谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:議員活動( 638 )

c0236527_14005656.jpg12月議会の一般質問(平成28年12月1日)で、私は、成人した後の「大人の発達障がい」への支援について質問しました。


議会報告にまとめたところ、知人から「自分も発達障がいかもしれない」という話、他の知人から「自分の夫は、亡くなる半年前に発達障がいがあると診断された」という話を伺いました。

当事者の体験談をまとめた本が、本屋やコンビニにたくさん並ぶようになりました。少なくない人が困難を抱え、悩んだり、不安を感じたりしています。

議会質問の概要は「日本共産党習志野市議団ニュース・冬季号」に掲載しましたが、より詳しい内容を「活動ニュース」にまとめて配布しています。以下、一部を転載します。

職場で追いつめられる「大人の発達障がい」→相談・支援は?

昨年12月1日付の「広報習志野」に「発達障がい」の解説が載っています。子どもの障がいと思われてきましたが、この10年くらいで、就職や結婚をしてから、発達障がいに気づく例が知られるようになってきました。

発達障がいの特性は幼少期から現れますが、成績が良く、問題行動を起こしたりしない人ほど気づかれにくく、大人になって初めて社会不適応が明らかになり、ようやく発達障がいとわかったケースが多くみられます。

当事者のなかには、子どもの頃から「自分は他の人とどこか違う」と思い悩み、生きにくさを感じながら成長してきたため、発達障がいであることが判明して、むしろホッとしたという人が少なくありません。

一方で、職場や家庭で困難を抱え、仕事を失ったり、「二次障がい」を起こしたりした人も少なくありません。

NHK・Eテレの「ハートネットTV」のウェブページの「カキコミ板」というコーナーには「発達障害」をテーマとする多くの書き込みがあります。当事者や家族の悩みだけでなく、職場の同僚や支援者の「実は対応に困っている」という率直な意見もあって参考になります。


企業の関心も高まっています。「週刊ダイヤモンド」の2014年9月27日号の特集「増加する大人の発達障害-職場はどう向き合うか」(上の写真)では、「子どもの頃から成績優秀だったのに、仕事ではトラブル続き。その原因は『発達障害』にあった。いま、『大人の発達障害』が急増している。」という記事が書かれています。



NHKの「クローズアップ現代」でも、2013年3月13日に「“大人の発達障害” 個性を生かせる職場とは?」が放送されました。


c0236527_14012484.jpg成人してから「発達障がい」に気づいた人の相談・支援の体制

谷岡議員は、成人してから発達障がいに気づいた場合、市民の相談を受けたり、支援をしたりする体制について質問。市長は「ケースワーカーなど担当者間で連携をとりながら相談や支援を行なっている」と答弁しました。

大人の発達障がいの相談先として千葉県発達障害者支援センターがありますが、習志野市役所の相談窓口は障がい福祉課となります。

健康福祉部長の答弁によると、障がい福祉サービス利用者で「発達障がい」の診断や懸念・疑いがある人は「60人程度」とのことでした。

ただし、発達障がいは、障がい者手帳の対象にならない場合も少なくないので、水面下で悩んでいる人はかなりいると考えられます。

大人の発達障がいについて、どのように対応すればよいか、どのように当事者の能力を活かしていけばよいか、迷っている企業は少なくないでしょう。千葉県発達障害者支援センターでは、企業向けのセミナーを開催しています。

谷岡議員は「働きやすい職場づくりを支援するために、発達障害者支援センターと連携し、支援や啓発に力を入れること」を要望しました。

また、「発達障がいの人の就労で、本人と事業主の双方を支援する専門職『ジョブコーチ』の活用を市内事業者に広げること」や、「見た目ではわからない障がいを他の人に説明するための『ヘルプカード』を普及すること」も要望しました。

c0236527_15262667.jpg市役所の職場で「発達障がい」に気づいた職員のサポートは?

次に、谷岡議員は、事業所としての「習志野市役所」における職員の就労へのサポートについて質問。市長は「厚生労働省の『発達障害のある人の雇用管理マニュアル』を参考に、適切な対応に努めていく」と答弁しました。

一般就労している発達障がいの人は、見た目ではわからないため、「大学まで出ているのに仕事ができない」「怠けている」「困った人」というレッテルを貼られがちです。

同僚の職員や管理職に知識がなければ、誤った見方をしたり、合理的配慮ができなかったりし、本人の能力を生かすこともできません。

谷岡議員は、大人の発達障がいに関する職員研修をしているか質問。総務部長は「職員や管理職が困ったときの主な窓口である人事課の健康管理担当看護職は、大人の発達障がいに関する研修を受講するなど、専門知識をもって職員対応ができるよう努めている」と答弁しました。

また、同僚の職員や管理職も対応に悩むことが多々あると考えられます。その際の相談先について、総務部長は「職場の上司と人事課、産業医をはじめとする専門家と連携するなかで、職員一人ひとりの特性を理解し、その人に合った対応を図るよう努めている」と答弁しました。

「大人の発達障がい」に関する市長や部長の答弁は、模範解答のような一面がありました。一方、谷岡議員は、習志野市役所における障がい者の就労支援(ジョブコーチ導入など)が不十分であることも指摘しました。

一般論として制度解説をするだけでなく、市役所でそれを実践することが肝心です。谷岡議員は、現状の改善を強く求めました。





脳の情報処理能力のばらつきが大きいと・・・「発達障がい」の解説
by takashi_tanioka | 2017-02-25 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_15494577.jpg24日は、長男の通級指導教室の送迎の後、市役所や党事務所で3月議会の準備を進めました。

長男が抱えるディスレクシアは「学習障がい(LD)」の一種です。9月議会の一般質問(平成28年9月14日)で、私は、小中学校の通常学級における学習障がい(LD)への支援について質問しました。


半年前の議会質問ですが、議会報告(活動ニュース)にまとめた内容の一部を転載します。

学習障がい=小中学校の各クラスにいるのが当たり前→どう支援する?

ひまわり発達相談センター主催の発達支援基礎研修の公開講座(2016年)では、「ディスレクシアのすべての人が活き活きと暮らせる社会を目指して」がテーマとなりました。→こちら

ディスレクシアは、知的な遅れはないのに、読み書きに困難を示しやすい発達の障がいです。「読み書き困難」と翻訳されることもあります。

学習障がいの中心的な存在であり、英語圏では人口の10%、日本でも人口の5%~8%はいると言われています。つまり、各クラスに少なくとも1人~2人はいると推定されています。

俳優のトム・クルーズさんがディスレクシアであることは有名です。欧米ではディスレクシアが広く認知されるようになっています。

学習障がいには、読み書き困難のほか、計算や推論の困難など様々なケースがあり、全体的にみれば、各クラスに複数いると考えられます。

文部科学省の資料には、「その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定される」と書かれています。「勉強の仕方が悪い」とか、「怠けている」とか、「しつけが悪い」といったものではありません。

c0236527_15495681.jpg教育長「児童・生徒の困難さや困り感に適切に支援したい」

学習障がいを抱える子ども達への支援について谷岡議員が質問。教育長は次のように答弁しました。

各学校の通常学級では、特別な教育的支援を要する児童・生徒に対して全校的に適切な支援ができるよう設置されている校内委員会において、学習上の困難さや困り感、それに対する支援方法の検討を行ない、共通理解の上、支援の共有化を図っています。

また、個別の教育支援計画の作成をもとにして、保護者と児童・生徒の学習上の困り感などの共有に努めています。

教育委員会では、心理発達相談員の巡回相談を計画的に行ない、各学校での学習障がいの支援・助言を行なうとともに、指導主事の学校訪問においても支援・助言を行なっています。

そのほか、特別支援教育の中心となる特別支援教育コーディネーターを対象にした研修会を実施することで、正しい学習障がいの理解を深め、専門性向上を図っています。

今後の取り組みとしては、すべての教員が児童・生徒の困難さや困り感に適切に支援が行なえるよう、教員の専門性向上のために支援・指導を継続して進めていくことや研修の充実を図っていきます。

この後、谷岡議員は何点か再質問。最後に、教育長は次のように発言しました。

特別支援教育の問題については、私たち教育に携わる者も、ごく最近言葉に出たり、いろいろ学校現場に出てきた問題でありまして、・・・ ほとんどの先生が経験のない子ども達に対応しているのが現状だと思います。

これを学校の先生だけに要求しても、なかなかうまくいかないだろうと思いますので、学校でしっかり組織として、あるいは保護者の皆さんの支援をいただいたり、あるいは教育委員会、あるいは関係機関と連携をしながら、しっかりした対応をしていくことが子ども達にとっての教育だろうと思っております。

谷岡議員も「教育長に協力しながら、ともに取り組んでいきたいと思います」と述べました。

by takashi_tanioka | 2017-02-24 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
23日朝、京成大久保駅で活動報告。その後、駅の北側十字路(三井住友銀行前)とマルエツ大久保駅前店(建設中)の間の歩道の拡幅工事の現状をみました。
c0236527_13114458.jpg

歩道外側の植栽枠を取り払って歩道を広げています。歩行者の安全確保のために地元住民が陳情署名を集め、まちづくり会議を通して植栽撤去の要望を出していました。
c0236527_13113829.jpg

歩道の狭さについては、私も相談にのっていました。私自身はあまり利用しない歩道なので、植栽撤去というやり方は思いつきませんでした。さすが、地元の人はよく考えています。


by takashi_tanioka | 2017-02-23 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
21日朝、JR津田沼駅南口で活動報告。あわせて、19日から供用開始となったエスカレーターの通勤時の様子を観察してみました。
c0236527_11143459.jpg


私が想像していたよりも、エスカレーター利用者は少なかったです。従来から交番前経由で駅へ向かっていた通勤者・通学者の約半数がエスカレーターを利用しているようです。

今のところ、利用者が集中して危険という状況には至っていないようなので、少し安心しました。これからも利用状況を注視していきたいと思います。
c0236527_11143942.jpg


by takashi_tanioka | 2017-02-21 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
谷津パークタウン(谷津3丁目)における千葉県水道局の水道管入替工事。1月26日のブログで「壱番街・弐番街と谷津公園の間の市道は2月20日までに本復旧(きれいに舗装し直す)」とお知らせしましたが、延期となってしまいました。

全体的に工事が遅れているようで、現時点では「3月18日までに本復旧」となっています。ガタガタの現状は危ないので、本復旧を急いでもらいたいです。新しい動きがわかったら、お知らせします。
c0236527_11142415.jpg


もう一つ困ったのが、市庁舎の駐車場。確定申告の時期であり、20日午前は満車状態(下の写真)でした。議会開会中は自家用車で市役所へ来る議員も少なくありません。しばらくの間は心配です。

一般市民が市役所を利用する機会は多くありませんが、来庁するとなると、自家用車を使うことが少なくありません。一定の広さが必要ですが、宮本市長は旧庁舎・駐車場となっている市有地の売却等を考えています。

新庁舎側の駐車場は平置きになる予定です。将来的に駐車場が足らなくなり、立体駐車場を数億円かけて建設するくらいなら、現在の駐車場の土地を確保しておいた方が良いと思います。慎重に考えていくことが必要でしょう。
c0236527_11142956.jpg


いよいよ3月議会が始まります。20日は、一般質問など議会準備を進めたり、党内会議で意見交換をしたりでした。
by takashi_tanioka | 2017-02-20 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
16日朝、京成谷津駅で活動報告。駅利用者から、デッキに設置された街灯の電球が昨年8月から切れていると指摘されたので、市当局へ伝えてあります。

谷津4丁目と5丁目の町境の街灯。どちらの町会からも市当局へ連絡がなかったようで、半年の間、暗い状態が続いたようです。

このデッキや付帯設備は千葉県の所有だそうです。町境のうえ、県所有となると、見落とされがちになります。
c0236527_00025787.jpg

駅南口の「周辺案内図」も市管理ではありません。そのため、住居表示が変わったのに放置されており、「奏の杜」の町名や新設道路が掲載されていません。廃止された沖縄学生会館は掲載されたままです。
c0236527_00030458.jpg

谷津地域を拠点とするローズハート倶楽部による「花いっぱい事業」です。町境を越えて、デッキ上の花の世話をしてくれています。
c0236527_00031071.jpg

活動報告の後、妻といっしょに通級指導教室の保護者面談へ。他の保護者と悩みや経験の交流ができました。

昼は、党議員団会議で3月議会の準備。夕方は、次男のひまわり発達相談センター、長男のさくらんぼ教室の送迎と続きました。

17日は、長男の通級指導教室の送迎をした後、市役所へ。午後は、習志野市職員の分限免職の裁判(第2回口頭弁論)を傍聴するために、千葉地方裁判所へ向かいました。夕方は、谷津地域で訪問活動をしました。

by takashi_tanioka | 2017-02-17 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
15日朝、谷津干潟から若松交差点に向かう道で、議会報告を配布しました。冬の渡り鳥が干潟を泳いでいました。
c0236527_00020563.jpg

地域要望で漏れがちなのが、市境・町境の諸問題です。谷津3丁目からJR南船橋駅へ向かう道は、習志野市民の利用が増えていますが、習志野市と船橋市にまたがるため、問題があっても見落とされがちです。

若松交差点の横断歩道橋は、自転車の利用も多いです。ところが、国土交通省が歩道橋に設置したエレベーターは狭く、チャイルドシート付の自転車を乗せるのが困難です。

通常の自転車も斜めにしなければ入りません。自転車がこすってしまい、エレベーター内は傷だらけです。大きめの自転車でも余裕をもって利用できる形状にすべきでした。
c0236527_00023418.jpg

若松交差点からJR南船橋駅へ向かう歩道。利用者のほとんどが習志野市民のため、船橋市内ですが習志野市の予算で街灯が設置されています。夜間に明かりがついていないときがありますが、これも市当局から見落とされがちです。
c0236527_00024627.jpg

国道357号の上り下りの右折レーンが短く、渋滞の原因になっています。これも市境の問題であり、あまり話題になりません。日本共産党は予算要望で改善を求めていますが、なかなかうまくいきません。
c0236527_00025187.jpg

by takashi_tanioka | 2017-02-15 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

鷺沼台地域で訪問活動

8日朝、京成谷津駅で活動報告。その後、鷺沼台地域で地元支部といっしょに訪問活動をし、地域や市政に関する意見・要望を伺いました。

鷺沼台から藤崎にかけて高低差が大きい場所が多々あります。昇り降りの階段が整備されてきたのは良いのですが、「手すりがないと、高齢者は怖くて使いにくい」という階段もあります。
c0236527_20325401.jpg

階段によっては、すでに手すりがついています。住民要望に応じて、転落の危険がある階段に手すりや柵を設ける必要があるでしょう。
c0236527_20325948.jpg

畑の宅地化が進んでいます。鷺沼台1丁目には、サービス付き高齢者向け住宅の建築看板が立っていました。
c0236527_20330351.jpg

by takashi_tanioka | 2017-02-08 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
日本共産党は、市民アンケートや住民要望などをもとに予算要望書を作成し、毎年度提出しています。昨年9月に党習志野市委員会・市議団として「2017年度(平成29年度)予算要望書」を市長へ提出していました。

7日は、提出した予算要望について宮本泰介市長と懇談しました。日本共産党からは、入沢俊行議員、荒原ちえみ議員、そして私の3人が出席。市長のほか、政策経営部長と財政課長が同席しました。
c0236527_20324941.jpg

今回の懇談では、市長の政治判断を問う問題について意見交換をしました。取り上げたテーマは、旧庁舎跡地の売却問題、国保会計への一般会計繰り入れ、就学援助(入学準備金)の3月支給、市独自の営農支援、請願・陳情の参考意見のあり方についてでした。

旧庁舎跡地の売却問題では、日本共産党は「旧庁舎跡地は売却せず、市民参加で活用方法を考えるべき」と宮本市長に直接訴えました。

宮本市長は「財源化」を前提に「売却」または「貸付」の検討を進める意向を示しました。ただし、旧庁舎(市民課棟)を一定期間は使い続けるため、すぐに結論を出せるようでもありません。

防災拠点、生涯学習センター、高齢者施設、菊田公民館の代替施設など、跡地の活用方法について市民の間には様々な意見があります。

また、新庁舎の施設や駐車場などの面積が将来にわたって十分とは、現時点で明らかではありません。新庁舎への移転後の状況も慎重にみていくことが必要です。

市民の財産である市有地を売却してしまっては、仮に将来必要になっても、再び買い戻すことはほぼ不可能です。売却などの「財源化」先にありきの市長の考えは修正するよう今後も強く求めていきます。

by takashi_tanioka | 2017-02-07 23:40 | 議員活動 | Comments(0)
6日午後、京葉5市議会議長連絡協議会議員合同研修会がありました。講師は宮島香澄さん(日本テレビ報道局解説委員)で、テーマは「人口減少社会における女性の活躍」でした。
c0236527_20324441.jpg

国の社会保障制度改革推進会議、子ども子育て会議、産業構造審議会などの委員を歴任してきた女性です。「上から目線の話しかな?」という先入観で参加しましたが、話を聴くと、自らの妊娠・産休時の不安、夫妻それぞれ年収200万円の世帯を想定した子育て支援の話など、参考になる講演でした。

質疑応答におけるシングルマザーの女性議員の話、「農家に主婦はいない」と言う農家出身の議員の話は興味深かったです。

by takashi_tanioka | 2017-02-06 23:40 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka