谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:議員活動( 660 )

25日、午前中は都議選の応援に行く予定でしたが、中野区へ向かう途中、急用で引き返しました。その後、谷津駅で人身事故があり、京成線が不通となり、この日の応援は諦めました。

空いた時間で、谷津・奏の杜地域の散策と訪問。写真は、谷津3丁目の京葉道路南側の市道(谷津遊路商店街とパークタウンの間)です。
c0236527_08471116.jpg



歩道の樹木の剪定が定期的にされるようになったのと合わせ、地域住民の方々も植栽の手入れをしてくれるようになり、ずいぶんときれいになりました。浸水対策(水門、ポンプなどの整備)が進み、以前のような冠水はなくなったそうです。

街灯が消えてしまうことが多いので、都市環境部に点検を要請しています。
c0236527_08471730.jpg

谷津4丁目では特別養護老人ホームの建設が進んでいます。基礎工事が終わり、地上構造物の建設に入っています。


c0236527_08474361.jpg

夕方は、奏の杜地域へ。午後7時の谷津奏の杜公園です。月曜日から金曜日まで多目的広場に柵が設置され、谷津小学校の代替グラウンドとして使用されます。


c0236527_08474879.jpg

by takashi_tanioka | 2017-06-25 23:40 | 議員活動 | Comments(0)
22日朝、JR津田沼駅南口で活動報告をしました。バス停で下車する人達を見ていると、京成線以南の谷津地域から通勤・通学する人が少なくなったと感じます。奏の杜地域から徒歩で駅へ向かう人が増えています。

奏の杜から谷津南小学校へ路線バスで通学する小学生も急増しています。バス通学について、学校周辺の住民から意見が寄せられるようになったので、今後の対応を教育委員会へ投げかけているところです。また、パンク状態の学童保育も課題の一つです。

写真は、午前7時から路線バスで通学してくる小学生たちです。東側の通用門から入っていきます。写真右側が放課後児童会室(学童保育)です。市が設定した定員55人に対し、定員オーバーの59人が入会しています。

c0236527_10193978.jpg

谷津小学校の全面改築工事も大きな課題です。新校舎の建設時は、校庭とプールが無くなります。体育の授業への影響だけでなく、昼休み・業間休みの対応もたいへんです。児童や教員のストレス蓄積が心配です。

教育委員会事務局から「谷津小学校全面改築工事」の図面(3枚)をもらったので、下に掲載します。
c0236527_21060657.jpg

c0236527_21063691.jpg

c0236527_21071854.jpg

谷津1丁目のタワーマンションが完成すると、このマンションから向山小学校への徒歩通学も課題となります。谷津1丁目のうち、このマンションだけ、飛び地の通学区域となります。
c0236527_09425920.jpg

教育委員会の予定では、自動車交通量の多い「まろにえ橋」の歩道(写真)へ迂回する通学路となります。万全の安全対策が必要です。
c0236527_21102238.jpg

22日は、朝の活動報告の前後、上記の谷津・奏の杜地域の通学路(予定を含む)を見てまわりました。その後、市役所で議会最終日の準備を進め、夕方は次男をひまわり発達相談センターに連れて行きました。

23日は、党議員団会議で議会最終日の討論分担・議案賛否などを確認しました。

by takashi_tanioka | 2017-06-23 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
6月16日、国連本部(ニューヨーク)の核兵器禁止条約の交渉会場で、被爆者の方々が296万3889人分のヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名(ヒバクシャ国際署名)をエレン・ホワイト議長と中満泉軍縮担当上級代表に手渡しました。習志野市の宮本泰介市長も賛同し、署名しています。

核兵器廃絶へ296万署名-禁止条約交渉会議で被爆者が議長に提出(しんぶん赤旗)

c0236527_10192179.jpg


7団体の被爆者の呼びかけによるもので、様々な団体・個人が署名運動に取り組んでいます。

40団体が参加する「ヒバクシャ国際署名」推進連絡会は、日本原水爆被害者団体協議会、日本青年団協議会、原水爆禁止日本協議会、日本反核法律家協会、ピースボート、世界宗教者平和会議日本委員会、明治学院大学 PEACE☆RING、PEACE PLATFORM、創価学会平和委員会が事務局に加わっています。

c0236527_10362637.jpg


市民運動の動きも活発です。17日、アメリカの平和・女性団体がニューヨーク市内で「核兵器を禁止する女性行進」を開催し、日本の被爆者らも参加しました。

ニューヨーク女性行進「核兵器禁止条約 実現を」-日本の被爆者も参加(しんぶん赤旗)

「歴史を前進させよう」被爆者・ホワイト議長に拍手-ニューヨーク女性行進(しんぶん赤旗)

c0236527_10193334.jpg


核兵器禁止条約を交渉する国連会議(第2会期)は、7月7日までに条約の採択をめざしています。人類史上初めて、核兵器の使用、開発、移転などを禁止し違法化する条約となります。

核兵器禁止条約の採択へ決意-国連会議第2会期開幕、草案評価が次々(しんぶん赤旗)

c0236527_10192757.jpg


21日、午前9時から開かれた協働経済常任委員会では、受理番号150号「『国連の核兵器禁止条約交渉会議に参加し、条約実現に真剣に努力するよう日本政府に求める意見書』の採択についての請願」が審査されました。

「ヒバクシャ国際署名」推進連絡会に参加する新日本婦人の会(習志野支部)が提出した請願であり、日本共産党、環境みらい、民意と歩む会、新社会党・無所属の会の議員が紹介議員になっています。

市当局から「市長は核兵器禁止条約の制定に賛成」との参考意見がありました。私自身は紹介議員になっていたので質疑はせず、賛成討論をしました。「核兵器廃絶平和都市宣言」の精神から考えても当然採択すべき請願です。

ところが、公明党、真政会、元気な習志野をつくる会の議員が反対して「可否同数」となりました。委員長裁決となり、委員長(輝く習志野をつくる会)が反対したため、否決となりました。ただし、委員会は予備審査なので、正式な決定は本会議(29日)での採決となります。

反対した議員は質疑も討論もしなかったので、反対理由はまったくわかりません。このような反対の仕方は、過去の習志野市議会の意見書・決議や「核兵器廃絶平和都市宣言」の精神に反する行為です。本会議での可決を目指し、日本共産党は討論などの準備を進めていきます。

このほか、警視抜刀隊の会が出した陳情(受理番号147号)は、質疑・討論の後、賛成者なしで否決となりました。
by takashi_tanioka | 2017-06-21 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
19日、新庁舎初めての一般質問の6日目(最終日)でした。写真は、午前10時前の新庁舎の駐車場です。私は一般質問で、新庁舎の面積や駐車場は十分かという質問をしました。

資産管理室長は「新庁舎側の駐車場スペースは確保できている」という主旨の答弁をしましたが、この時間帯、駐車場は満車に近い状態でした。国民健康保険の健康診断に来た人が多かったそうです。
c0236527_06343094.jpg

旧庁舎跡地の駐車場や市民課棟を有効活用すべき(売却すべきでない)という問題意識でした。宮本市長は旧庁舎跡地の「財源化」を答弁しています。

旧庁舎側には、現在も少なくない公用車が駐車しています。跡地を売却した後になって、「駐車場スペースが足らなくなった」という口実で、新庁舎側に数億円をかけて立体駐車場等を建設することになるのではないかという疑念を、私はもっています。
c0236527_06344247.jpg

この日の一般質問の質問者は2名。その後、会派代表者会議があり、午後2時50分頃終わりました。
立崎誠一議員(民意と歩む会)
平川博文議員(都市政策研究会)


終了後、協働経済常任委員会の準備を進めました。

by takashi_tanioka | 2017-06-19 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
16日、組織犯罪処罰法に新設された「共謀罪」の廃止を求める意見書(案)を、日本共産党、環境みらい、民意と歩む会、新社会党・無所属の会の4会派代表の連名で発議することを合意しました。

廃案を求める意見書(案)を修正した文章ですが、提案理由の説明では、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会の声明「基本的人権と憲法、刑法原則も無視した『共謀罪法案の強行採決に怒りを込めて抗議する』」などを参考にしたいと思います。

市民団体「戦争はいやだ!オール習志野行動」も6月17日(土)午後4時からJR津田沼駅南口で街頭宣伝をする予定です。→詳しくはこちら
c0236527_21574218.jpg

この日は、新庁舎初めての一般質問の5日目です。質問者は4名で、午前10時に始まり、午後3時40分頃終わりました。
飯生喜正議員(輝く習志野をつくる会)
関根洋幸議員(元気な習志野をつくる会)
木村孝議員(民意と歩む会)
相原和幸議員(輝く習志野をつくる会)


by takashi_tanioka | 2017-06-16 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
15日早朝、自民党、公明党、維新の会は共謀罪法案を参議院本会議で強行採決しました。委員会審査を採決なしで打ち切り、本会議で採決するという暴挙です。


日本共産党習志野市議団は、入沢俊行議員の一般質問の冒頭で抗議声明を出し、荒原ちえみ議員も質問冒頭で抗議しました。「廃案を求める意見書(案)」を「廃止を求める意見書(案)」に切り替えて、超党派で発議する方向です。
c0236527_19381679.jpg

この日は、質問者は4名で、午前10時に始まり、午後4時50分頃終わりました。
佐野正人議員(民意と歩む会)
入沢俊行議員(日本共産党)
市角雄幸議員(環境みらい)
荒原ちえみ議員(日本共産党)


by takashi_tanioka | 2017-06-15 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
14日、新庁舎初めての一般質問の3日目です。6階の展望回廊に来ると、本会議場の中が窓越しに見えるので、多くの人が市議会の様子を覗いていくようになりました。

写真は、展望回廊から見た旧庁舎・市民課棟側です。太陽光発電システムのソーラーパネルが市民課棟の屋上に並んでいます。約1700万円で設置してから6年しか経っていません。無駄にすることのないよう、一般質問で要望しました。
c0236527_19063390.jpg

この日は、質問者は4名で、午前10時に始まり、午後4時30分頃終わりました。
央重則議員(環境みらい)
清水大輔議員(輝く習志野をつくる会)
藤崎ちさこ議員(新社会党・無所属の会)
中山恭順議員(環境みらい)


清水大輔議員による藤崎・森林公園の外来種駆除と環境整備に関する質問(環境問題-生物の多様化への対応)は勉強になりました。

by takashi_tanioka | 2017-06-14 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
13日、議員発議の案文提出を議会運営委員会で確認。6月議会では、3件の発議案(国への意見書)の案文が出されました。

「共謀罪」を創設する法案の廃案を求める意見書(案)も超党派で発議を予定しています。共謀罪反対の緊急統一署名の内容をもとにした文章となっています。緊急統一署名は153万筆を超えて集まっています。
c0236527_23153425.jpg

この日は、新庁舎初めての一般質問の2日目です。質問者は3名で、午前10時に始まり、午後2時30分頃終わりました。
布施孝一議員(公明党)
伊藤寛議員(真政会)
清水晴一議員(公明党)


by takashi_tanioka | 2017-06-13 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_09282741.jpg6月議会の一般質問初日。新しい本会議場での初めての一般質問です。

21名が質問予定です。1日目の質問者は4名で、午前10時に始まり、午後4時30分頃終わりました。
小川利枝子議員(公明党)
鮎川由美議員(真政会)
宮内一夫議員(新社会党・無所属の会)
谷岡隆議員(日本共産党)


議会終了後、協働経済常任委員会を臨時に開催。私から、請願・陳情の提出者を参考人として招致することを提案しました。

特に受理番号147号を提出した「警視抜刀隊の会」は、民族差別・朝鮮人蔑視の文言を記した「核・ミサイル実験抗議」の陳情を繰り返し提出しており、提出者の考えを議会(委員会)で公式に説明してもらいたいと思い、提案しました。


陳情の場合、紹介議員がいないので、提出者側の意見を聴くには提出者本人を招致するしかありません。個人的に問い合わせたのでは、会議録に残りませんし、言った言わないのトラブルになる心配があります。

しかし、他会派の委員は参考人招致に否定的な意見をもっており、採決の結果、賛成少数で招致しないことになりました。

by takashi_tanioka | 2017-06-12 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
9日、午前10時から議案質疑(本会議)。午後2時50分頃終わりました。

議案質疑では、保健会館設置条例の一部改正(議案27号)、芝園清掃工場延命化対策の業務委託(議案28号)、71億8053万5894円の学校給食センター建替事業のPFI事業契約(議案29号)の質疑が多かったです。

PFI事業契約について、自民党議員から「PFIをやるのは、慈善団体ではなく、営利目的の株式会社である」「(官製)ワーキングプアーが生まれる危険がある」という主旨の質問がありました。私は、このPFI事業契約の仮契約書を資料請求しました。

芝園清掃工場延命化対策については、日本共産党から入沢俊行議員が質問。私は、保健会館と同別館の移転について質問しました。

下の写真(5月)は、現在の保健会館と同別館です。本館には急病診療所や医師会事務所などがあり、別館は市民の健康診断(保険健診)の会場となっています。検診車(大型バス)も停車しています。
c0236527_07343220.jpg

これらの機能を、習志野情報センタービル(下の写真)へ移転させる議案です。従来は市役所第4分室(こども部、危機管理課、情報政策課、監査委員会など)があった場所です。
c0236527_07340273.jpg

私からは、①当初の新庁舎等建設基本計画から場所が変更になった経緯、②現在の保健会館の跡地利用、③保健検診のスペース確保、④待合室の環境改善、⑤急病診療所の患者等の駐車スペースの確保、⑥検診車の駐車スペースの確保の6点について質問。他の議員からも、賃貸ビルへの移転、医師会事務所の扱いなどについて質問がありました。

保健会館が賃貸ビルへ移転する是非が問われる議案なのに、一部の公明党議員が「住所変更の議案でしょ」と他会派の議員の質問にブツブツ言っていたのは呆れました。議案に賛成することは、情報センタービルの利用に賛成することとイコールです。議案審議の重要性がわかっていません。

このほか、私は、鷺沼西跨線橋補修工事の委託契約(議案30号)について質問。半年間は全面通行止めとなるため、鷺沼小学校の通学路について質問しました。登下校の子ども達の安全確保のためにバス通学を導入する案があることがわかりました。


さて、新しい議場での本格的な議会質問が始まり、傍聴希望の市民が来るようになりました。傍聴席では、日本共産党が要望していた難聴者向けの磁気ループシステムの運用も始まりました。自分が一般質問で取り上げたことが実現すると嬉しいです。
c0236527_07350280.jpg

議会終了後、翌週月曜日の自分の一般質問の準備に追われました。

by takashi_tanioka | 2017-06-09 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka