谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

新庁舎建設費の増額、大久保PFIの委託契約・・・3月議会の議案質疑

28日、午前10時から議案質疑(本会議)。その後、予算特別委員会があり、午後3時20分頃終わりました。

議案質疑では、1億1281万1400円の新庁舎建設工事費の増額(議案20号)、72億3589万2000円の大久保地区公共施設再生事業のPFI事業契約(議案23号)などの質疑が多かったです。

新庁舎建設について、これまで「建設反対」を主張してきた自民党議員が、急に「立派な庁舎だ」とベタ褒めし始めたのに驚きました。

日本共産党は「建設延期」を主張していましたが、竣工間近となった今、インフレスライドによる工事費増額が現場労働者の賃金アップに本当につながるのかが、議案賛否のポイントと考えています。入沢議員が質問をしました。

大久保地区公共施設再生事業のPFI事業契約では、日本共産党は仮契約書を資料要求しました。22年超の超長期契約の契約書を読まずに多くの議員が賛否を決めようとしているのは問題です。

この日やっと、大久保地区公共施設再生事業提案審査委員会の提案審査講評が公開されました。会議録は相変わらず「非公開」のままです。→こちら

日本共産党からは入沢議員と私が質問をしました。今後、仮契約書や提案審査講評を精査し、総務常任委員会(契約案件の審査)や一般会計予算特別委員会に臨んでいきます。


このほか、私は、国民健康保険料の均等割値上げや国民健康保険特別会計への一般会計繰入れ(議案1~2号、16号)について質問。均等割の値上げは、家族・子どもの多い世帯に打撃が大きいです。

一般会計予算(議案1号)では、条件付採用職員の分限免職の裁判費用について質問しました。補正予算は組まず、予算の流用で対応しているようです。


本会議後、一般質問や発議案の準備を進めました。この日の早朝は、日刊紙の一部地域の卸しと配達を交代し、大久保地域の配達を初めてやりました。配達明けの議会はたいへんです。

写真は、退庁時(午後7時前)の新庁舎建設工事の様子です。夜まで内装工事が行なわれており、急ピッチで工事が進められています。
c0236527_23042853.jpg

by takashi_tanioka | 2017-02-28 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka