谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

千葉県知事候補 すみや信一さんの選挙・・・初めての経験

9日告示となった千葉県知事選挙。市民団体「新しい知事を選ぶ会.ちば」が、元高校教員のすみや信一(角谷信一)さんを候補者に擁立してたたかっています。
c0236527_08042141.jpg

昨年から様々な市民団体や個人が「新しい知事を選ぶ会.ちば」を立ち上げ、基本政策も発表してきました。なかなか候補者が決まらないなか、すみやさんが決意をしたそうです。

今回の県知事選挙で、私は初めてのことが3つあります。1つ目は、日本共産党推薦でない首長候補を応援すること。2つ目は、告示日をすぎてから候補者と初めて会ったこと。3つ目は、他党派の議員といっしょに選挙カーを運行すること。

日本共産党は、従来は「明るい会」という会に参加して首長選挙をたたかってきました。今回のように、他の市民団体を応援する選挙は、私が議員になってからは初めてです。

今回の知事選挙はどうなるのだろうと思っていましたが、告示日直前に、自由党、日本共産党、緑の党・ちば、新社会党、市民ネットワークが共に「応援」する連絡がありました。

告示日までの助走なしの選挙。急に選挙実務の手伝いや選挙カー乗車の依頼がきたりで、たいへんです。市民団体や他党派の方々との連絡・調整も神経を使います。

10日、すみや信一さんが市内各所で街頭演説。船橋側からJR津田沼駅北口に選挙カーが来ました。まずは、市民ネットワークの大野ひろみ・佐倉市議(元県議)といっしょに乗車しました。
c0236527_08041453.jpg

大野議員から私が司会を引き継ぎ、JR津田沼駅南口では、「津田沼九条の会」のメンバー(元高校教員)が応援演説をしました。すみや信一さんは演説とあわせて、反戦歌「ヒロシマの有る国で」を歌い、政策・信念を訴えました。
c0236527_08042767.jpg

京成大久保駅では、「平和だいすき九条の会」のメンバー(元小学校教員)が応援演説をしました。
c0236527_08043688.jpg

京成実籾駅では、サークル団体の代表者、「選挙で日本を変えたい市民の会・千葉(ちばレボ)」のメンバーが応援演説をしました。
c0236527_08044063.jpg

戸惑うことの多い選挙ですが、2週間がんばって応援したいです。

このほか、来週の特別会計予算特別委員会の準備を進めました。

by takashi_tanioka | 2017-03-10 23:30 | 県政・国政 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka