谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:憲法・人権・反戦平和( 137 )

習志野市議会では、3月議会最終日に共謀罪法案の推進を求める陳情が可決しそうになるという恥ずかしいことが起こりましたが、全国的には「共謀罪NO」の声と運動が広がっています。

c0236527_12130354.jpg

c0236527_12130968.jpg

東京では、4月6日(木)18時30分から日比谷公園野外音楽堂で「話し合うことが罪になる共謀罪法案の廃案を求める4・6大集会」が開催されます。
c0236527_12131452.jpg

習志野市でも、4月9日(日)15時から東習志野コミュニティセンターで、日本国民救援会習志野支部主催の学習会「『共謀罪』の危険性」が開催されます。
c0236527_12132021.jpg

全国的には、共謀罪反対や戦争法反対、立憲主義回復など、従来の護憲・平和運動の枠組みを超えた連絡組織がつくられてきています。一方、地方ごとにみると、従来の枠組みで集会・講演会などが企画されることがあります。

立憲主義・民主主義の回復をめざす運動は、東京で開催される統一的な集会も、各地で開催される各団体の企画も両方大切にし、みんなでがんばるというのが私は良いと考えています。

さて、私は、党議員団会議で議会報告などの打ち合わせをしたり、原稿書きや印刷をしたりの2日間でした。長男・長女は5日から新学年。勉強が苦手な長男を小学校へ送っていったりと朝は忙しいです。



映画「母 小林多喜二の母の物語」の上映会
by takashi_tanioka | 2017-04-05 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)

南スーダンの駆けつけ警護反対の署名活動、現代の治安維持法「共謀罪」に反対する訴えなどを中心に、市内各駅で定例宣伝(毎月第4火曜日)をしていきます。案内チラシを転載します。

○京成実籾駅駅前広場で宣伝・署名行動

○2月28日(火)午後3時~4時

c0236527_16034835.jpg

このほか、市内の九条の会や、戦争はいやだ!オール習志野行動でも行動が提起されています。

c0236527_16035562.jpgさて、26日は谷津南保育所父母会の定例会。3年ぶりに役職を引き受けることになりました。

新年度は、習志野市保育所保護者会連絡会(市保連)の担当。4年ぶりに担当します。

あと2年間、次男が保育所でお世話になります。この3年間は学童保育に軸足をおいてきましたが、子ども・子育て会議委員の任期が終わるのを機に、保育所の保護者会の方に切り替えようと考えています。

次男を連れて会議に行きました。会場(谷津公民館)には、同じクラスの友達も来ていました。最初は静かにしていましたが、途中から大はしゃぎ。たいへんでした・・・。

by takashi_tanioka | 2017-02-26 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
プロレタリア作家の小林多喜二が、治安維持法によって逮捕・拷問・虐殺されたのが1933年2月20日です。

それから、ちょうど84年後の2月20日、現代の治安維持法と呼ばれる「共謀罪」について、習志野市議会に2件の陳情が提出されました。

1つは、警視抜刀隊の会が出した共謀罪推進の陳情です。表題は「『テロ等準備罪』を新設する組織犯罪処罰法の改正案を今国会に提出し、与野党ともに真摯に審議を行い、今国会会期中に可決・成立させることを求める意見書を国会へ提出することを求める陳情」とされています。

このほか、警視抜刀隊の会は、憲法違反の破壊活動防止法に基づく調査・監視・取締りの強化を求める陳情、「オスプレイを習志野の空に!」の陳情も出しています。

もう1つは、市民団体「戦争はいやだ!オール習志野行動」が出した共謀罪反対の陳情です。表題は「共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)国会提出に反対する陳情」とされています。

共謀罪推進派が勝つか、市民側が勝つか、難しい状況です。習志野市議会では、アベ政権の与党系議員が多数を占めています。数の力で共謀罪推進の陳情採択と意見書提出が強行されかねません。

現代の治安維持法「共謀罪」について、2月23日(木)13時30分から大久保公民館で学習会が開かれます。

講師は、千葉中央法律事務所の土居太郎弁護士です。共謀罪の危険性について学び、反対世論を広げましょう。
c0236527_16224383.jpg




by takashi_tanioka | 2017-02-22 23:40 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
21日、千葉市中央公園で「安保法廃止!立憲主義・民主主義をとりもどす 千葉県民集会」が開催され、約2千人の県民が参加しました。主催は、安保法廃止!立憲主義・民主主義をとりもどすオール千葉県の会です。
c0236527_13410391.jpg

私は、地元の党支部会議に出席の後、所用をすませてから会場に向かったので、途中参加となりました。中央公園から京成千葉中央駅の周辺をパレードし、安保法廃止などを訴えました。
c0236527_13413545.jpg

市民団体「戦争はいやだ!オール習志野行動」の関係者など、50人を超える習志野市民が参加しました。パレード終了後、習志野市の参加者が集まり、元気に「頑張ろう!」と声をあげました。
c0236527_13420551.jpg



JR千葉駅の新駅舎にびっくり
by takashi_tanioka | 2017-01-21 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
9日、午前9時から市民団体「戦争はいやだ!オール習志野行動」が、成人式の会場(習志野文化ホール)へ向かう青年に戦争法廃止などを訴えました。

十数名の市民が集まり、憲法のチラシを配ったり、リレートークを行なったりしました。
c0236527_23050698.jpg

午前10時からは、日本共産党がJR津田沼駅南口で成人式宣伝・街頭演説をしました。上野洋嗣・党千葉県青年学生部長(写真)も参加し、野党共闘など訴えました。
c0236527_23051490.jpg

私は、午前10時30分から習志野市・教育委員会が主催する「成人式典」に来賓出席しました。例年を超える数の新成人が集まったそうです。新成人の実行委員長と副実行委員長が「新成人の抱負」を語りました。
c0236527_23052098.jpg

午後は、2地域の党支部会議に出席。その後、入院中の母の見舞いに行きました。

by takashi_tanioka | 2017-01-09 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
8日、陸上自衛隊習志野演習場で第1空挺団の降下訓練始めが行なわれました。今回は米軍が初めて参加しました。

参加したのは、沖縄県に駐留する米陸軍第1特殊部隊群第1大隊の通称「グリーンベレー」でした。アメリカといっしょに海外で戦争できる国づくりが強引に進められようとしています。

日本共産党は、米軍の訓練参加が判明してすぐ防衛省から聞き取りをし、関係機関に参加中止を要求していました。


陸上自衛隊のCH47大型ヘリコプターは木更津駐屯地から飛来します。写真は、習志野市の上空を飛ぶCH47です。私の自宅から撮影しました。
c0236527_08104902.jpg

木更津駐屯地は、米海兵隊のオスプレイの整備拠点に予定されています。陸上自衛隊にもオスプレイが配備されれば、日米のオスプレイが習志野市の住宅地の上空を飛びまわることになりかねません。



木更津方面から、秋津・茜浜の上空を経由して習志野演習場(船橋市)へ向かうCH47大型ヘリコプター。多くのヘリコプターが続けて飛んで行きました。
c0236527_08111824.jpg

訓練を終え、木更津方面へ帰っていくヘリコプター。このままオスプレイが配備されると、同じコースを飛行するのでしょうか。
c0236527_08114998.jpg

by takashi_tanioka | 2017-01-08 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)

2000万人署名が終了し、今後は南スーダンの駆けつけ警護反対で署名活動を再開します。市内各駅で定例宣伝(毎月第4火曜日)をしていきます。案内チラシを転載します。

○JR津田沼駅南口で宣伝・署名行動

○12月27日(火)午後3時~4時

c0236527_08434602.jpg

毎月3日定例の「アベ政治を許さない」全国いっせいスタンディングは、市民団体「戦争はいやだ!オール習志野行動」や「九条の会」のメンバーなどを中心に続けられています。

1月3日、1月9日に街頭宣伝を計画しているそうです。詳しくは、オール習志野行動のウェブページをご覧ください。→こちら

by takashi_tanioka | 2016-12-26 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
12月議会の最終日。市民有志の連名で提出された「陸上自衛隊の南スーダンでの『駆けつけ警護』等の中止を求める請願」は、本会議において4会派・11人の議員の賛成を得ることができました。

この請願は、市民団体「戦争はいやだ!オール習志野行動」による取り組みです。自民党・公明党の議員の反対で「否決」とはなりましたが、野党系会派の議員との連携という点で、運動を前進させるものでした。

c0236527_01320082.jpg国会では、1580万人の「戦争法の廃止を求める統一署名」が、29団体から野党議員を経由して提出されています。



これからも粘り強い取り組みが必要です。

c0236527_01312248.jpg

by takashi_tanioka | 2016-12-21 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
c0236527_23181772.jpg17日、沖縄のオスプレイ墜落事故の抗議集会が、米軍ヘリパッド建設が進む東村高江と、辺野古新基地建設工事の再開が狙われる米軍キャンプ・シュワブゲート前で開かれました。(写真)

千葉県では、日本共産党県議団と県委員会が、陸上自衛隊木更津駐屯地でオスプレイを定期整備する計画の白紙撤回などを政府に求めることを森田健作知事に要請。党千葉県西部地区の党会議で丸山慎一県議から報告がありました。

また、地区党会議の討論では、千葉県警の機動隊の沖縄派遣の中止等を求める住民監査請求が900人を超える県民から出されたことも報告されました。

「千葉県警機動隊の沖縄派遣中止を求める住民監査請求の会」の共同代表の阪上武さんは、私の前の職場(専門学校)の同僚。同じ職員室で働いていました。弁護団事務局長の藤岡拓郎弁護士は法律相談でお世話になっています。「みんな、がんばってるな~」と感心します。

この間、様々な潮流の平和運動や市民運動の団体・個人が共同で動くようになりました。日本政治の危険な動きに対し、それに抵抗する共同・協力の輪が広がるのは良いことですし、元気づけられます。


17日~18日は、党大会に向けた地区党会議のほか、長男のサッカー練習、議会最終日の準備、谷津地域の訪問活動などでした。

谷津地域では、住民団体(運営委員会)がコミュニティセンターの指定管理者から外されたことへの批判・疑問の声がいくつも出ました。

by takashi_tanioka | 2016-12-18 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
c0236527_22065465.jpg日米オスプレイ整備基地化反対 11・13県民大集会 in 木更津から1か月。ついに、オスプレイ墜落の重大事故が国内で起こりました。






2件の事故のうち、1件は空中給油訓練中のミスで機体が損傷し、墜落したものです。搭乗員に死者は出ていません(現時点)が、数百m先の民家に墜落していたら大惨事でした。

ところが、米軍側は「住宅上空を飛ばなかったことを感謝されるべきだ」と発言。自らの訓練ミスで事故を起こしたのに、恩着せがましいことを言っています。植民地意識丸出しの暴言です。

今回の墜落事故は沖縄県だけの問題ではありません。同型機の整備拠点が予定されている木更津市、訓練等で飛来が予想される習志野市など、全国各地の住民の安全に関わる大問題です。
c0236527_22065984.jpg

安倍政権は「飛行の安全確保が大前提だ」と述べるだけで、米軍のオスプレイ配備容認、自衛隊への導入の姿勢を変えようとしません。沖縄県民と連帯し、飛行中止・配備撤回を求めるたたかいを広げることが急務です。

15日付の東京新聞に「オスプレイ 進む拠点化-不安…首都圏の空も」の記事が掲載され、「戦争はいやだ!オール習志野行動」に参加する市民団体の方が基地周辺の危険性を指摘しました。
c0236527_22070594.jpg

それにしても、写真を見れば「墜落」「大破」でしかない事故を、「不時着」「着水」と言い換える安倍政権・稲田朋美防衛大臣や御用マスコミは、ちゃらんぽらんです。

「航空機は落ちることもある」「パイロットが慣れていなかった」と米軍を擁護し、訓練・配備反対の運動を馬鹿にする記事にも呆れてしまいます。

自動車に例えれば、設計通りのフォーミュラカーであっても、公道に出れば「欠陥車」です。操縦の難しい車が住宅地で事故を起こしたとき、「熟練レーサーなら事故を起こさなかった」と言い訳するようなものではないでしょうか。

実用性の低い航空機が住宅地に囲まれた基地に配備され、民間人の頭の上を飛行するのは問題です。(そのような航空機に搭乗する米兵もかわいそうですが。)

陸上自衛隊にオスプレイが配備されることになれば、自衛隊演習場に隣接する習志野市の住民も危険にさらされます。習志野市も配備反対・導入反対を表明すべきです。

by takashi_tanioka | 2016-12-15 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka