谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

芝園清掃工場の溶融スラグ、耐火物や機器類の廃棄

芝園清掃工場(クリーンセンター)について、市民から意見が寄せられたので、27日と28日に現地を見に行きました。

芝園清掃工場緊急対策として、設備機器の補修・更新工事が行なわれています。


そこで廃棄される物のうち、「ダイオキシン類・重金属類が付着した耐火物や機器類が雨ざらしになっているのではないか」という意見でした。

市民から指摘された「未選スラグ専用置場」。質の悪い溶融スラグを再び溶融するために保管してあります。そこに耐火物(レンガなど)も置かれていました。
c0236527_18425885.jpg

ここに置かれている耐火物は、普段から劣化して剥がれてくる物で、検査結果では有害物質の付着はなかったとの担当職員の説明でした。この耐火物も溶融するので、いっしょに置いていたとのことです。

ただし、「未選スラグ専用置場」に劣化した耐火物もいっしょに置くのは見直し、今後は別にまとめて屋根のある場所に保管するとのことでした。
c0236527_18430759.jpg

今回の緊急対策工事で大量に廃棄される耐火物は、別の場所に保管されていました。溶融するには量が多いので、搬出して、別に処分するそうです。

廃棄する機器類が保管されている場所です。日常的に廃棄される消耗品といっしょに置かれていました。スクラップとして売却されます。
c0236527_18431603.jpg

指摘された機器類は緊急対策工事で廃棄された物で、有害物質が付着する場所で使われていた部品でした。

工場内において高圧洗浄で有害物質を洗い流した後との説明でした。屋外へ搬出した時点で有害物質の付着はないが、今後はブルーシート等をかけるとのことでした。

以上、問題ないとの担当職員の説明でしたが、市民に不安感をもたれないように対応していくとのことです。私としても、今後も注視していきたいと思います。

売却予定(質の良い)の溶融スラグの置場も見せてもらいました。建設・土木資材として売却されます。
c0236527_18432476.jpg

by takashi_tanioka | 2016-09-28 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka