谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

鷺沼台2丁目で訪問・対話・・・9月議会の準備

21日~22日は、9月議会の準備、生活相談、党内会議などでした。一般質問の準備のために、鷺沼台2丁目で訪問活動をし、意見を聴き取りました。

写真は、鷺沼台2丁目の土地区画整理事業の予定地です。区画整理・宅地開発による児童急増に鷺沼小学校が対応できないため、大久保小学校への通学区域変更がされました。


c0236527_23312221.jpg

上の写真の空き地が開発され、新築住宅の子ども達は大久保小学校へ通学するために、写真手前(東の既存住宅側)の方向へ向かって歩いてきます。

ところが、東の既存住宅の子ども達は、西側へ向かって新築住宅の子ども達と交差しながら、鷺沼小学校へ通うことになります。

c0236527_23312935.jpg

すでに鷺沼小学校に通っている子ども達は、そのまま卒業まで通い続けたいかも知れません。しかし、今後入学する子ども達は、隣近所の子ども達といっしょに通えるよう工夫が必要ではないでしょうか。

このほかにも鷺沼台から津田沼にかけて新築住宅(戸建てとマンション)が増え、鷺沼小学校、大久保小学校、津田沼小学校は満杯の状態になります。

近年の習志野市では、JR津田沼駅南口の「奏の杜」、東習志野の「ユトリシア」・・・と、地元小学校がパンクする開発を先に認め、後追い的に虫食い的な通学区域の設定(変更)を教育委員会がせざるをえない事態が続いています。

付け焼刃の学区変更を繰り返す教育委員会は愚かですが、無理な開発行政を押し進める宮本市政・市長部局の責任も問われます。

by takashi_tanioka | 2017-08-22 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka