谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:憲法・人権・反戦平和( 157 )

15日、習志野市生活と健康を守る会(習志野市生健会)の結成2周年の総会でした。総会に先立ち、映画「いしゃ先生」の上演会がありました。
c0236527_22333813.jpg

憲法25条「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」「生存権」を守ることをテーマにした企画。昨年度の総会では、マイケル・ムーア監督の映画「シッコ」を上映しました。2つの映画は、国民皆保険制度の大切さを訴えています。

日本国憲法の「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」という文言は、GHQ作成の案文ではなく、日本人の民間団体「憲法研究会」による憲法草案要綱で提案され、実現した憲法条文でした。
c0236527_22342155.jpg

上映会の後、3回目となる総会。生活と健康を守る会の習志野市における今後の活動について、意見交換をしました。

by takashi_tanioka | 2017-11-15 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
4日、習志野市日本共産党後援会主催の日帰り旅行「横須賀軍港クルーズ・三崎港産直センター・三渓園」。今年の行き先は神奈川県で、バス一杯の50人を超える参加でした。

昨年は長男のサッカー試合のため、私は参加できず、妻と長女、次男、祖母が参加。今年は、長男を含む家族5人で参加しました。

まずは、横浜市の三渓園へ。「行きたくない」と朝騒いでいた長男も、到着したら機嫌良くきょうだいで遊んでいました。
c0236527_10403591.jpg

c0236527_10403511.jpg

昼食は、三浦市の三崎港産直センター「うらり」へ。次男が「釣りの船に乗りたい」と泣いて騒ぎ、困りました。
c0236527_10403596.jpg

近年の党後援会旅行は「憲法」「反戦平和」をテーマにしたものが多いです。4年前は田中正造記念館(群馬県)、2年前は予科練平和記念館(茨城県)でした。今年は米海軍横須賀基地(神奈川県)でした。
c0236527_10403670.jpg

世界で唯一、アメリカ国外に米原子力空母の母港があるのが横須賀基地です。他の原子力艦船の入港も多いです。一国の首都近郊に外国の大軍事基地があるという点でも、対米従属と日米軍事同盟を象徴する軍港です。
c0236527_11031085.jpg

この日は、原子力空母「ロナルド・レーガン」は出港していました。イージス艦などの米海軍艦船が停泊していました。地元の平和委員会の方が同行して解説してくれました。
c0236527_10403603.jpg

向かい側には、日本の海上自衛隊横須賀基地があります。ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」が停泊していました。事実上の「ヘリ空母」です。
c0236527_10403654.jpg

私は広島県呉市生まれなので、海上自衛隊の艦船は見慣れているのですが、外国軍の大規模基地には違和感がありますね。従米右翼の人達は好きなのでしょうが・・・。







参加者の感想を聞いたら、他党の後援会旅行に参加したことのある人から「○○党の後援会は国会議員の企画ばかりで、国会見学+1か所というパターンが多い」「(議員以外の人が)テーマを決めて準備する企画は良い」という感想がありました。

私は日本共産党の後援会旅行しか経験したことがないので、「他党はそのようなものなのか・・・」と思いながら聞きました。

by takashi_tanioka | 2017-11-04 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
11月3日は、日本国憲法が公布された日(71周年)です。安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会が呼びかけた「安倍9条改憲NO!全国市民アクション 11・3国会包囲大行動」に、長女と次男を連れて参加しました。
c0236527_23353325.jpg

国会周辺に4万人が集まりました。私は永田町駅から向かいましたが、国会図書館側の歩道はぎっしりで前へ進めず、国会正門側へ抜けるのに30分かかってしまいました。
c0236527_23353251.jpg

c0236527_23353326.jpg

国会正門前も満杯状態だったので、憲政記念館で一休み。疲れて寝ていた次男が起き、池の鯉を相手に長女と次男とで遊んでいました。
c0236527_23353275.jpg

国会周辺の歩道は鮨詰め状態で危ないのに、警察は参加者を歩道内に押し込もうとします。航空写真に参加者が写らないようにしているのでしょう。憲政記念館などの緑地には、歩道から溢れた参加者が多数いました。
c0236527_23353232.jpg

主催者のほか、ノーベル平和賞受賞が決まったNGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の川崎哲さん、韓国で朴槿恵政権を退陣に追い込んだ市民運動から金泳鎬さん、立憲民主党の枝野幸男代表、日本共産党の志位和夫委員長、社会民主党の福島みずほ副党首など、様々な人が連帯のあいさつをしました。

「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」が呼びかけられています。9条改悪の国民投票を通さないための「3000万人署名」です。みんなで協力して宣伝し、集めていきましょう。→署名用紙
c0236527_22463467.jpg

c0236527_22463950.jpg



by takashi_tanioka | 2017-11-03 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
1日、平和・民主・革新の日本をめざす習志野市の会(習志野革新懇)の主催で、講演会「安倍政権と武器輸出~取り込まれる企業、大学、研究者達~」が開催されました。講師は、東京新聞社会部記者の望月衣塑子さんでした。
c0236527_02355006.jpg

盛り沢山の説明でしたが、軍事研究と武器輸出を巡る政官財学が結びついた動きが細かく報告されました。私にとってはわかりやすい話でした。

習志野市では、千葉工業大学が安全保障技術研究推進制度(防衛省が軍事技術へ応用できる基礎研究に研究費を支給する制度)に応募しました。他の理系大学も含め、研究費目当てに軍事研究へ進むことが懸念されます。
c0236527_11023471.jpg

講演を聴いて、ふと気づいたのが、日本学術会議で軍事研究を容認する発言をしている大西隆会長が、別の場面でも政財官学の結びつきに関わっていることでした。

大西隆氏の専門は都市工学。塩川正十郎・根本祐二グループが主導する東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻の初期スタッフ(非常勤講師)の一人として「都市計画総論」の講義を担当していました。

この専攻科は、新自由主義的な構造改革路線を推進するために、故・塩川総長(小泉政権の財務大臣、国民政治協会会長)が創設しました。大手不動産・建設業界や国土交通省などが求める「PPP/PFI」「公的不動産活用」などの研究者・行政職員・民間コンサルタントを養成しています。

大西隆氏と根本祐二氏は、他の研究機関でも、日本地域開発センターの月刊「地域開発」の編集長と編集委員のような結びつきがありました。→参考

利権まみれの大規模開発・都市再開発の推進をきれいな言葉で飾り、大手不動産・建設業界のために理論武装をする研究にみえる場面もあります。

不動産活用、民間活力、規制緩和など、軍事研究と分野は違えど、財界・大企業から応援される研究を推進する点で共通しています。

財界・大企業の利潤追求に役立ちそうな研究を美化し、武器輸出や都市再開発などに貢献する御用学者たちには、学問研究の場から退場してもらいたいです。

by takashi_tanioka | 2017-10-01 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
30日夜、安保法廃止!立憲主義・民主主義をとりもどすオール千葉県の会の主催で「アベ壊憲を許さない! 9・30千葉県民集会」が開催されました。千葉市民会館大ホールに多くの県民が集まりました。

渡辺治さん(一橋大学名誉教授)が「かつてない市民の共同で安倍改憲を阻もう!」のテーマで講演。「希望の党」に民進党が吸収されるという政治情勢を整理して解説し、改憲勢力とたたかう運動を提起しました。
c0236527_00454822.jpg

各政党からのメッセージ紹介では、民進党・小西洋之参議院議員、日本共産党・斉藤和子衆議院議員、社会民主党千葉県連合、新社会党千葉県本部、緑の党千葉県本部、市民ネットワーク千葉県からのメッセージが紹介されました。

千葉県内の憲法を巡る活動報告では、安保関連法に反対するママの会@ちば(写真)、オスプレイ来るな・いらない住民の会、沖縄と千葉を結ぶ会からの報告がありました。
c0236527_00455320.jpg

閉会あいさつは、再び戦争をさせない千葉県1000人委員会の植竹和弘弁護士。オール千葉県の会は、千葉県市民連合を上回る幅広い個人・団体で支えられているようです。
c0236527_00455863.jpg

「希望の党」の登場で、野党共闘に混乱が生じました。しかし、一方で共闘をしっかりしたものにしていこうとする取り組みが全国的に進められています。千葉県でも、さらなる努力が求められています。

集会前に急きょ、JR千葉駅前で千葉県市民連合の街頭宣伝が取り組まれました。私は参加できませんでしたが、多くの習志野市民が参加して「市民と野党の共闘」を訴えたそうです。


by takashi_tanioka | 2017-09-30 23:40 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
安保法廃止!立憲主義・民主主義をとりもどすオール千葉県の会の主催で「アベ壊憲を許さない!千葉県民集会」が9月30日に開催されます。

安保法制(戦争法)廃止などの運動で育ってきた幅広い共闘を無視し、「反自民なら誰でも良い」的な動きが生まれています。「アベ政治を許さない」の原点に戻って、しっかり考え、行動していきましょう。

安倍政権は2020年までの改憲を目論んでいます。安倍政権へ懐疑的な世論になりつつあるとはいえ、「自衛隊を9条に加憲するだけ!」との改憲案は、一見すると国民にも受け入れやすく国民投票になれば通過する可能性が高いといえます。渡辺治教授に9条加憲案の問題点や運動の作り方を話して頂く予定です。多くの皆様のご参加を!

〇講師:渡辺治さん(一橋大学名誉教授)

〇9月30日(土)18時30分〜20時30分

○千葉市民会館大ホール

○参加費無料、申込不要

c0236527_12160841.jpg

9条改憲、集団的自衛権の容認、戦争できる国づくりの背後で、元気になっているのが軍需産業です。安倍政権は「武器輸出三原則」を撤廃し、武器輸出を推進しています。

平和・民主・革新の日本をめざす習志野市の会(習志野革新懇)の主催で、講演会「安倍政権と武器輸出」が10月1日に開催されます。講師は、東京新聞社会部記者の望月衣塑子さんです。こちらも、どうぞご参加ください。

〇講師:望月衣塑子さん(東京新聞社会部記者)

〇10月1日(日)13時30分〜

○習志野市・実籾コミュニティホール(京成実籾駅より徒歩3分)

○資料代300円、申込不要

c0236527_12161636.jpg

by takashi_tanioka | 2017-09-27 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
19日、戦争法の強行採決から2年。戦争法強行採決から2年、戦争法・共謀罪の廃止と安倍内閣退陣を求める大集会が開かれました。平日夜でしたが、国会正門前に1万500人が集まりました。
c0236527_22504025.jpg

この間、東京都内で大きな集会が続いており、どれかに参加したいと考えていました。都内になかなか出かけることができないなか、戦争法の強行採決の日くらいは行きたいと思い、次男といっしょに参加しました。
c0236527_10524045.jpg

習志野市からの参加者がいつも集まる場所には、戦争はいやだ!オール習志野行動千葉2区市民連合の方々がいました。周囲には、千葉市や船橋市から参加した方々もいました。
c0236527_11035467.jpg



第2次安倍政権では、戦争法や共謀罪法以外にも、数多くの強行採決を繰り返してきました。国会質問に大臣等がまともに答弁できなくても、世論の支持が得られなくても、多数の抗議の声があがろうと、「質疑を打ち切って、採決すれば勝ち」という驕りが政権与党に蔓延しています。

今度は、内閣改造後の所信表明をしないで臨時国会冒頭に解散するとのこと。歴代政権がやったこともない異常な国会運営をしてでも、森友・加計疑惑を隠そうという党利党略です。

「勝てそうなときに解散して何が悪い」と開き直る政治家もいますが、そこには民主主義の発想は一片もありません。政治の劣化がどんどん進む安倍政権。力を合わせて退陣へ追い込むしかありません。

by takashi_tanioka | 2017-09-19 23:40 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
18日~20日、JR津田沼駅南口のモリシア津田沼1階で「習志野平和のつどい・原爆の絵展」が開催されています。
c0236527_07095986.jpg

私は、近年は市民プラザ大久保で観ることが多かったのですが、今年はモリシア津田沼の会場設営の手伝いを頼まれ、18日朝からモリシア津田沼へ行きました。
c0236527_06361934.jpg

実行委員会で長年中心になっていた方が急逝され、応援のために多くの人が集まりました。実行委員のほか、民進党、新社会党、日本共産党の議員等も設営を手伝っていました。
c0236527_06360847.jpg

時間がかかってしまいましたが、みんなで協力して設営を終えました。貴重な絵や写真が多数展示されています。設営の途中から、買い物客の方々が観に来ていました。
c0236527_06361317.jpg

by takashi_tanioka | 2017-08-18 23:40 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
15日朝、JR津田沼駅南口で活動報告。続けて、終戦記念日の訴えをしました。今年の街頭演説は、私は1か所だけにしました。荒原ちえみ議員が市内北側をまわりました。

昨年の街頭演説は、沖縄米軍基地・高江ヘリパットの建設強行への抗議、立憲主義・民主主義の回復を訴える内容でした。

今年は、党書記局長談話に、核保有大国・アメリカ政府と新核保有国・北朝鮮政府の罵り合い・軍事的威嚇の応酬への批判、核兵器禁止条約参加に向けた習志野市議会・市民運動の共同の内容を加えて演説をしました。


c0236527_07182805.jpg

その後、習志野文化ホールを訪問。久しぶりに理事長と懇談しました。習志野市教育長を長年務めた方で、幼児教育の話など勉強になります。午後は市役所へ向かい、溜まっていた事務仕事などをしました。



「終戦記念日」について(追記)
by takashi_tanioka | 2017-08-15 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
29日、千葉2区市民連合がJR津田沼駅北口で街頭宣伝をしました。習志野市、八千代市、千葉市花見川区から約65名が集まり、私も参加しました。
c0236527_21490873.jpg

各行政区の共同代表があいさつ。民進党の樋口博康・千葉県第2総支部長、日本共産党の上野洋嗣・千葉県青年学生部長、新社会党や市民ネットワークの地元代表も加わり、リレートークをしました。
c0236527_21491622.jpg

使っているハンドマイクを見たら、民進党、日本共産党、社会民主党の関係者が持ち寄ったものを周波数を合わせて使っていました。このような街頭宣伝は、私は初めての経験です。

安倍政権の退陣に向け、野党と市民運動の共闘を訴え、最後に全員でコールを行ないました。
c0236527_21492209.jpg

27日~28日は、JR津田沼駅南口で活動報告をしたり、党議員団会議で新年度予算要望の話し合いをしたりでした。2日連続で長男・長女の小学校の保護者面談があり、自宅・市役所・学校を行ったり来たりでした。

by takashi_tanioka | 2017-07-29 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka