谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

東京スカイツリーとスケート、冬休みの終わり・・・こちらはグッタリ

5日、家族5人で東京スカイツリーへ行きました。私は天望デッキまで、妻と子ども達は天望回廊まで登りました。
c0236527_0105744.jpg

上から見ると、住宅やオフィスビルの密集した街並みがわかり、「すごい人口密集だな」「緑地や空地が少ないな」「大規模災害時はどうするのだろう」といつも思います。
c0236527_0111355.jpg

天望デッキのガラス床(フロア340)では、子ども達がガラス床に貼り付いて見下ろしていました。私は怖くて、ちょっとしかいられませんでした。
c0236527_0112591.jpg

長男がガラス床真下のスケートリンクを発見。「やりたい」と強く言うので行ってみました。長男はスケート初挑戦でしたが、一人で4時間スケートリンクにいて、独習で滑れるようになりました。
c0236527_0113989.jpg


6日から妻は出勤です。長女・次男は保育所へ行きました。長男は自宅で冬休みの宿題をしました。

あいかわらず文字の認知が困難な長男。宿題がほとんど終わっていなかったので、算数の問題文を読んであげたり、漢字の下書きを書いてあげたりしながら、いっしょにやりました。10分でできそうなことが、1時間以上かかります。

私の方は仕事(議会報告の原稿書き)をしながら、長男の面倒をみなければなりません。やる気をなくしたり、回復したり、駄々をこねたり、キレたりの長男を相手に、長時間付き合うのはストレスが溜まります。

自力で宿題ができないのは本人の責任ではないので、殴ってやらせる訳にもいかないのですが、やろうという努力がみられないときは、こちらも苛立ちます。

毎日少しずつできれば良いのですが、それなりに気合を入れて付き合わなければならず、労力・精神力を連日投入するのはなかなかできません。

この日は長男ができるところまでやり、その後は従兄の家に遊びに行かせました。終わった後、私の方はグッタリでした。スケートの練習と同じくらい熱心に、宿題もやってくれれば良いのですが・・・。

ちなみに今回の失敗点は、冬休み前に「冬休みのすごしかた」を読んでやらなかったことでした。2年生になると自分で読むのが基本の書き方となっています。読めないことを理解して付き合うのは、難しいですね。
by takashi_tanioka | 2016-01-06 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka