谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

戦争法廃止・立憲主義守る意見書に11人が賛成=議会最終日

24日の3月議会最終日。午前10時に本会議が始まり、午後5時50分頃終了。その後、議会報編集委員会があり、午後7時にすべての会議が終わりました。

本会議では、各常任・特別委員会の委員長報告、質疑・討論の後、議案37件と陳情17件を採決。その後、議員発議の委員会条例改正1件、意見書4件の提案と質疑・採決でした。

私は、大久保地区の公民館・図書館等の統廃合・PFI事業・67億円の債務負担行為が盛り込まれた議案1号(一般会計予算)をはじめ、議員報酬・市長給与等を引き上げる議案14号と15号、マイナンバー制度推進に関連する議案8号と34号、保育所・幼稚園の統廃合・民営化に関連する議案24号に反対、陳情71号「大久保公民館・市民会館跡地の民間事業への全面的提供の見直しを求める陳情」に賛成の討論をしました。

議会中継(新)

c0236527_1812788.jpg

c0236527_18122064.jpg

発議案3号「立憲主義を守るため、安保関連2法の廃止を求める意見書」は、昨年の9月議会に続き、日本共産党、環境みらい、民意と歩む会、新社会党・無所属の会の共同提案です。

4会派を代表して、私が提案理由を説明しました。その後、「強行採決だったのか」「新3要件は歯止めにならないのか」などの質問があり、私から答弁をしました。

採決では11人が賛成しました。否決されたものの、今回も3分の1を超える議員が「立憲主義を守る」「戦争法は廃止する」の態度を示しました。

このほか、労働者派遣法の抜本改正を求める意見書(入沢議員が提案)、介護保険制度の改悪に反対する意見書(荒原議員が提案)も11人の賛成となり、野党共闘の流れにある議員がまとまりました。
by takashi_tanioka | 2016-03-24 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka