谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

TPP、都市農業、しょいか~ごなど・・・JA千葉みらいと懇談

c0236527_7574683.jpg28日、日本共産党習志野市議団は千葉みらい農業協同組合(JA千葉みらい)と懇談。千葉市中央区にある本店を訪問し、専務理事、常務理事の方々と話をしました。

習志野支店を訪問したことはあったのですが、本店で役員と懇談したのは初めてでした。習志野市の新年度予算要望とあわせ、環太平洋連携協定(TPP)や国民連合政府の話も出ました。

「どの先進国も自国の農業を保護している」「再生産していける所得補償がないと、後継者ができない」「TPP交渉では、自給率低下の心配よりも、輸出推進が優先されている」「食の安全のために原産地表示が必要」「TPPで狙われているのは農業だけでなく、医療・保険などアメリカや多国籍企業の利益になる分野」「TPP反対を言うと干されるが、その危険性を知らさなければ」といった話をされました。

営利企業の農業参入への疑問も出されました。農業協同組合法等の「改正」など、農民・農地を守るための組織を解体する攻撃への危機感も感じられました。

よく勉強されているなと感心するとともに、日本共産党の政策・主張と共通点が多いことを実感しました。

TPPからの撤退、調印中止求める-閣僚会合での『大筋合意』について(日本共産党HP)

農協「改革」法案に対する反対討論・衆院本会議(日本共産党HP)

農協「改革」法案に対する反対討論・参院本会議(日本共産党HP)

c0236527_11424674.jpg都市農業では、専業農家が減少するなか、農業経営の多様化への対応や、耕作放棄地の増加などが話題となりました。

農地中間管理機構と自治体の課題、農家への技術指導・経営指導、国・県補助金の活用、大型直売所の意義、体験農園の可能性と課題、民法改正など、様々な話が出ました。

JA千葉みらいから市長宛てに建議書を出しているとのことで、市長の取り組みは評価していました。市議会でも建議について議論してほしいという注文をいただきました。

最後は、農産物直売所「しょいか~ご習志野店」やJR津田沼駅の店舗の話になりました。直売所の増設、施設園芸への支援などは、私が農業委員をしていたときも主張していました。

話が1時間以上途切れることのない懇談となりました。ていねいに対応していただいた千葉みらい農業協同組合の役員の皆さんに感謝します。

少し古くなりますが、日本共産党の農業政策について、都市農業を中心にまとめました。下記リンクをご覧ください。

住民の暮らしに欠かせない都市農業を発展させるために-日本共産党の都市農業振興政策(2010年)

亡国安倍農政「改革」(上)-紙智子参院議員(党農林・漁民局長)

亡国安倍農政「改革」(中)-紙智子参院議員(党農林・漁民局長)

亡国安倍農政「改革」(下)-紙智子参院議員(党農林・漁民局長)

都市農地、課税引き下げ必要-農相「重要な課題」(しんぶん赤旗HP)
by takashi_tanioka | 2016-01-28 23:40 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka