谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

民間委託の導入検討の説明-習志野市学童保育連絡協議会の総会

c0236527_8365978.jpg17日、習志野市学童保育連絡協議会(市連協)の第40回定期総会が開催されました。私も谷津南児童会の保護者として出席しました。

昨年の総会では、支援員不足が深刻な問題となり、総会の場で、3千人を超える緊急署名を市連協会長から宮本泰介市長に手渡しました。

今年の総会では、「民間委託の平成29年度導入の検討」が大きな問題となりました。来賓あいさつをした諏訪晴信副市長(宮本市長の代理出席)も「導入検討」に言及しました。

市連協の要請で、担当の生涯学習部青少年課長が「導入検討」の経緯等を説明。今後、説明されたことを各児童会へ持ちかえり、市連協・保護者会としての対応を検討していくことになります。

議案審議では、規約改正(休会・退会の規定)が議論になりました。仕事・家事・育児に追われながらも、学童保育の必要性、保護者会活動の大切さを強く感じながら頑張っている保護者(主にお母さん方)の本音の話ができて良かったと思います。

いろいろな意見がありますが、運営方法や規約などについて、継続して慎重に議論していくことになりました。向山児童会が再加入するとの報告がありました。喜ばしいことです。

習志野市の市連協は、千葉県学童保育連絡協議会(県連協)に加盟しており、全国学童保育連絡協議会を通して、全国の運動とつながりながら活動しています。学童保育の全国的な動向については、下記HPをご覧ください。

全国学童保育連絡協議会HP
by takashi_tanioka | 2016-04-17 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka