谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

3月議会の一般質問(6日目)、副市長選任の追加議案

8日、一般質問の6日目(最終日)。午前10時に始まりました。質問者は、木村孝議員(民意と歩む会)、佐々木秀一議員(真政会)の2名でした。

一般質問終了後、市長から追加議案1件の提案がありました。西村徹・副市長の後任として、諏訪晴信・現企画政策部長を選任する議案でした。

議案質疑で、私は以下の質問(要旨)をしました。

①西村氏に関する国土交通省の人事異動の動きは、以前からわかっていたのではないか。諏訪氏の3月退職も決まっていた。なぜ、議会初日の提案ではなく、その2週間後の追加議案にしたのか。

②宮本市長としては、議会初日(2月22日)以前から提案を考えていたのか。

③諏訪氏の職員としての実績は、具体的にどのようなものがあるのか。

④諏訪氏は、保育所・幼稚園の統廃合・民営化の第1期計画が策定されたとき、3年にわたり、こども部次長、参事、部長という要職にいた。このときの保護者や市民への対応には、かなりの問題があった。東習志野こども園のアンケート結果の公表の仕方、114名から463件もの意見が寄せられた「第1期こども園再編計画案」のパブリックコメントにおける多数意見の切り捨てなどへの不信感は根強く残っている。また、こども園再編検討委員会などでの保護者代表の委員への対応、その意見の取り扱いについても不公平感があった。この当時の担当者が、副市長に提案されたことには、驚きや不安の声もある。市長はどう考えるか。

⑤少なくとも今後は、時の市長と異なる意見をもつ、どのような市民も、市民団体も、議員も、公平公正に対応できる人物と、市長が保証するという理解で良いか。

「市職員は『市長の補助職員』として市長の指示で仕事をしている」「責任は執行権者=市長にある」という理屈はわかりますが、特別職(副市長)としての選任となると賛否に迷います。

議会中継(新)

仮庁舎の議場の空調ですが、昨日、右側最前列(立崎誠一議員の議席、前任期は私の議席)を直撃する吹き出し口にフィルターが付けられました。効果はまだ不明です。改善を期待します。
c0236527_22384727.jpg





一般質問の期間の昼食

一般質問が続く1週間は、朝から夕方まで本会議場で座っているため、カロリーオーバーとなってしまいます。

そこで前定例会から、一般質問の期間中は、豆腐、キャベツ、スープだけの昼食にしてみました。市役所仮庁舎の1階が東武ストアなので、すぐに買ってこれます。

効果があるのか、あまり考えずにやっていますが、「ダイエットしている気分」にはなれます。
c0236527_2203742.jpg

by takashi_tanioka | 2016-03-08 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka