谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

袖ケ浦西幼稚園跡地の民間売却-予算委員会1日目

c0236527_2342641.jpg11日、一般会計予算特別委員会が始まりました。昨年の市長・市議選後初の当初予算案です。

1日目は、今年度の補正予算(6号)と、新年度予算の歳入全款の審査で、午前9時に始まり、午後4時10分頃終わりました。

東日本大震災の発生から5年。午後2時46分、予算委員会を中断し、震災の犠牲者に黙とうを捧げました。

私は、1億4902万円の不動産売払収入について質問。「袖ケ浦西幼稚園跡地の売却」との答弁が資産管理室からありました。施設統廃合と跡地売却を組み合わせた「公共施設再生計画」に基づいた施策です。

乳幼児施設としての売却ではなく、幼稚園の建物は解体となります。土地代金-解体費=落札価格で、今年秋頃に売却先を公募するそうです。

低層住宅地という周辺環境には配慮するようですが、どのような土地利用を想定しているかは答弁がありませんでした。

財政・税制のあり方と関連して、市税等の生活困窮・経営不振・失業・病気による滞納状況の資料請求をしました。アベノミクスが宣伝されていますが、これらの数値に改善はありません。財政部長に市民の生活実態について見解を求め、それを財政運営にどう反映させているかなど質問しました。

このほか、PPP/PFIによる大久保地区公共施設再生事業、マイナンバー交付事務、財務会計システム事業、放課後児童会(学童保育)、特別とん譲与税などについて質問しました。

昨年も一般会計予算特別委員会を担当しましたが、選挙戦が事実上スタートしていた時期であり、手短に終わりました。2年前は特別会計を担当したので、一般会計当初予算をじっくりと審査する委員会は3年ぶりです。

子どもの貧困、格差拡大、生活困窮などが社会問題となるなか、市民の生活や雇用、経済情勢に関する質問が、複数の議員からありました。「アベノミクスの成功」「景気回復」なんて、保守系議員も実感できていないのではないでしょうか。

国庫支出金についての質問もありました。一般質問だけではわからない、各議員の問題意識がわかり、興味深かったです。質問・答弁など、会議録を後日じっくり読み直してみたいです。
by takashi_tanioka | 2016-03-11 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka