を見学した後、意見交換をしました。

私は今年、習志野市教育委員会の公開研究会を見学する予定です。このつどいの分科会で学んだことは、授業研究の方法について考える一助にしたいと思います。
by takashi_tanioka | 2015-11-08 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka