谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:広域連合議会( 26 )

10日、千葉県後期高齢者医療広域連合議会(平成29年第1回定例会)に習志野市選出の議員として出席。習志野市では2年ごとの改選なので、私は任期最後の定例会となります。

議長が出身自治体(茂原市)の議員任期の関係で辞任を願い出たため、急な議長選挙となりました。

議長選挙について、申し合わせ事項では「千葉県市議会議長会が推薦した者」を「指名推薦」で決めるとされています。しかし、習志野市議会のように全会一致で確認した申し合わせではありません。

本会議において指名推薦に異議が出されたので、競争選挙となりました。無効票を除き、4人の議員が谷岡隆議員(習志野市)に投票、その他の議員は県市議会議長会長推薦の議員(流山市)に投票し、新しい議長が決まりました。

連合長も、前連合長(東金市長)の辞職により、新しい連合長(鎌ヶ谷市長)が選出されました。

新しい連合長が8件の議案を提案。職員の勤務・給与の条例改正、保険料特例軽減の一部廃止、第3次広域計画、一般会計・特別会計の補正予算・新年度予算について審議しました。

議員総数は54人。議案質疑は2人でした。
c0236527_07355472.jpg

c0236527_07363972.jpg

今回の定例会の特徴は、すべての議案に賛成・反対の討論があったことでした。日本共産党議員の間で「賛成なら賛成理由を県民に説明する責任があるのではないか」という意見が出たので、私も賛成討論をすることにしました。

私は、職員の育児・介護休暇の拡大(議案1号)と一般会計補正予算(議案5号、事務経費の節減を評価)に賛成討論、保険料特例軽減の一部廃止(議案3号)に反対討論をしました。

内容が重複する討論1件について通告の取り下げがあり、合計9件の討論となりました。すべて日本共産党の議員です。

私は採決のうち、議案1~2号、5~6号の4件に賛成、議案3~4号、7~8号の4件に反対としました。採決の結果は、すべて原案可決でした。
c0236527_07371128.jpg

一般質問は3人。すべて日本共産党の議員でした。
c0236527_07374154.jpg

答弁の途中で答弁漏れがあり、新しい議長が気づいてピシッと指摘し、当局に答弁させました。議長の采配に感心しました。

前連合長と違い、新しい連合長はほとんど答弁に立たず、事務局任せでした。新任とはいえ、執行権者として議案提案するのは連合長です。議員側も議案を受けとって2週間足らずの間で準備して質問しているのですから、連合長もきちんと勉強して答弁してもらいたいです。

この日の朝は、長男を向山小学校(通級指導教室)に送った後、習志野市役所を経由して千葉市(広域連合議会)へ。議会終了後、市役所へ戻って所用をすませ、党地区委員会の会議へ。その後、母と次男といっしょにスーパー銭湯へ、と行ったり来たりの一日で疲れました。

by takashi_tanioka | 2017-02-10 23:30 | 広域連合議会 | Comments(0)
6日、千葉県後期高齢者医療広域連合の事務局へ行き、定例議会の議案や一般質問に関するヒアリングをしました。事務局は千葉県国保会館(千葉市)の1階にあります。
c0236527_20323666.jpg

各担当課長から、新年度予算案や条例改正の内容、後期高齢者健康診査や歯科口腔健康診査の受診率向上、差し押さえの状況、全国協議会の要望などについて説明を受けました。

この間、全国の広域連合議会の議員選出や議会運営について調べてみました。都道府県ごとにバラバラなので驚きました。

千葉県広域連合は独立した特別地方公共団体です。改選(今年5月)前の最後の定例会ですが、習志野市選出の議員として役割を果たせるよう、今定例会も頑張りたいです。

by takashi_tanioka | 2017-02-06 23:30 | 広域連合議会 | Comments(0)
c0236527_02045537.jpg27日朝、次男のひまわり発達相談センターの送迎。その後、広域連合議会の準備を進めました。

午後から、千葉県後期高齢者医療広域連合議会の全員協議会・議案説明会があり、習志野市選出の議員として出席しました。

この日の協議事項は、議会申し合わせ事項の変更と、2月10日の定例会(平成29年第1回)の運営についてでした。

議案説明会では、職員の育児休暇・看護休暇・給与、第三次広域計画の策定、保険料軽減の変更、補正予算案と当初予算案などの議案8件が説明されました。特別会計は5824億円を超える規模となりました。

会議終了後、日本共産党議員で広域連合議員に選出されている岩井友子・船橋市議、堀口明子・八千代市議、石井芳清・御宿町議と、議案質疑・討論、一般質問について意見交換をしました。

昨年11月に開催された定例会(平成28年第2回)の会議録が、下記HPにアップされています。私の議案質疑は24ページから、討論は34ページから、一般質問は51ページから掲載されています。


平成27年度決算が掲載された「ちば広域連合だより」も発行されました。こちらも下記HPで閲覧できます。


第21号の「議会定例会」の記事で、私が議案質疑または一般質問をしているときの写真が掲載されていました。
c0236527_08473609.jpg

定例会は、2月10日(月)午前10時から、 オークラ千葉ホテル3階で開催されます。よろしければ、傍聴においでください。


by takashi_tanioka | 2017-01-27 23:30 | 広域連合議会 | Comments(0)
7日、千葉県後期高齢者医療広域連合議会(平成28年第2回定例会)に出席。副議長選挙の後、監査委員の選任、一般会計・特別会計の決算認定・補正予算について審議しました。

議員総数は54人。議案質疑は3人でした。
c0236527_22024355.jpg

c0236527_22025455.jpg

連合長による提案理由の説明のとき、議案書の一部欠落がわかり、暫時休憩。欠落ページをコピーして配布するのに手間どり、議案の討論と採決が午後となりました。

討論も3人だけ。私は、議案3号(特別会計決算)について、後期高齢者医療制度の根本問題のほか、高齢者の実態調査をやらないこと、短期保険証の発行、差し押さえの増加、健康診査の受診率向上の努力不足を指摘する反対討論をしました。

私は採決のうち、議案1号と4号の2件に賛成、議案2~3号、5号の3件に反対としました。採決の結果は、すべて原案可決でした。
c0236527_22042607.jpg

一般質問は4人。すべて日本共産党の議員でした。
c0236527_22043831.jpg

c0236527_22044661.jpg

安倍政権は、低所得者の保険料を最大9割軽減する特例措置(特例軽減)を段階的に廃止しようとしています。制度存続について、岩井友子議員(船橋市)と私(習志野市)が質問しました。


私は「国の責任で制度を維持すること」を国に要望するよう連合長に求めました。岩井議員は、さらに踏み込んで、「国が廃止しても、県独自で存続すること」「財政調整基金を使えば存続可能」と主張しました。

特例軽減が廃止されれば、低所得者の保険料負担が2倍~10倍に跳ね上がり、たいへんなことになります。私は「財政調整基金の活用」までは言いませんでしたが、それくらいの覚悟をもって国に制度存続を求めていかなければならないでしょう。

c0236527_01014225.jpg

次男が急に熱を出してしまい、朝は、長男・長女を小学校へ送り出した後、次男を祖父母宅に預けに行ってから、広域連合議会(千葉市)へ向かいました。

質問・討論の準備で寝不足のうえ、朝はバタバタ、さらに私自身も風邪気味だったのか、議会終了後はグッタリしてしまいました。駐車場の車内で2時間ほど休んでから帰りました。

by takashi_tanioka | 2016-11-07 23:30 | 広域連合議会 | Comments(0)
1日朝は雨だったため、「ならしの市議会だより」の駅頭配布は中止となりました。この日は、広域連合議会の準備、議会報告の作成などを進めました。

2日、千葉県後期高齢者医療広域連合の事務局へ行き、定例議会の議案や一般質問に関するヒアリングをしました。

事務局次長と各担当課長から、全国協議会の要望内容、健康診断の検査項目や受診率、歯科口腔健康診査の実施状況、長寿健康づくり訪問指導の実施状況、懇談会の委員選任、保険料の滞納、短期保険証の発行、差し押さえの現状などについて説明を受けました。

広域連合議会は、基本的に当初予算と決算の年2回の定例会開催です。毎年、第1回(2月頃)と第2回(11月頃)の間が約9か月も空いており、前回までの質疑・答弁の流れを思い出すのがたいへんです。

広域連合の職員は、ほとんどが各市町村からの出向。後期高齢者医療や国民健康保険の被保険者の滞納事由・生活実態の把握、健康診査の取り組みなどは、各職員の出身自治体によって違いがあるようです。

広域連合たたき上げの職員がいないなか、中長期的視野をもった調査・分析が弱いように感じます。県民や市町村の困難を肌身でつかんで仕事をしてもらいたいものです。
c0236527_02291233.jpg

by takashi_tanioka | 2016-11-02 23:30 | 広域連合議会 | Comments(0)
c0236527_05190885.jpg24日、千葉県後期高齢者医療広域連合議会の全員協議会・議案説明会があり、習志野市選出の議員として出席しました。

この日の協議事項は、議会申し合わせ事項の変更と、11月7日の定例会(平成28年第2回)の運営についてでした。

正副議長の選挙、監査委員の選任、発議案・請願・陳情の取り扱い、本会議の運営について、印西市、船橋市、御宿町の議員から意見・要望が出され、議会運営委員会で検討されてきました。

議会運営委員長が検討結果を報告。議会申し合わせ事項の変更などについて質疑・採決と続きました。

「議長は市議会議員、副議長は町村議員」と割り当てる申し合わせについて、市と町村の間に上下関係をつくるやり方と私は考え、反対しました。このほかの報告には賛成しました。

申し合わせ事項の変更により、議員の発議案、県民の請願・陳情は、原則、定例会開会予定日の3週間前までに提出となりました。

議案説明会では、決算認定と補正予算案といった議案5件の提案が説明されました。特別会計は5460億円を超える規模となりました。

会議終了後、日本共産党議員で広域連合議員に選出されている岩井友子・船橋市議、野中眞弓・大多喜町議、石井芳清・御宿町議と、議案質疑・討論、一般質問、資料請求について意見交換をしました。

2月に開催された定例会(平成28年第1回)の会議録が、下記HPにアップされています。私の議案質疑は28ページから、一般質問は59ページから掲載されています。


今年度の保険料値上げなどが掲載された「ちば広域連合だより」も発行されています。こちらも下記HPで閲覧できます。


定例会は、11月7日(月)午前10時から、 オークラ千葉ホテル3階で開催されます。よろしければ、傍聴においでください。


by takashi_tanioka | 2016-10-24 23:30 | 広域連合議会 | Comments(0)
10日、千葉県後期高齢者医療広域連合議会(平成28年第1回定例会)に出席。保険料率改定の条例、一般会計・特別会計の補正予算・新年度予算、その他の条例改正・制定などについて審議しました。

今回は、議案質疑や討論、一般質問が比較的多かった定例会でした。通告のうち、石井芳清議員(御宿町)はインフルエンザのため欠席でした。
c0236527_23518.jpg

c0236527_2351794.jpg

c0236527_2353072.jpg

質疑終結の後、4つの討論がありました。日本共産党議員で広域連合議員に選出されている野中眞弓議員(大多喜町)は、後期高齢者医療制度の差別的な内容を批判する反対討論。岩井友子議員(船橋市)は、保険料の値上げ抑制のために財政安定化基金を活用しなかったことなどを批判する反対討論をしました。
c0236527_2362265.jpg

私は採決のうち、発議案1号、議案1~3号、5~8号の8件に賛成、議案4号、9~10号の3件に反対としました。採決の結果、保険料値上げを含むすべての議案が可決しました。

昼食休憩をはさんで、午後は一般質問。5人が質問しました。午後2時30分頃終わりました。
c0236527_2310972.jpg

c0236527_23102529.jpg

広域連合の事務局は、県内市町村から派遣された職員で運営されています。職員は2~3年で入れ替わります。広域連合という運営方法は、住民に直接接する市町村の現場から切り離されるやり方です。

広域連合に対し、習志野市民をはじめとする県民の生活実態、市町村の現場職員の懸念や意見などをどのように伝えればよいか、いろいろと考えながらの議会でした。

今回は、特に「低所得者に対する保険料軽減特例措置の『現行制度の維持』」を習志野市は強く要望していることを訴えました。

今回も、千葉県後期高齢者医療懇談会での各委員の質問・要望を参考にしました。制度加入者(被保険者)や有識者、医療関係者などから幅広い意見を聴く場として設置されています。現場の問題意識の一端がわかり、勉強になります。

千葉県後期高齢者医療懇談会(広域連合HP)

千葉県後期高齢者医療広域連合HP
by takashi_tanioka | 2016-02-10 23:30 | 広域連合議会 | Comments(0)
8日、千葉県後期高齢者医療広域連合の事務局へ行き、定例議会の議案や一般質問に関するヒアリングをしました。終了後、執務室などを見学しました。
c0236527_2302041.jpg

人事行政の運営などの状況、行政不服審査、地方公会計システムの導入、保健事業実施計画(データヘルス計画)の検討、懇談会の開催などについて説明を受けました。

広域連合HPに各種資料が掲載されてはいるのですが、全部目を通すのはたいへんです。事務局職員から対面で説明を受けて良かったです。
c0236527_2305245.jpg

広域連合事務局は、千葉市稲毛区の国保会館にあります。国保会館の場所は学生時代から知っていたのですが、訪れたのは初めてでした。建物は見えても門の場所がわからず、迷ってしまいました。

習志野市役所から自動車で30分以内で到着する距離であり、想像していたよりも近かったです。今後も、事務局から説明を受けたり、資料等を求めたりしながら、議会活動に取り組んでいきたいです。
by takashi_tanioka | 2016-02-08 23:30 | 広域連合議会 | Comments(0)
c0236527_0404184.jpg27日、千葉県後期高齢者医療広域連合議会の全員協議会・議案説明会があり、習志野市選出の議員として出席しました。

この日の協議事項は、2月10日の定例会(平成28年第1回)の運営について。保険料率の引き上げ、行政不服審査制度の条例、予算案といった議案10件、会議規則改正の発議案1件の提案が説明されました。

前回の定例会において、御宿町選出の石井芳清議員が「予算・決算特別委員会の設置」を要望しました。多くの地方議会で設置されていますが、広域連合議会では設置されておらず、5千億円もの予決算を本会議だけで審議します。

質疑のなかで、私も設置要望への支持を表明しました。議会運営委員会では賛成者がなく、全員協議会では賛成者が4人(船橋市、習志野市、御宿町、大多喜町)でした。

設置要望は賛成少数で否決されましたが、やっぱり特別委員会で詳しく審査するのが妥当だと思います。問題提起した石井議員は立派です。

さて、今回の定例会では、2年ぶりに保険料率の引き上げが提案されます。議案が可決されれば、千葉県の平均保険料年額は、6万7323円から6万9812円へ、2489円の値上げとなります。

特に、均等割1700円の値上げは問題です。そもそもが75歳以上の高齢者にとって高すぎる保険料なのですが、この2年間で年金収入等が増えているわけでもないのに、保険料だけが高くなっては、ますます高齢者の生活を圧迫します。

私(日本共産党)は、従来から基金の活用による保険料抑制を主張してきました。今回は保険料調整基金を全額繰り入れる方針ですが、それでも保険料値上げとなってしまいます。

東京都広域連合では、財政安定化基金からも繰り入れ、均等割の値上げを200円に抑制しました。財政安定化基金からの繰り入れを全くしない、千葉県広域連合の方針は問題があります。

引き続き、財政安定化基金の活用による保険料抑制を求めていくとともに、後期高齢者医療制度の根本的な問題点も追及していきたいです。

会議終了後、日本共産党議員で広域連合議員に選出されている岩井友子・船橋市議、野中眞弓・大多喜町議、石井芳清・御宿町議と、議案質疑・討論、一般質問、資料請求について意見交換をしました。

昨年11月に開催された定例会(平成27年第2回)の会議録が、下記HPにアップされています。私の議案質疑は27ページから、討論は32ページから、一般質問は43ページから掲載されています。

千葉県広域連合議会の会議録(平成27年)

平成26年度決算が掲載された「ちば広域連合だより」も発行されました。こちらも下記HPで閲覧できます。

ちば広域連合だより第19号

定例会は、2月10日(水)午前10時から、 オークラ千葉ホテル3階で開催されます。よろしければ、傍聴においでください。

千葉県後期高齢者医療広域連合HP
by takashi_tanioka | 2016-01-27 23:30 | 広域連合議会 | Comments(0)
18日、千葉県後期高齢者医療広域連合議会(平成27年第2回定例会)に出席。一般会計・特別会計の決算認定・補正予算について審議しました。

議員総数は54人。議案質疑は4人でした。
c0236527_7155692.jpg

c0236527_7161397.jpg

c0236527_7163091.jpg

c0236527_7164657.jpg

質疑終結の後、石井芳清議員(御宿町)と私(習志野市)の2人が討論をしました。私は、議案1~2号は反対、3~4号は賛成としました。採決の結果、すべて原案可決(3~4号は全会一致)でした。

昼食休憩をはさんで、午後は一般質問。4人が質問しました。多くの市町村の議員が帰ってしまい、過半数ぎりぎりの出席でした。午後2時前に終わりました。
c0236527_7173023.jpg

c0236527_7174454.jpg

c0236527_7175648.jpg

全国後期高齢者医療広域連合協議会の要望書などを参考に準備をしました。全国協議会の会長を出している佐賀県広域連合HPで全国協議会の会議録・資料・要望書などが公開されており、助かりました。

千葉県広域連合の志賀直温連合長(東金市長)は、全国協議会の副会長です。千葉県広域連合HPにも全国協議会の資料等を掲載するよう要望しました。

全国後期高齢者医療広域連合協議会の資料(佐賀県広域連合HP)

習志野市の担当部長(市民経済部長)とも意見交換をして出席しました。習志野市として最も心配しているのが、「低所得者等に対する保険料軽減特例措置(9割軽減、8.5割軽減)」の廃止です。

これは、全国協議会も同じ認識であり、千葉県広域連合からも現行制度の存続を強く要求してもらいたいです。

次回の定例会へ向けた重要課題が「保険料率の改定」です。保険料値上げを防ぐためには、財政安定化基金の活用が必要です。基金活用については、日本共産党としても千葉県へ働きかけていきたいです。

広域連合議会では、連合長に答弁を求めると、連合長自ら答弁してくれます。考え方に違いはありますが、今定例会のきちんとした対応は評価しています。

千葉県後期高齢者医療広域連合HP
by takashi_tanioka | 2015-11-18 23:30 | 広域連合議会 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka