谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 17日 ( 2 )

17日は、ロシア革命で「四月テーゼ」が発表された1917年4月17日(ユリウス暦4月4日)から、ちょうど100年目の日となります。

「四月テーゼ」について、新日本出版社「社会科学総合辞典」は次のように説明しています。

1917年の二月革命後の4月、亡命先からロシアに帰国したレーニンが発表した「現在の革命におけるプロレタリアートの任務について」のなかでまとめられたテーゼ。当時の情勢を、ブルジョアジーからプロレタリアートと貧農の手に権力が移行する革命の第2段階への過渡と規定した。

当時のソビエトは臨時政府を支持する勢力が多数を占め、国民も革命的祖国防衛主義の幻想をもっていたので、テーゼは第1次世界大戦から離脱するためには資本主義を倒す必要があること、政府や社会排外主義者の誤りを根気強く大衆のあいだで暴露することを主張した。

ソビエトへのすべての権力の集中、警察・軍隊・官僚の廃止、土地の国有化、銀行にたいするソビエトの統制を行動綱領としてかかげた。

また帝国主義戦争を支持する社会民主主義の諸党や第二インタナショナルと絶縁するため、党名を共産党と変更すること、第三インタナショナル(コミンテルン)を設立することを提案している。

私が入っている日本共産党は、綱領では「(ロシア)十月社会主義革命」を評価していますが、四月テーゼやロシア革命から100年目の今年、機関紙「しんぶん赤旗」では、それらについて特に取り上げていません。

科学的社会主義を掲げる党として、「ロシア革命100年」について何らかのコメントが欲しいところです。もっとも私自身、3年前にレーニン研究を進めたいとブログに書きながら、その後ほとんどできていませんから、あまり大きなことは言えませんが・・・。


ロシア革命から100年目の今年、ロシア革命の歴史的意義、現代社会との関係などを考える年にしていきたいです。
c0236527_4144399.png



池田嘉郎「ロシア革命-破局の8か月」岩波新書 を読んで
by takashi_tanioka | 2017-04-17 23:40 | 社会科学研究 | Comments(0)
17日、会派代表者会議があり、全会派の代表が出席しました。仮庁舎で開催される最後の会派代表者会議となります。

2年ごとに開催される5月臨時議会に関する協議が中心。議長・副議長の立候補と所信表明の流れを全会派で確認しました。常任委員会や各種審議会等の委員も入れ替わります。
c0236527_22181281.jpg

このほか、新庁舎への移転に関する連絡などがありました。会議終了後も、移転に関する事務手続きや荷物整理などがあり、忙しかったです。

先月の現場見学では「間に合うのかな?」と感じた新庁舎建設。昼夜兼行の突貫工事で内装や外構の工事が進められています。一応、外観は整ってきました。
c0236527_22181829.jpg


by takashi_tanioka | 2017-04-17 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka