谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

新庁舎建設工事の事業費増大の契約変更=議会最終日

21日の12月議会最終日。午前10時に本会議が始まり、午後3時20分頃終了。その後、議会報編集委員会があり、午後4時半頃にすべての会議が終わりました。

本会議では、各常任・特別委員会の委員長報告、質疑・討論の後、議案18件と請願・陳情8件を採決。その後、追加議案1件の提案と質疑・採決と続きました。

議員発議の意見書は2件。入沢俊行議員が「木更津駐屯地のオスプレイ定期整備拠点化中止を求める意見書」、荒原ちえみ議員が「国の責任で子どもの医療費助成制度を創設し、国民健康保険国庫負担金等削減のペナルティーをやめることを求める意見書」を提案しました。

「国の責任で子どもの医療費助成制度を創設~」の意見書は、4会派共同の提案でした。荒原議員が提案理由を説明し、他会派の議員の質問に答弁しました。残念ながら、公明党と自民党系会派の反対で否決となりましたが、4会派・11人の議員が賛成しました。

議会中継(新)

追加議案(議案第74号)は、新庁舎建設工事の請負契約の変更でした。3800万円の事業費増加の補正予算の可決を受けた契約変更です。

議案質疑では、平川博文議員(都市政策研究会)と私(日本共産党)が質問。設計変更自体はやむを得ないことのようですが、情報公開や説明責任などの問題点を市長へ指摘し、議案に反対しました。

写真は新庁舎の建設現場です。「想定外」を理由にした事業費増大が連発されることのないよう、厳しくチェックしていきたいです。
c0236527_1024366.jpg

by takashi_tanioka | 2015-12-21 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka