谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

八ッ場ダム建設への出資について-9月議会の開会、質問通告

c0236527_11044383.jpg

1日、午前10時に9月議会(平成28年第3回定例会)が開会。市長から議案17件の提案理由の説明がありました。

前日までに提出された請願・陳情11件が議員に配布されました。今回も、アジア諸国や在日外国人などを敵視したり、見下したりする陳情が乱発されており、注意が必要です。


議会初日に一般質問の通告が締め切られます。私は、質問項目の一つに「不要不急の無駄な大型公共事業への出資について」を入れ、宮本泰介市長の見解を求めます。

8月25日の重要事項説明において、八ッ場ダム建設事業費が総額720億円も増え、習志野市の出資金も増額されることが報告されました。

八ッ場ダム建設は、工期延長・事業費増大の計画変更を繰り返しており、今回で5回目の計画変更です。総事業費を5320億円に再増額する変更です。

建設自体が目的化され、工期延長・事業費増額が繰り返されるのはずさんとしか言いようがありません。これからも、なし崩し的に工期延長・事業費増額が行なわれる可能性は少なくありません。

このようなずさんで、セメント業者や大手建設業者ばかりを儲けさせるような大型開発に湯水のごとく税金をつぎ込むやり方は、抜本的に見直すべきです。

過大な水需要予測に基づく八ッ場ダム建設は中止すべきです。総事業費のなし崩しの増額を追認せず、北千葉広域水道企業団への習志野市の出資を見直すことを市長に求めていきます。


by takashi_tanioka | 2016-09-01 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka