谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:議員活動( 688 )

c0236527_09282741.jpg1日、午前10時に9月議会(平成29年第3回定例会)が開会。市長から議案23件の提案理由の説明がありました。前日までに提出された請願・陳情21件も議員に配布されました。

市民からは「秋津幼稚園を廃止し計画中とされる新設第七中学校区における市立こども園に統合することについて、市の計画を留保し、話合いの継続を求める請願」が、2962筆の署名(8月末時点)を添えて提出されました。

それにも関わらず、宮本泰介市長は、秋津幼稚園と香澄幼稚園を統廃合する「第七中学校区こども園整備事業」が盛り込まれた一般会計補正予算(議案31号)の提案を強行しました。市民無視の態度は許せません。

議会終了後、協働経済常任委員会の協議会が開催されました。その後は、一般質問の準備を続けました。


31日、習志野市の保育所・幼稚園統廃合(こども園計画)について、市原市民の方々が話を聴きにきました。市原市では、超短期間でこども園統廃合が強行されようとしているそうです。私が「議会と自治体」2008年12月号で書いた小論をもとに、問題点を説明しました。

どうも、こども園統廃合でも「習志野市に習え」の合唱が各地に広がっているようです。市原市の資料を読む限り、慎重な検討がされた形跡はありません。小出譲治市長も、ずいぶんと愚かで強引なやり方をしますね。

by takashi_tanioka | 2017-09-01 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
30日、党習志野市議団・八千代市議団合同で、千葉県・千葉土木事務所から平成29年度の主要事業概要の説明を受けました。丸山慎一県議の紹介で毎年恒例で実施しています。
c0236527_01580351.jpg

今回説明を受けた習志野市内の主要事業は8つ。昨年説明された事業の進捗状況のほか、新たに説明された事業もあります。
c0236527_01581071.jpg

昨年まで説明を受けていた「谷津地区浸水対策」は、谷津船溜まり周辺のポンプゲート(排水ポンプ付き水門)の設置などが今年度中に終わり、事業が完了するそうです。当初の予定よりも1年遅れとなってしまいました。

主要事業一覧にある「県単舗装道路修繕・一般県道 津田沼停車場線」は、JR津田沼駅の東側にある「津田沼跨線橋(自動車道)」を挟んだ県道だそうです。

この跨線橋周辺では、反射板の樹脂製の部品が脱落し、取り付け部分の金属製の部品(パイプなど)がむき出しになってる箇所が増えています。人体が接触すると危険な箇所が少なくありません。舗装修繕だけでなく、ガードレールの部品劣化・脱落も点検し、修繕することを要望しました。

この路線に限らず、習志野市内の県道におけるゴム製袖ビームや反射板の劣化・脱落が増えてきました。私は、習志野市の市道で全市的な点検・修繕が進められていることを紹介し、県道も点検・修繕を進めることを要望しました。

c0236527_01581658.jpg

主要事業一覧にはありませんが、県道長沼船橋線(東金街道)の蓋かけ歩道の暗渠化について質問しました。3年前の計画よりも整備がさらに進みました。

「子ども達の通学路になっている区間を優先して改修(暗渠化)して欲しい」とする要望が実現する方向で進んでおり、感謝しました。


「都市計画道路3・3・3号(藤崎茜浜線)の立体交差化」は、用地買収の目途がつき、今後は立体交差の工事に向けた鉄道協議が進められていきます。

千葉土木事務所から習志野市役所へ帰る途中、都市計画道路3・3・3号線の現場に立ち寄りました。工事可能な場所から道路建設が進められています。
c0236527_01582188.jpg

c0236527_01582664.jpg

c0236527_01583086.jpg

by takashi_tanioka | 2017-08-30 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
25日、9月議会の一般質問の通告開始。私の一般質問は9月11日の予定です。午後は、議案勉強会・重要事項説明がありました。

提案予定の23議案のうち、一般会計補正予算案(議案31号)には、「鷺沼西跨線橋補修工事に伴う鷺沼小学校通学バス運行計画(案)」に基づく予算案が盛り込まれました。

事業名は「橋りょう対策事業」とされ、①バス運行委託、②交通誘導員賃金等、③バス乗降場整備工事の3つに、1157万1千円が計上されています。市議会議員に配布された資料を掲載します。
c0236527_09191076.jpg

この補正予算案には、「第七中学校区こども園整備事業」も盛り込まれました。秋津幼稚園を廃止し、香澄幼稚園の場所に3~5歳児の「認定こども園」を整備する予算です。

保護者・住民への説明開始からわずか3か月で、保護者・住民に反対意見が強いにも関わらず、統廃合予算を計上するという強硬手段を宮本泰介市長はとりました。

秋津幼稚園と香澄幼稚園の統廃合に反対する議会請願の署名運動が拡がっています。補正予算案と議会請願にどのように対応するか、各議員・各会派の態度が問われます。

重要事項説明として、ボートピアの警備体制・歩行者導線の変更、仲よし幼稚園跡地の地中埋設物、障がい者グループホーム、鷺沼台二丁目地区土地区画整理事業、第七中学校区における市立こども園の設置、選挙運動の公費負担が説明されました。

仲よし幼稚園跡地のマンション建設(市有地を売却)では「地中埋設物の発生」を口実にした財政投入(事実上の値引き)の動きがあり、注意が必要です。



新京成跨線橋の現状
by takashi_tanioka | 2017-08-25 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
23日、スモークフリーキャラバンの会で「スモークフリーキャラバン in 千葉」に取り組んでいる皆さんが習志野市役所を訪問。宮本泰介市長宛ての「受動喫煙防止条例の早期制定を求める要望書」を提出しました。

私は、東京でスモークフリーキャラバンに参加している友人から依頼され、担当課との間に入って日時の調整などをしました。

習志野市議会で受動喫煙防止に取り組んできた佐野正人議員(民意と歩む会)にも声をかけ、いっしょに会の方々と懇談し、要望書提出に立ち会いました。

健康支援課長・主幹が要望書を受けとり、「習志野市の公共施設等における受動喫煙防止対策に関する指針」など市の取り組みを説明しました。

意見交換のなかでは、私の自宅近くの住民の訴えなど、特に公共の場で注意しなければならないことなど参考になりました。

この日のキャラバンが、8月24日付の「毎日新聞」に掲載されました。私は会の皆さんの後ろに立っていたので、顔が写っていませんね。
c0236527_07335626.jpg

「スモークフリーキャラバン in 千葉」は、習志野市議会にも陳情書を提出しました。9月議会で審議されることになります。

by takashi_tanioka | 2017-08-24 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
23日午前は、会派代表者会議。午後は、習志野市教育委員会の第8回定例会を傍聴しました。報告事項1件、議決事項2件、協議事項2件でした。これらのうち、補正予算案の1件が非公開でした。

協議事項「第七中学校区における市立幼稚園のあり方について」は市民の関心が高く、11名の傍聴者でした。以下、第8回定例会で配布された資料の一部(写真)です。
c0236527_20500635.jpg

議決事項「平成30年度習志野市立幼稚園園児募集要項について」は、この協議事項と関連しています。「香澄こども園」開設を前提とした募集要項に賛成すれば、事実上、「香澄こども園」への幼稚園統廃合を認めたことになります。

教育委員会が幼稚園統廃合を認めると、それを受けて、宮本泰介市長が9月議会で「第七中学校区こども園整備事業」を補正予算案に組み込んで提案していきます。
c0236527_20514023.jpg

8月定例会では、貞廣斎子委員が「香澄こども園」について「合理的な案」と発言しました。あたかも住民・保護者側が「感情的」であるかのような発言でした。

しかし、会議で配布された「秋津・香澄地域における推計人口」をみると、全市的に0~5歳児の推計人口が減少していくなか、秋津地域は平成31年度(2019年度)まで増え続け、香澄地域は平成45年度(2033年度)まで増え続ける推計となっています。

c0236527_20525763.jpg

4歳の幼稚園入園児が少ない香澄地域は、今年度だけ4歳児の人口が少ないという特殊事情があるようです。来年度の4歳児(現在の3歳児)は再び増加することが、統計資料でもわかります。
c0236527_20532640.jpg

そもそも、市立幼稚園において3歳児保育を導入しないことが園児減少の主要因であることについて、教育委員は誰も発言しようとしません。
c0236527_20533439.jpg

市立こども園において、3歳児に「合同保育」を導入することについて、専門家や保護者などで構成された「習志野市こども園整備・市立幼保再編検討委員会」では一切検討されませんでした。

科学的・実証的な調査・研究にもとづく議論をしないで、教育委員会で関連議案を採決したのは極めて杜撰です。上記の検討委員会の再開、または新たな検討委員会の設置をし、詳細に検討すべきではないでしょうか。

「保護者や地域住民からの要望事項とその対応」について、教育委員会事務局は「条件付き賛成」ととれる意見ばかりを記載しました。

一応、口頭では「白紙撤回」の意見があることを報告しましたが、ほとんどの教育委員はその意見を無視しました。そして、すべての教育委員が幼稚園統廃合の議案(「香澄こども園」を前提にした幼稚園園児募集要項)に賛成しました。
c0236527_20534659.jpg

戦後の教育委員会制度の理念を忘れ、自らは「合理的」な検討もしないで、異議のある市民に「感情的=非合理的」等のレッテルを貼り、市長の意向を忖度してばかりいる教育委員たちには何も期待できません。

住民・保護者によってつくられた「秋津有志の会」と「秋津幼稚園PTA有志」の皆さんが市立幼稚園存続の署名運動に取り組んでいます。日本共産党も住民・保護者に協力することを確認し、署名集めをしています。
c0236527_20535448.jpg

by takashi_tanioka | 2017-08-23 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
21日~22日は、9月議会の準備、生活相談、党内会議などでした。一般質問の準備のために、鷺沼台2丁目で訪問活動をし、意見を聴き取りました。

写真は、鷺沼台2丁目の土地区画整理事業の予定地です。区画整理・宅地開発による児童急増に鷺沼小学校が対応できないため、大久保小学校への通学区域変更がされました。


c0236527_23312221.jpg

上の写真の空き地が開発され、新築住宅の子ども達は大久保小学校へ通学するために、写真手前(東の既存住宅側)の方向へ向かって歩いてきます。

ところが、東の既存住宅の子ども達は、西側へ向かって新築住宅の子ども達と交差しながら、鷺沼小学校へ通うことになります。

c0236527_23312935.jpg

すでに鷺沼小学校に通っている子ども達は、そのまま卒業まで通い続けたいかも知れません。しかし、今後入学する子ども達は、隣近所の子ども達といっしょに通えるよう工夫が必要ではないでしょうか。

このほかにも鷺沼台から津田沼にかけて新築住宅(戸建てとマンション)が増え、鷺沼小学校、大久保小学校、津田沼小学校は満杯の状態になります。

近年の習志野市では、JR津田沼駅南口の「奏の杜」、東習志野の「ユトリシア」・・・と、地元小学校がパンクする開発を先に認め、後追い的に虫食い的な通学区域の設定(変更)を教育委員会がせざるをえない事態が続いています。

付け焼刃の学区変更を繰り返す教育委員会は愚かですが、無理な開発行政を押し進める宮本市政・市長部局の責任も問われます。

by takashi_tanioka | 2017-08-22 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
19日~20日は、谷津・奏の杜地域で訪問活動をしました。写真は、谷津パークタウンからみた谷津・奏の杜地域です。
c0236527_06362424.jpg

c0236527_06363551.jpg

c0236527_06363051.jpg

谷津6丁目からJR津田沼駅方面を撮影。昔は庄司ヶ池があった場所です。昔は畑だった「奏の杜」の方が高台です。
c0236527_23424001.jpg

このほか、20日午前は、千葉県生活と健康を守る会連合会による国民健康保険の学習会「どうなる国保・・・国保の都道府県単位化とは?」に参加しました。保険料全体の値上げに加え、均等割の値上げは家族が多い低所得層に大打撃です。

20日午後は、地域で議会報告会をしました。6月議会の特徴のほか、国保料の値上げ、市立保育所の民営化、秋津・香澄地域の幼稚園統廃合などの市政の課題、谷津小学校のパンク、谷津南小学校のバス通学、保育所・学童保育の待機児急増、谷津干潟周辺の悪臭などの地域問題について話しました。

20日夜は「原爆の絵展」の片付けの手伝いでモリシア津田沼へ。結構忙しかった2日間でした。

by takashi_tanioka | 2017-08-20 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
18日朝、谷津干潟から若松交差点に向かう道で議会報告を配布しました。谷津干潟周辺の例年を超える悪臭はおさまりましたが、様々な住民から今年の状況の質問を受けました。


c0236527_06352749.jpg

また、赤潮以外のアオサの腐敗臭は一年間を通しての問題です。悪臭対策の強化、ていねいな住民説明など、9月議会の一般質問、10月の決算委員会などで取り上げていきたいです。
c0236527_06355790.jpg

17日~18日は、党議員団会議で9月議会の準備を進めたり、会派代表者会議の準備をしたり、生活相談を受けたりの2日間でした。

by takashi_tanioka | 2017-08-18 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
8日朝、京成谷津駅で活動報告。「谷津小学校の全面改築」をまとめた活動ニュースを配布しました。→図面など(6月23日のブログ)

その後、市役所で所用をすませ、夕方から習志野市子ども・子育て会議(平成29年度第1回)を傍聴しました。前回まで学童保育の保護者代表として出席していましたが、今回から他の保護者に交代しました。

前半は、「習志野市子ども・子育て支援事業計画の平成28年度実績評価」の協議。合わせて、こども部から「第七中学校区における市立こども園の設置」が報告されました。

秋津幼稚園と香澄幼稚園を3~5歳児の認定こども園に統廃合する行政側の計画について、住民・保護者が「白紙撤回」を求めていることが、こども部から報告されました。

このほか、住民・保護者から「秋津幼稚園は園庭が広く環境が良い」「統廃合したら、幼児は歩いて通えない」「保育所待機児が増えているので、保育所として整備してはどうか」などの意見があったことも、こども部から報告されました。

ところが、こども部は、報告の最後で「平成31年度にこども園にしたい(=統廃合したい)が、こども部の考え」と強調しました。住民・保護者の意見と真っ向から対立する結論に強引に結びつけるのは無理があります。

市立幼稚園のまま「3歳児保育」を導入すれば、減少した園児数は回復し、集団保育の規模を確保できます。しかし、その選択肢は、こども部から説明されませんでした。私立幼稚園の園児確保に過度に配慮する宮本市長の意向が反映されています。

また、既存の市立こども園において「短時間児(幼稚園児)」の定員割れが拡大していることについても報告がありませんでした。認定こども園にすれば園児数が増える訳ではありません。

委員からは「七中学区の住民にとって切実な問題。地域の人、子どもを通わせる人の意見をていねいにひろって欲しい。到着点を先に決めてしまうことのないようにして欲しい」との意見がありました。

統廃合を前提に「通園路の安全確保」「園庭の有効利用」などを求める意見もありましたが、住民・保護者へのていねいな対応を求める意見では、全体的に一致していました。

このほか、保育所や学童保育の待機児対策や民営化についての質問もありました。習志野市の保育所待機児は338人(4月時点)となりました。特に0~2歳児の待機児急増が深刻です。

後半は「子どもの生活に関する実態調査」「子ども・子育て支援事業計画の中間見直し」についての報告と協議でした。

共働き・ひとり親家庭の保護者代表として「習志野市保育所・こども園保護者会連絡会(市保連)」や「習志野市学童保育連絡協議会(市連協)」の委員が参加しています。それぞれ新しい委員でしたが、積極的に質問・要望をし、資料請求をしながら取り組む姿勢に感心しました。

c0236527_09292588.jpg

by takashi_tanioka | 2017-08-08 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
3日午前、会派代表者会議があり、一般質問の通告方法、本会議における人事案件の取り扱い、議会改革の特別委員会設置について協議し、正副議長立候補の所信表明演説会の感想を出し合いました。

昼は「スモークフリーキャラバンin千葉」「タバコ問題を考える会・千葉」の方々が来庁。習志野市議会で受動喫煙防止の質問・要望に取り組んでいる佐野正人議員(民意と歩む会)といっしょに懇談をしました。この会は、市長と市議会に「受動喫煙防止条例の制定」を陳情したいそうです。

東京で受動喫煙防止の運動に取り組んでいる友人の紹介でした。自家用車にスローガンを貼りつけて全国各地へ行っています。→写真はこちら

午後は、生活相談・地域要望の対応に追われました。習志野市民会館で開催された「柵を越えたMUSIK(ムジーク)」に行きたかったのですが、時間が無くなってしまいました。すみません。

さて、新庁舎周辺では、旧教育委員会や旧分室の解体工事が進められています。写真は「崩れゆく習志野市教育委員会」です。近年の様子をみていると、中身まで崩れているのでは?と思えますが・・・。
c0236527_10263989.jpg

新庁舎では、午前7時に新しい売店が開店しました。店舗名は「ニューヤマザキデイリーストア習志野市役所店」で、基本的にはコンビニエンスストアです。

ただし、営業時間は午前7時~午後7時で、市役所が閉庁する土日は休みだそうです。現在、開店記念セールをしています。
c0236527_10003780.jpg

by takashi_tanioka | 2017-08-03 23:40 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka