谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:議員活動( 700 )

8日朝、京成谷津駅で活動報告。「谷津小学校の全面改築」をまとめた活動ニュースを配布しました。→図面など(6月23日のブログ)

その後、市役所で所用をすませ、夕方から習志野市子ども・子育て会議(平成29年度第1回)を傍聴しました。前回まで学童保育の保護者代表として出席していましたが、今回から他の保護者に交代しました。

前半は、「習志野市子ども・子育て支援事業計画の平成28年度実績評価」の協議。合わせて、こども部から「第七中学校区における市立こども園の設置」が報告されました。

秋津幼稚園と香澄幼稚園を3~5歳児の認定こども園に統廃合する行政側の計画について、住民・保護者が「白紙撤回」を求めていることが、こども部から報告されました。

このほか、住民・保護者から「秋津幼稚園は園庭が広く環境が良い」「統廃合したら、幼児は歩いて通えない」「保育所待機児が増えているので、保育所として整備してはどうか」などの意見があったことも、こども部から報告されました。

ところが、こども部は、報告の最後で「平成31年度にこども園にしたい(=統廃合したい)が、こども部の考え」と強調しました。住民・保護者の意見と真っ向から対立する結論に強引に結びつけるのは無理があります。

市立幼稚園のまま「3歳児保育」を導入すれば、減少した園児数は回復し、集団保育の規模を確保できます。しかし、その選択肢は、こども部から説明されませんでした。私立幼稚園の園児確保に過度に配慮する宮本市長の意向が反映されています。

また、既存の市立こども園において「短時間児(幼稚園児)」の定員割れが拡大していることについても報告がありませんでした。認定こども園にすれば園児数が増える訳ではありません。

委員からは「七中学区の住民にとって切実な問題。地域の人、子どもを通わせる人の意見をていねいにひろって欲しい。到着点を先に決めてしまうことのないようにして欲しい」との意見がありました。

統廃合を前提に「通園路の安全確保」「園庭の有効利用」などを求める意見もありましたが、住民・保護者へのていねいな対応を求める意見では、全体的に一致していました。

このほか、保育所や学童保育の待機児対策や民営化についての質問もありました。習志野市の保育所待機児は338人(4月時点)となりました。特に0~2歳児の待機児急増が深刻です。

後半は「子どもの生活に関する実態調査」「子ども・子育て支援事業計画の中間見直し」についての報告と協議でした。

共働き・ひとり親家庭の保護者代表として「習志野市保育所・こども園保護者会連絡会(市保連)」や「習志野市学童保育連絡協議会(市連協)」の委員が参加しています。それぞれ新しい委員でしたが、積極的に質問・要望をし、資料請求をしながら取り組む姿勢に感心しました。

c0236527_09292588.jpg

by takashi_tanioka | 2017-08-08 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
3日午前、会派代表者会議があり、一般質問の通告方法、本会議における人事案件の取り扱い、議会改革の特別委員会設置について協議し、正副議長立候補の所信表明演説会の感想を出し合いました。

昼は「スモークフリーキャラバンin千葉」「タバコ問題を考える会・千葉」の方々が来庁。習志野市議会で受動喫煙防止の質問・要望に取り組んでいる佐野正人議員(民意と歩む会)といっしょに懇談をしました。この会は、市長と市議会に「受動喫煙防止条例の制定」を陳情したいそうです。

東京で受動喫煙防止の運動に取り組んでいる友人の紹介でした。自家用車にスローガンを貼りつけて全国各地へ行っています。→写真はこちら

午後は、生活相談・地域要望の対応に追われました。習志野市民会館で開催された「柵を越えたMUSIK(ムジーク)」に行きたかったのですが、時間が無くなってしまいました。すみません。

さて、新庁舎周辺では、旧教育委員会や旧分室の解体工事が進められています。写真は「崩れゆく習志野市教育委員会」です。近年の様子をみていると、中身まで崩れているのでは?と思えますが・・・。
c0236527_10263989.jpg

新庁舎では、午前7時に新しい売店が開店しました。店舗名は「ニューヤマザキデイリーストア習志野市役所店」で、基本的にはコンビニエンスストアです。

ただし、営業時間は午前7時~午後7時で、市役所が閉庁する土日は休みだそうです。現在、開店記念セールをしています。
c0236527_10003780.jpg

by takashi_tanioka | 2017-08-03 23:40 | 議員活動 | Comments(0)
3日朝、京成大久保駅北口で活動報告。その後、マルエツ大久保駅前店跡の新店舗と高層マンションの建設現場を見に行きました。意識している訳ではありませんが、ほぼ2か月ごとに写真を撮影しています。


マルエツ新店舗は、上部構造物の外装工事に入っていました。
c0236527_08465109.jpg

c0236527_08465688.jpg

高層マンションの方は、これから上部構造物の建設が進みます。
c0236527_08470191.jpg

周辺住民への配慮からか、新店舗周辺の道路拡幅、公園整備が先に進められていました。
c0236527_08470600.jpg

公園予定地には、すでに遊具が設置されています。
c0236527_08471176.jpg

by takashi_tanioka | 2017-08-03 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
1日朝、京成谷津駅で議会報編集委員会として「ならしの市議会だより」を配布しました。関根洋幸議員、藤崎ちさこ議員がいっしょでした。

京成谷津駅改札口周辺のツバメの巣の雛たちは、巣を飛び立っていました。駅北側の谷津サンプラザ商店街の店舗の巣の雛たちも、ずいぶん大きくなっていました。→7月25日の写真
c0236527_00011044.jpg

by takashi_tanioka | 2017-08-01 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
22日~24日、「第59回自治体学校 in 千葉」に参加しました。私は約10年ぶりの参加でした。今回の全体テーマは「憲法施行70年-共同を広げ地方自治に輝きを」です。


22日は、青葉の森公園芸術文化ホールが会場。記念シンポジウム「住民参加で輝く自治体を」がありました。コーディネーターは、岡田知弘さん(京都大学教授/自治体問題研究所理事長)でした。

パネリストとして、渡辺治さん(一橋大学名誉教授)が「都議選の結果と、安倍改憲、小池都政のゆくえ」のテーマで話、中山徹さん(奈良女子大学教授)が「開発型自治体の典型・大阪維新政治」のテーマで話をしました。
c0236527_09431821.jpg

自治体学校の初日には毎回、開催都道府県の自治体から「特別報告」があります。今回の自治体学校で選ばれたのは、残念ながら習志野市ではなく、いすみ市でした。

いすみ市企画政策課の石川伸一郎さんが「千葉県いすみ市のめざす地域づくり」のテーマで、学校給食への有機米の全量活用など、市独自の地方創生の取り組みなどを報告しました。良い報告でした。
c0236527_09432374.jpg

by takashi_tanioka | 2017-07-22 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_11504144.jpg19日、議会報編集委員会が開催されました。新庁舎で初めて、かつ、委員交代後初めての議会報作成となります。

議題は、8月1日発行の議会報175号の原稿確認、議会報の駅前配布及び駅設置の分担などでした。

関根洋幸委員長から市町村議会広報研究会の報告があり、私も感想を述べました。厳しい予算制約のもと、読みやすい議会報の作成、インターネットの活用など、いろいろな課題があります。

議会報の駅頭配布は、8月1日午前7時から1時間程度、JR津田沼駅と京成谷津駅の予定(雨天中止)です。各駅ご利用の方は、どうぞお受け取りください。


さて、18日~19日は、日本共産党千葉県委員会主催の夏季地方議員研修会がありましたが、私は平和行進や議会報編集委員会があったので欠席しました。

19日午後、滋賀県の党大津市議団(5人)が習志野市役所に視察に来ました。大津市議団は「公共施設再生計画」について習志野市資産管理室から説明を受け、その後、党習志野市議団と意見交換をしました。

大津市では「習志野市をモデルにする」ことが強調されているそうです。習志野市と同様に、東洋大学PPP研究センターの関係者が後押しをしています。私からは、習志野市の計画策定・推進の問題点を話しました。

by takashi_tanioka | 2017-07-19 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
12日~14日、党議員団会議で議会報告を作成したり、無料法律相談会を開催したり、地元の党支部会議に出席したり、自宅で事務整理をしたりでした。

13日は、23日の自治体学校・分科会など各種研究会の資料集めで、谷津図書館と大久保図書館へ行きました。

習志野市は地域図書館として各館を整備してきたためか、社会科学等の文献の蔵書数が少ないように感じます。一応、目当ての文献はほぼ見つかりました。

大久保図書館に隣接する大久保公民館では、「平成29年度計量器定期検査」が実施されていました。大久保商店街などの商店を主な対象にした検査会場でした。

千葉県HPには「はかりには検定有効期間がないため、精度を確認するために2年に1度の定期検査を受けなければいけません」と掲載されていました。初めて知りました。
c0236527_09113658.jpg

このほか、次男を連れてひまわり発達相談センターへ行ったり、長男の花の木学級(特別支援学級)のお楽しみ会に行ってみたりでした。

by takashi_tanioka | 2017-07-14 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
7日、平成29年度市町村議会広報研究会が開催され、千葉県内の市町村議会の担当者が集まりました。習志野市の議会報編集委員会からも、関根洋幸委員長、私(谷岡)、事務局職員の3人が参加しました。
c0236527_06321522.jpg

私は2年ぶりの参加でした。講師は今年も芳野政明さん(議会広報サポーター)でした。テーマは「住民に読まれ、議会活動が伝わる~『議会だより』の基本と編集」でした。
c0236527_06322299.jpg

後半の「議会報クリニック」では、「佐倉市議会だより」「議会だより そでがうら」「しろい 市議会だより」「ふなばし 市議会だより」「議会だより しすい」をチェックしました。

以前にクリニックを受け、格段に良くなったのが、酒々井町議会の「議会だより しすい」です。「多色印刷になり、レイアウトもよくなった」「議決事項をていねいに伝え、各討論や一般質問はよく行われている」「トータルで見出しのつけ方が具体的で的確。レイアウトは、視覚的要素(写真など)が増えてよくなった」「住民(伝統芸能継承者など)を登場させているのがよい」など、改善努力を誉める評価が多かったです。

芳野さんの評価は厳しかったものの、私が注目したのが、袖ケ浦市議会の「議会だより そでがうら」です。議案の討論を「原案と修正案」「賛成と反対」に分類し、対比しながら討論要旨を掲載しています。議決結果については「賛否が分かれた案件」に対する各議員の賛否がわかりやすく掲載されています。各議員の一般質問にQRコードがついており、スマートフォンで個々の議員の一般質問(会議録)が読めるようになっています。

「習志野市議会は努力が足らない」と言われればそれまでですが、酒々井町議会のカラー刷り・20ページ、袖ケ浦市議会の表紙カラー・16ページには、とてもかないません。

限られた予算の範囲内では、創意工夫にも限界があります。他の市町村議会の広報が住民に読みやすく良くなっていくなか、「ならしの市議会だより」の予算増額を拒否する宮本市長への不満が高まりそうです。議会側ももっと強気に出るべきですね。

by takashi_tanioka | 2017-07-07 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
3日~4日は、主に議会報告や各種活動の原稿書き。4日朝はJR津田沼駅南口で活動報告をしました。このほか、党内会議、通院などの2日間でした。

以前から気になっているのが、新庁舎東側の駐車場の出入口です。坂道途中の丁字型の出入口で、斜め前にはハッピーバスの停留所、旧庁舎の駐車場出入口があり、自動車の流れが複雑です。

坂道上方からスピードを出して降りてくる自転車、横断歩道を利用しようとする歩行者もあり、危険に感じます。誘導する警備員の方々もたいへんです。

今後、出入口左右の旧分室の解体工事が始まるので、出入口がさらに狭くなり、見通しも悪くなるので心配です。何らかの対応策を求めたいと考えています。
c0236527_05270614.jpg

新庁舎1階の展示コーナーでは、6月議会の一般質問で要望した「歴史資料や文化財の常設展示」が始まりました。グランドフロアのフリースペースを活用した小企画展も検討しているそうです。

規模は小さいですが、近隣市では唯一、郷土資料館・歴史博物館がない習志野市としては、市民が郷土史にふれる貴重な場です。
c0236527_05271329.jpg

一般質問では「谷津貝塚の出土品」の展示も求めました。生涯学習部長の答弁は「資料によっては、空気に触れると劣化が進む金属製品など展示が難しいものもあるが、土器などを中心に機会を捉え、展示していく」というものでした。工夫しながら進めていってもらいたいです。

by takashi_tanioka | 2017-07-04 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
29日の6月議会最終日。戦争はいやだ!オール習志野行動が提出した「日本国憲法の尊重と擁護を求める陳情」、新日本婦人の会習志野支部が提出した「『国連の核兵器禁止条約交渉会議に参加し、条約実現に真剣に努力するよう日本政府に求める意見書』の採択についての請願」に、4会派・11人の議員が賛成しました。

また、「組織犯罪処罰法に新設された『共謀罪』の廃止を求める意見書」と「農業者戸別所得補償制度の復活を求める意見書」の発議案に、4会派・11人の議員が賛成しました。

4会派共同の「共謀罪廃止の意見書」は、私が提案理由を説明しました。「共謀罪」の創設に反対する緊急統一署名を流用した文案でしたが、公明党が段落ごとに「誤り」を指摘する反対討論をしました。これに対し、新社会党・無所属の会が発議案に賛成の討論をしました。

私は「核兵器禁止条約の交渉参加の請願」に賛成討論をしました。上記のいずれも賛成少数で否決となりましたが、議員総数の3分の1を超える4会派・11人がまとまって賛成したのは意義あることと思います。
c0236527_11274819.jpg

午前10時に本会議が始まり、午後3時50分頃終了。その後、議員団総会と議会報編集委員会があり、午後5時頃にすべての会議が終わりました。

本会議では、各常任委員会の委員長報告、質疑・討論の後、議案5件と請願・陳情6件を採決しました。その後、議員発議の意見書3件の提案理由の説明があり、質疑・討論・採決と続きました。

習志野市学校給食センター建替事業の「株式会社ならしのスクールランチ(三井物産系列の株式会社メフォスが中心)」との約72億円の PFI事業契約(議案29号)について、荒原ちえみ議員(日本共産党)がPFI事業の問題点を指摘する討論をしました。

自民党議員1人(都市政策研究会)も、PFI事業に反対する討論をしました。本質的な問題点を指摘する討論であり、感心しました。ただし、他の自民党議員は議案に賛成しました。


by takashi_tanioka | 2017-06-29 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka