谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:議員活動( 700 )

大久保駅前小公園の緑化

c0236527_112168.jpg

木曜日朝、京成大久保駅で活動報告と、「さようなら原発10万人集会」の宣伝をしました。

駅北側の大久保駅前小公園は、「緑地」のはずなのに、アスファルト敷きです。市議会で緑化を求めてきましたが、やっと草花・樹木の鉢が置かれるようになりました。設置に向けて調整を進めてきた市職員の方々に感謝します。

それでも、「緑地」と呼ぶには緑が足りません。これからも、公園にふさわしい緑化を進められるよう働きかけていきます。午後は、久しぶりに大久保・泉町地域で訪問活動をしました。
by takashi_tanioka | 2012-07-12 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

公共施設調査特別委員会

10日朝、JR津田沼駅南口で活動報告。午前10時から公共施設調査特別委員会、午後は党議員団会議でした。

公共施設調査特別委員会は設置から1年経ちました。9月議会(本会議)で中間報告をすることを確認し、8月にかけて文案をまとめる作業を進めることになりました。

市庁舎新館の通路のツバメの巣。雛がずいぶん大きくなりました。
c0236527_550972.jpg

by takashi_tanioka | 2012-07-10 23:59 | 議員活動 | Comments(0)
9日午前10時から、会派代表者会議がありました。

主な議題は、陳情の取り扱い基準について。一部の人の行動を口実に、すべての市民の議会陳情を制限する動きが続いています。

まず冒頭に、関桂次議長が、6月議会に提出された谷津地域の住居表示変更に関する陳情に問題があったとする発言をしたため、私は発言の撤回を求めました。

約2千人の住民・地元町会が署名を集め、ルールに従って提出した陳情です。この提出方法について、過去の会派代表者会議で議題になったことはなく、議長の勝手な発言は許されません。

議長や、議長を選出した多数会派が気に入らない陳情は、「問題ある陳情」と決めつけ、審議自体をやらない方向にもっていこうとする意図が見え隠れします。

習志野市議会は、請願(紹介議員あり)と陳情(紹介議員なし)を平等に取り扱うという民主的な伝統があります。ただし、議会内の申し合わせ事項で、「誹謗中傷と思われる内容を含む陳情」や「本市の事務・権限に属さない陳情」などは審議しないという規定があります。

従来の申し合わせで対応できるのに、関桂次議長は、申し合わせ事項に「(議長が)審議になじまないと判断するもの」は審議しないという規定をねじ込もうとしています。

何をもって「なじまない」とするのか規定しなければ、議長への「白紙委任」になってしまいます。そうなると、議長・多数会派が気に入らない陳情は「なじまない」と決めつけられ、審議されない危険があります。

請願・陳情は市民の権利です。近年では、高層マンション建設問題、ボートピア反対、保育所・幼稚園の統廃合反対などで、数百人・数千人の市民が署名集めをし、請願・陳情を提出してきました。議員が内容に反対なら、審議をして理由を述べて「反対」すればよいのです。

同一文章・主旨の大量の陳情書(のべ1000件以上)をバラバラに1枚ずつ受理を求める陳情提出があったこと、事実に反することで議員を攻撃する陳情提出があったことが、制限の口実とされています。これは、ほんの一部の人がしたことであり、議会からの働きかけで解決可能です。すべての市民の権利を奪う暴挙は許されません。

議長・多数会派の気に入らない陳情の審議を制限する提案を、関桂次議長は取り下げようとしません。市民の議会陳情が不当に制限される危険は、これからも続きます。
by takashi_tanioka | 2012-07-09 23:59 | 議員活動 | Comments(0)
28日午後、消費税廃止習志野市連絡会主催の学習会に参加しました。

テーマは「1000兆円もの借金は誰がつくった!消費税増税は、本当に社会保障のためなんですか?」で、講師は税理士の岡澤利昭さん(千葉税経新人会納税者支援部長)でした。

消費税増税の問題点はこれまでも学習してきましたが、今回の講師の話で印象に残ったのが、「日本はどうなってもよいという、無責任な税制」という言葉でした。

海外市場で儲ける大企業、格差社会で膨らんだ富裕層には減税・優遇措置。わが身は傷めず、大企業・大資産家減税による減収、ムダな公共事業等によって拡大した借金による財政危機は、庶民増税=消費税増税で穴埋めをする。これでは、日本の経済と社会はガタガタです。
c0236527_5144750.jpg

自分達さえ儲かれば、日本の未来はどうなってもよいという新自由主義路線は、日本社会をますますダメにします。日本の未来、子ども達のために、堕落した権力者達とたたかっていきましょう。
by takashi_tanioka | 2012-06-28 23:59 | 議員活動 | Comments(0)
京成津田沼駅前の旧クレストホテルで内装工事が進む「(仮称)京成津田沼駅前仮庁舎」の現地視察をしました。
c0236527_1347911.jpg

障がい福祉、介護保険、高齢者支援、葬祭扶助、生活保護、学童保育などの窓口が移転しますが、住民票、国保・年金、納税、学校教育、保育・子育て支援などの窓口、駐車場と分散することで、市民の利便性が低下します。特に、体の不自由な方、妊産婦、小さな子ども連れの方は大変です。私の6月議会の一般質問で、市長は庁舎間の巡回バスの運行を答弁しました。

また、旧ホテルの広間等を約190cmのパーテーションで区切って使用するため、職員の労働環境の悪化も心配です。日本共産党は労働安全衛生法にもとづく対応を求めています。

谷岡たかし活動ニュース参照

現地の写真はこちら
by takashi_tanioka | 2012-06-27 23:00 | 議員活動 | Comments(0)
22日は、一般会計予算特別委員会でした。

午前9時から補正予算案を審議。
①子どもの医療費助成の拡大(入院分を中学校3年生まで)
②食品による放射能内部被ばく対策
③津田沼商店街の活性化事業
④市街地液状化対策事業
の4つを追加・拡大する予算案でした。

質疑の後、日本共産党を代表して賛成討論。
復興交付金申請の失敗は批判しつつも、市街地液状化対策では、住民合意をていねいに形成しながら計画を立てようとする市当局の姿勢を評価。住民合意のもと、事業を遂行するよう要望しました。
by takashi_tanioka | 2012-06-22 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
21日朝、京成大久保駅で活動報告。活動ニュースと社会保障充実・財政危機打開の提言(ダイジェスト版)を配布しました。

その後一日、一般質問、常任委員会の緊張が解けた脱力感のなか、明日の予算特別委員会(補正予算)の準備、資料整理、マンション管理組合の会議準備などを進めました。
by takashi_tanioka | 2012-06-21 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

一般質問 6日目

19日朝、JR津田沼駅南口で活動報告をしました。
その後、午前10時から、6月議会の一般質問の6日目(最終日)でした。質問者は4名で、午後4時25頃終わりました。
佐野正人議員(みんなの党)
木村静子議員(市民の声を聞く会)
伊藤寛議員(ならしの志民の会)
平川博文議員(市民の声を聞く会)

議会中継
by takashi_tanioka | 2012-06-19 23:59 | 議員活動 | Comments(0)

一般質問 5日目

18日は、6月議会の一般質問の5日目です。
午前10時に始まり、午後4時40分頃終わりました。質問者は4名でした。
真船和子議員(公明党)
宮内一夫議員(新社会党)
木村孝議員(習志野クラブ・民主党系)
立崎誠一議員(市民の声を聞く会)

民主党の木村議員が一般質問で、谷津地域の住居表示の問題をとりあげました。審議会答申を尊重し、住居表示法の主旨を守るように求めていました。

議会中継
by takashi_tanioka | 2012-06-18 23:59 | 議員活動 | Comments(0)

一般質問 4日目

15日は、6月議会の一般質問の4日目です。
午前10時に始まり、午後4時頃終わりました。質問者は4名でした。
高橋剛弘議員(みんなの党)
市角雄幸議員(習志野クラブ・民主党系)
荒木和幸議員(真政会)
中山恭順議員(習志野クラブ・民主党系)

議会中継
by takashi_tanioka | 2012-06-15 23:59 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka