谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:議員活動( 664 )

14日、新庁舎初めての一般質問の3日目です。6階の展望回廊に来ると、本会議場の中が窓越しに見えるので、多くの人が市議会の様子を覗いていくようになりました。

写真は、展望回廊から見た旧庁舎・市民課棟側です。太陽光発電システムのソーラーパネルが市民課棟の屋上に並んでいます。約1700万円で設置してから6年しか経っていません。無駄にすることのないよう、一般質問で要望しました。
c0236527_19063390.jpg

この日は、質問者は4名で、午前10時に始まり、午後4時30分頃終わりました。
央重則議員(環境みらい)
清水大輔議員(輝く習志野をつくる会)
藤崎ちさこ議員(新社会党・無所属の会)
中山恭順議員(環境みらい)


清水大輔議員による藤崎・森林公園の外来種駆除と環境整備に関する質問(環境問題-生物の多様化への対応)は勉強になりました。

by takashi_tanioka | 2017-06-14 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
13日、議員発議の案文提出を議会運営委員会で確認。6月議会では、3件の発議案(国への意見書)の案文が出されました。

「共謀罪」を創設する法案の廃案を求める意見書(案)も超党派で発議を予定しています。共謀罪反対の緊急統一署名の内容をもとにした文章となっています。緊急統一署名は153万筆を超えて集まっています。
c0236527_23153425.jpg

この日は、新庁舎初めての一般質問の2日目です。質問者は3名で、午前10時に始まり、午後2時30分頃終わりました。
布施孝一議員(公明党)
伊藤寛議員(真政会)
清水晴一議員(公明党)


by takashi_tanioka | 2017-06-13 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_09282741.jpg6月議会の一般質問初日。新しい本会議場での初めての一般質問です。

21名が質問予定です。1日目の質問者は4名で、午前10時に始まり、午後4時30分頃終わりました。
小川利枝子議員(公明党)
鮎川由美議員(真政会)
宮内一夫議員(新社会党・無所属の会)
谷岡隆議員(日本共産党)


議会終了後、協働経済常任委員会を臨時に開催。私から、請願・陳情の提出者を参考人として招致することを提案しました。

特に受理番号147号を提出した「警視抜刀隊の会」は、民族差別・朝鮮人蔑視の文言を記した「核・ミサイル実験抗議」の陳情を繰り返し提出しており、提出者の考えを議会(委員会)で公式に説明してもらいたいと思い、提案しました。


陳情の場合、紹介議員がいないので、提出者側の意見を聴くには提出者本人を招致するしかありません。個人的に問い合わせたのでは、会議録に残りませんし、言った言わないのトラブルになる心配があります。

しかし、他会派の委員は参考人招致に否定的な意見をもっており、採決の結果、賛成少数で招致しないことになりました。

by takashi_tanioka | 2017-06-12 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
9日、午前10時から議案質疑(本会議)。午後2時50分頃終わりました。

議案質疑では、保健会館設置条例の一部改正(議案27号)、芝園清掃工場延命化対策の業務委託(議案28号)、71億8053万5894円の学校給食センター建替事業のPFI事業契約(議案29号)の質疑が多かったです。

PFI事業契約について、自民党議員から「PFIをやるのは、慈善団体ではなく、営利目的の株式会社である」「(官製)ワーキングプアーが生まれる危険がある」という主旨の質問がありました。私は、このPFI事業契約の仮契約書を資料請求しました。

芝園清掃工場延命化対策については、日本共産党から入沢俊行議員が質問。私は、保健会館と同別館の移転について質問しました。

下の写真(5月)は、現在の保健会館と同別館です。本館には急病診療所や医師会事務所などがあり、別館は市民の健康診断(保険健診)の会場となっています。検診車(大型バス)も停車しています。
c0236527_07343220.jpg

これらの機能を、習志野情報センタービル(下の写真)へ移転させる議案です。従来は市役所第4分室(こども部、危機管理課、情報政策課、監査委員会など)があった場所です。
c0236527_07340273.jpg

私からは、①当初の新庁舎等建設基本計画から場所が変更になった経緯、②現在の保健会館の跡地利用、③保健検診のスペース確保、④待合室の環境改善、⑤急病診療所の患者等の駐車スペースの確保、⑥検診車の駐車スペースの確保の6点について質問。他の議員からも、賃貸ビルへの移転、医師会事務所の扱いなどについて質問がありました。

保健会館が賃貸ビルへ移転する是非が問われる議案なのに、一部の公明党議員が「住所変更の議案でしょ」と他会派の議員の質問にブツブツ言っていたのは呆れました。議案に賛成することは、情報センタービルの利用に賛成することとイコールです。議案審議の重要性がわかっていません。

このほか、私は、鷺沼西跨線橋補修工事の委託契約(議案30号)について質問。半年間は全面通行止めとなるため、鷺沼小学校の通学路について質問しました。登下校の子ども達の安全確保のためにバス通学を導入する案があることがわかりました。


さて、新しい議場での本格的な議会質問が始まり、傍聴希望の市民が来るようになりました。傍聴席では、日本共産党が要望していた難聴者向けの磁気ループシステムの運用も始まりました。自分が一般質問で取り上げたことが実現すると嬉しいです。
c0236527_07350280.jpg

議会終了後、翌週月曜日の自分の一般質問の準備に追われました。

by takashi_tanioka | 2017-06-09 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
6日~8日、JR津田沼駅南口と京成谷津駅で活動報告。6月議会の議案質疑と一般質問の準備を進めました。

前回の3月議会の一般質問では、「ガードレールのゴム製袖ビームや反射板の劣化や脱落」について取り上げました。ゴム製袖ビームや反射板の総点検と修繕を求めるとともに、維持管理などの財政負担の軽減策などを提案しました。
c0236527_09313148.jpg


その後、袖ビームと反射板の修繕が全市的に進められています。写真は、新しいゴム製の袖ビームです。
c0236527_09311256.jpg

3月議会では、市長は「袖ビームと反射板で、それぞれ100か所前後の破損等を確認した」「修繕を進める」と答弁していました。

耐用年数の短い部品は、安全のために特に必要な場合を除き、使用を避けるべきなのかもしれません。私が耐用年数を質問したところ、都市環境部は「一般的には5~10年程度」と答弁しました。

私が「長期的な維持管理を考えると、ゴム製よりも耐用年数が長い製品へ切り替えた方が良い」と提案したところ、都市環境部は「現場条件に合わせて選定していく」と答弁しました。写真は、プラスチック製に取り換えられた袖ビームです。
c0236527_09311847.jpg

ガードレールよりも、ガードパイプの方が、維持管理の面からも、安全性の面からも利点があります。私が「ガードパイプへの改修を考えるべき」と提案したところ、都市環境部は「改修や条件変更に合わせて選定する」と答弁しました。
c0236527_09312440.jpg

歩行者を守るためのガードレールですが、場所によっては、逆に歩行の障害になっている箇所もあります。私は「設置当初の目的を達成し、必要性がなくなったガードレールは、撤去しても良いのではないか」と提案。都市環境部は「沿道の条件変更をみて、住民の意見の聴きながら検討する」と答弁しました。

しばらく様子をみていきたいです。また、県道についても千葉県へ修繕を要望していきます。3月議会における質問・答弁(3月7日)の詳細は、習志野市議会会議録検索システムでご覧ください。

by takashi_tanioka | 2017-06-08 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
5日朝、京成大久保駅北口で活動報告。その後、マルエツ大久保駅前店跡の新店舗と高層マンションの建設現場を見に行きました。写真を撮影するのは2か月ぶりです。


大型クレーンが設置され、新店舗の方は鉄骨が組みあがってきました。
c0236527_06381507.jpg

大型の工事車両の出入りが多くなりました。警備員が誘導しながら入退場しています。歩行者の安全、周辺の住環境など、今後も注意していきたいと思います。
c0236527_06382199.jpg

マルエツ大久保駅前店跡の新店舗。これくらい鉄骨が組みあがると、店舗の規模が実感できます。
c0236527_06382700.jpg

c0236527_06383503.jpg

週末は所用が重なり、谷津小学校などの運動会の来賓出席はやめました。来年は行ってみたいです。6月議会の議案質疑、一般質問が続くので、準備を進めています。

by takashi_tanioka | 2017-06-05 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_09282741.jpg2日、午前10時に6月議会(平成29年第2回定例会)が開会。市長から議案5件の提案理由の説明がありました。前日までに提出された請願・陳情10件も議員に配布されました。


3月議会に続き、今度は、金額が71億8053万5894円、契約期間が17年間(2034年3月31日まで)のPFI事業契約の締結が、市長から提案されました。

習志野市学校給食センター建てかえの施設整備と維持管理・運営について、株式会社メフォスを代表企業とする「株式会社ならしのスクールランチ」と契約します。

民間資金に頼るPFI導入のもと、大型施設の建設が続きます。先日、県知事選でいっしょになった他市の他党派の議員さんから「習志野市は大きな施設の建設が続いて景気がいいね」と言われました。褒められている訳ではなく、「どうなってるの?」という意味です。

立て続けにPFI事業を推進しようとする宮本市政。こんなやり方で良いのか追及していきたいです。

by takashi_tanioka | 2017-06-02 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
26日、6月議会の一般質問の通告開始。私の一般質問は6月12日の予定です。午後は、議案勉強会・重要事項説明がありました。

提案予定の5議案には、72億円のPFI事業契約(学校給食センター)の議案も入っています。PFIによる資金調達により、大規模建設事業が続きます。

重要事項説明として、ボートピア駐車場跡地の土地活用、大久保地区公共施設再生事業、仲よし幼稚園跡地の地下埋設物の発見、障がい者用「災害時支援・みまもり」スカーフが説明されました。

競艇の場外舟券売り場「ボートピア習志野」の駐車場跡地が、今年4月に株式会社テックエステートから東京都競馬株式会社へ売却されました。
c0236527_06430671.jpg

倉庫賃貸業を行なうとの報告でしたが、売却先が東京都競馬というのが気になります。場外馬券売り場などギャンブル施設に転用されないよう注意が必要です。

ギャンブル場・場外舟券売り場の建設時は、いったん計画を取り下げたものの、市長・市議選が終わったとたん建設計画が再浮上し、多くの市民の反対を押し切って、当時の市長が建設に同意しました。

このギャンブル場建設を習志野市議会(一般質問)でいち早く提唱し、建設を推進したのが、宮本泰介議員(当時)でした。

同様のことが繰り返されないよう、日本共産党は厳しくチェックしていきます。6月議会では、入沢俊行議員が一般質問で詳細を質す予定です。
c0236527_06431772.jpg

c0236527_06432681.jpg

by takashi_tanioka | 2017-05-26 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_09282741.jpg18日朝、京成谷津駅で活動報告。その後、新庁舎へ向かい、午前10時から臨時議会(平成29年第1回臨時会)でした。新しい本会議場での初めての議会です。

議長・副議長選挙では、立候補制が初めて実施されました。立候補制とは言っても、公職選挙法によるものではなく、候補者が所信表明をする機会を設けるというやり方です。

日本共産党は、議長候補の宮内一夫議員(新社会党・無所属の会)、副議長候補の央重則議員(環境みらい)と5項目の政策協定を結び、独自の候補者を出すのを見送りました。

近年、議会運営で少数意見を切り捨てるやり方(多数決の強行)がとられそうになったり、市民の陳情を含む請願権を制約しようとしたり、「国の専権事項」を口実に市長が参考意見等を拒否したり、市民向けの議会報充実の予算要望がカットされたりするなど、問題が多発しています。これらを改善し、民主的な議会運営を進めることを政策協定で確認しました。

4年前と2年前の議長選挙では、日本共産党など複数の会派が、統一候補として宮内議員に投票しました。副議長選挙でも野党系の会派がまとまったのは初めてです。

正直なところ、ほとんどの会派は誰に投票するか決めてから本会議に臨みますから、所信表明に意味があるのか疑問に思ってきました。

しかし、実際にやってみると、所信表明の内容を練る段階で、候補者と各会派とで政策を検討するという作業があり、会派間で良い議論ができました。

議長選挙の結果は、田中真太郎議員19票、宮内一夫議員11票で、田中議員(市長与党)が議長に選出されました。

副議長選挙でも、荒木和幸議員19票、央重則議員11票で、荒木議員(市長与党)が副議長に選出されました。

市長与党側の候補者も所信表明をしました。私個人としては、議長候補となった田中真太郎議員が、習志野市の核兵器廃絶抗議文に否定的な見解(平成25年12月の一般質問)を表明したり、「慰安婦像設置に抗議する全国地方議員の会」のメンバーであったりすることから、習志野市議会の右傾化を危惧していました。

所信表明は主に議会運営に関する内容でしたので、これらの問題は出てきませんでした。正副議長が与党で占められるもと、憲法・人権や平和問題の議論において不公正な対応がなされないか、十分注意していきたいと思います。

常任委員の改選では、日本共産党は、荒原ちえみ議員が文教福祉常任委員、入沢俊行議員が総務常任委員、私が協働経済常任委員に選任されました。

このほか、市長から議案1件の提案理由の説明があり、質疑、討論、採決と続きました。

私は、議案にあった「企業主導型保育事業」の問題点を指摘する質問と討論をしました。新しい本会議場で初めての議案質疑と討論であり、少し緊張しました。

by takashi_tanioka | 2017-05-18 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
16日朝、JR津田沼駅南口で活動報告。奏の杜地域の住民が増え、朝の通勤・通学客も増えました。

駅南側(谷津・奏の杜側)の路上には、認可外保育施設に子どもを預けに来るお母さん・お父さんがたくさんいました。認可保育所に入れない待機児問題は深刻です。

4月時点で、習志野市の認可保育所の入所の不承諾者数は396人。認可外施設に入った児童数などを除いた待機児童数は338人に達しました。

保育所の増設が急務ですが、保育施設における乳幼児の死亡事故の多発、劣悪な環境の保育施設などが全国的に問題となっています。保育の質を守ることも重要です。

待機児の解消(量の拡大)と合わせ、安全・安心の保育環境(質の充実)も、市議会で強く求めていきたいと思います。

写真は、商業ビル内の認可外施設から近くの公園へ外遊びに行く途中の子ども達です。車道を何本も横断しなければ、公園まで行けません。
c0236527_11253370.jpg

このほか、15日~16日は、党議員団会議などで5月臨時議会、6月定例議会の準備を進めました。

by takashi_tanioka | 2017-05-16 23:40 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka