谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

夏休みの終わり、映画いろいろ

31日、小学校の夏休み最後の日。長男と長女の宿題も大詰めでした。

長女はマイペースに宿題を進め、残りは「一日一行日記」だけとなりました。新聞やインターネットを使って、書いていない日の天気を調べてあげました。

長男は読み書きが困難なため、自由研究は博物館や公民館講座の写真で代替し、説明文は手本を書いてあげました。読書感想文は難しく、無理強いせず、見送りました。

国語と算数(文章題)の宿題がほとんど手つかずでしたが、妻が半日がかりで読んであげたり、下書きをしてあげたりして、なんと!すべて終わらせました。

でも、長男にとって困難なことをやりとげるのは、彼のストレスを溜めることにもなり、反発したり、暴れたりでたいへんでした。

この間、我が家と同様に共働きで発達障がいの子どもを育てている夫妻と、家族ぐるみで会って交流をしたのですが、やはり「たいへんですね」という話になりました。

少なくない家庭で、片親が「専業主婦(主夫)」となって子どもの面倒をみているのは、無理もありません。いまの日本では、共働きだと、どうしても対応しきれない部分が出てきます。

なんやかんやで、たいへんな8月末でした。私は夏バテも重なり、しばらくの間、脱力状態でした。(後日談)

さて、夏休み中は、子ども達を連れて、いろいろな映画を観ました。

児童文学を映画化した「ルドルフとイッパイアッテナ」は良かったです。
c0236527_05483067.jpg

ルドルフが旅をするためにイッパイアッテナから読み書きを学んでいるシーンを観た長男は、その夜、ちょっと読み書きの練習をしていました。

自分がやりたいことのために勉強するというのが気に入ったようです。なかなか長続きはしませんでしたが・・・。彼自身がやりたいことをみつけるのが大切なのでしょう。

夏休み定番、仮面ライダーとスーパー戦隊の映画も観ました。今年は、「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」と「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!」でした。やっぱり、最近の仮面ライダーは話が難しいです。
c0236527_07342550.jpg

このほか、家族全員で「ペット」を観ました。長男・長女・妻の3人は「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」も観に行きました。





ちょっと気になったこと-夏休み中のクマ先生

映画「ルドルフとイッパイアッテナ」を観て、ちょっと気になったのが、夏休み中の小学校の描き方でした。

職員室にクマ先生しかおらず、クマ先生がルドルフとイッパイアッテナのために図書室のドアを開けてくれるという展開でした。

夏休みだけど、エアコンの効いた職員室で「涼む」ために、クマ先生が学校に来ているというのが、イッパイアッテナの言ったこと。

いやいや、現実には、夏休み中も教員は仕事がいっぱいです。職員室に教員が一人しかいないという日は少ないでしょうし、習志野市の小中学校は職員室にエアコンもありません。

知り合いの教員に、この映画のシーンのことを話したら、「こんなに仕事がある」と箇条書きでたくさん書き出してくれました。

教員の多忙問題は、機会をあらためて再度とりあげたいと思いますが、この映画の描き方は、「学校の先生は夏休み中、暇にしている」との誤解を招きますね。

by takashi_tanioka | 2016-08-31 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka