谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

2017年 10月 09日 ( 1 )

7日~9日は、10日から始まる総選挙(衆議院議員選挙)と、習志野市議会の一般会計決算特別委員会の準備に追われました。

各種の政策チラシやポスターが作成されています。日本共産党HPからダウンロードすることもできます。→こちら

c0236527_00001376.jpg

c0236527_00001246.jpg

c0236527_00001390.jpg

従来の選挙では、政権与党だけでなく、他の野党との違いも強調するチラシが多かったように思いますが、今回の総選挙の日本共産党チラシは、立憲民主党や社会民主党に配慮した内容になっているようです。

立憲民主党が結成されたことは私個人も歓迎したいと思いますが、「『希望の党』公認がダメだったから立憲民主党・・・」とならないよう、立憲民主党の候補者にも「共通政策」をしっかり訴えてもらいたいです。




さて、選挙のとき、保守系候補者は、宣伝カーで他の候補者の事務所前を通過するときや宣伝カーとすれ違うときに「○○候補のご健闘をお祈りします」と、社交辞令でエール交換をすることがあります。

千葉県では、日本共産党の宣伝カーは、このようなことはしていません。相手から言われたら「ありがとうございます」と答えるだけです。

だって、ライバル候補に「健闘」してもらいたいなんて、どの候補者も本心では考えていません。「社交辞令だけで言うのはやめておこう」というのが、日本共産党(千葉県)の考え方のようです。

今回は、野党共闘もありますし、習志野市には立憲民主党候補の選挙事務所もあるので、これまでと違う対応をしようと市党で相談しています。

「立憲民主党のご健闘をお祈りします。憲法9条を守るために、ともに頑張りましょう。」といった原稿を考えています。

初めての経験が多い選挙戦となります。創意工夫で上手にやっていきたいです。

by takashi_tanioka | 2017-10-09 23:30 | 県政・国政 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka