谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

引き渡しまで残り1か月・・・習志野市新庁舎建設工事の現場見学

22日、習志野市新庁舎建設工事の現場見学をしました。4月30日の竣工式に向け、内装や外構の工事が急ピッチで進められています。
c0236527_00133367.jpg

c0236527_00133724.jpg

私は、建物内に入るのは初めてでした。担当職員(資産管理室)から説明を受けながら、屋内の見学をしました。全体的にみると、想像していたよりも簡素なつくりでした。
c0236527_00134264.jpg

「本当にこの広さで足りるのだろうか?」というのが主な感想です。設計段階で延床面積が示されたときも感じました。新築ですから、色合いなどの見た目はきれいですが・・・。
c0236527_00134541.jpg

あまりに圧縮してしまうと、市民の利便性、職員の労働環境などが心配ですし、市町村の事務事業が拡大・多様化するなか、結果的に増築が必要となる場合もあるかもしれません。
c0236527_00141842.jpg

市議会の本会議場です。防音・バリアフリー化された「特別傍聴席」が新設されます。
c0236527_00135051.jpg

本会議場の議長席や執行部席の側です。
c0236527_00135597.jpg

本会議場に入るスロープです。足の不自由な議員も想定しています。一方で、一般職員の執務室の机の間隔が狭い配置図をみると、足の不自由な職員の就労に配慮されているのか心配になります。旧庁舎の執務室と比べれば、改善されている面はありますが・・・。
c0236527_00135970.jpg

市議会の委員会室です。これからカーペットが貼られます。
c0236527_00140476.jpg

議員控室が並んでいる廊下です。想像していたよりも幅が狭く、事務的なつくりです。応接室はあるもの、陳情・相談・傍聴にきた人々が滞留する空間があまりなさそうです。そういう空間も大切なのですが・・・。
c0236527_00140837.jpg

日本共産党の議員控室になる予定の部屋です。現在は資材置き場になっています。
c0236527_00141309.jpg

新庁舎の東側です。第2期計画として消防本部の建て替えが考えられており、今後議論されていくことになります。
c0236527_00142125.jpg

旧庁舎側です。今後、旧庁舎跡地の財源化(売却など)の是非が議論されていきます。
c0236527_00142601.jpg

全体的にみて「大きな事務所」という印象の新庁舎でした。私も簡素な庁舎が望ましいとは考えていましたが、「簡素」であることと「ゆとりがない」ということとのバランスは難しいと思いました。

さて、21日~22日の2日間は、議会最終日の討論などの準備や、知事選挙の各種実務に追われました。22日朝、京成大久保駅で県政問題のチラシ(ちば民報号外)などを配布しました。

by takashi_tanioka | 2017-03-22 23:30 | 公共施設再生 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka