谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

学童保育(放課後児童会)のこども部移管など-重要事項説明

15日午前、会派代表者会議があり、農業委員の推薦、新庁舎の議場等、議会費の補正予算、政務活動費の領収書等の公開について説明がありました。

午後は、議案勉強会・重要事項説明がありました。提案予定の29議案には、使用料・手数料の値上げ、敬老祝金の削減、コミュニティセンターの営利企業への委託などの議案も入っています。

一般会計補正予算には、新庁舎建設工事の「インフレスライド条項に基づく請負契約の変更」に関する補正が盛り込まれました。

9月議会の重要事項説明では、清水建設株式会社(受注者)から約3億5千万円の増額が示されたとの説明でしたが、市当局が精査した結果、1億1281万1千円となったそうです。

受注者側の見積もり額が3倍も高かったことについては、議案質疑で理由を質問したいと思います。

重要事項として、新年度の機構改革、JR津田沼駅周辺地域まちづくり検討方針、習志野文化ホール大規模改修工事が説明されました。

習志野文化ホールの大規模改修工事は、2017年10月~2018年12月の予定。そのため、2018年1月~12月は休館となり、利用できなくなるそうです。

機構改革の中心は「こども部」の業務拡大。学童保育(放課後児童会)の業務が教育委員会(生涯学習部)から移管されます。ひまわり発達相談センターとあじさい療育支援センターも健康福祉部から移管されます。

学童保育は、共働き・ひとり親家庭の就労支援の施策なので、市長部局(こども部)でも違和感はありません。

しかし、教育委員会の所管外となることで、習志野市の良さである「学校敷地内への設置」が守られるのか心配です。

来年4月からこども部の所管業務や職員数(非常勤を含む)が大幅に拡大します。幅広い業務に対応しきれるのかどうか、議会で質していきたいと考えています。

c0236527_16263962.jpg

c0236527_16264635.jpg

by takashi_tanioka | 2016-11-15 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka