谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:県政・国政( 110 )

千葉知事選挙を終え、市民団体「新しい知事を選ぶ会.ちば」から見解が発表されました。27日からフェイスブックに流れていましたが、印刷したものをもらったので、ご紹介します。
c0236527_22114611.jpg


この見解を受け、日本共産党千葉県常任委員会も、「『選ぶ会』が合意した県政改革の政策は今回の選挙戦の諸勢力の一致点であり、わが党は、たたかいに参加した政党として誠実にその実現に全力をあげます。」「同時に、今回の知事選挙で培われた共闘の経験を発展させ、総選挙で野党と市民の共闘を実現し、安倍政権打倒のたたかいに勝利するために力をつくします。」などの見解を発表しました。

c0236527_22115093.jpg立候補表明から投票日まで40日間しかなく、日本共産党千葉県委員会の「支持」決定は告示日の前週でした。

事前に候補者の顔を見る機会、政策を訴える機会、支持者が結集する集会も少なく、本当に急な選挙でした。

政策等を知ってもらうための法定ビラも、習志野市内では、日本共産党と新社会党の受け持ちを合わせても全世帯の半分強の配布でした。基本政策はインターネットでは流されていましたが、一般的には、あまり知られていませんでした。

私自身も選挙カーに乗ったり、街頭演説やリレートークに参加したりしましたが、他党派・無党派の人達といっしょにやることの難しさを実感しました。

日本共産党も加入する「明るい会」の県知事選挙であれば、数か月前には予定候補者が決まり、党推薦も決まり、事務所開きなど選挙実務なども進んで行きますが、今回はそのようなやり方はとられませんでした。

私の周辺でも「政策がわからなかった」「スタートが遅かった」「共産党がもっと力を入れるべきだった」などの意見を聴きます。もしかしたら、昨年の段階から「日本共産党推薦」の候補者を決めていた方が得票は伸びたかもしれません。

しかし、今回の選挙結果で良しとはできませんが、今回のように市民団体による立候補表明を待ち、共同の候補者を党派を超えて応援するやり方は、今後につながる貴重な経験となります。

仲良しグループだけで行動していても、保守王国・千葉県を変えることは困難ですし、国政で安倍政権を打倒することもできません。今回の知事選挙を今後の教訓にしていきたいです。


さて、27日~29日はゆっくりしながら、体調不良の回復に努めました。党議員団会議で3月議会の総括をしたり、議会報告を執筆したり、各種整理をしたりの3日間でした。

by takashi_tanioka | 2017-03-29 23:30 | 県政・国政 | Comments(0)
25日は、千葉県知事選挙の投票日前日。朝は新聞配達の後、県知事候補・すみや信一(角谷信一)さんを応援するチラシを地域で配布しました。長男・長女もちょっと手伝ってくれました。

午後、JR津田沼駅北口に「新しい知事を選ぶ会.ちば」の宣伝カーと、すみや信一さん本人が乗車する候補者カーが2台続けて来ました。
c0236527_07060473.jpg

選挙戦の間、すみや候補の演説内容は徐々に変わっていきました。いろいろなバージョンがあるようですが、私が好きなのは「私には夢がある」のくだりです。
c0236527_06534559.jpg

この日は、介護福祉士として働く市民が応援演説をしました。千葉県の介護保険制度の問題点を指摘し、すみや候補とともに介護保険など福祉制度を改善をしていこうという訴えでした。
c0236527_06533175.jpg

私は、習志野市議会の討論で、75歳以上の高齢者の医療保険料(後期高齢者医療保険料)が高すぎることを指摘し、それを放置する現職知事を批判しました。

高すぎて滞納してしまった高齢者には、ていねいに納付相談にのることが必要です。多くの市町村は、保険証取り上げや差し押さえなどの強硬手段はとっていません。そのようななか、後期高齢者の滞納者の財産等の差し押さえ件数の県内トップは、前浦安市長でした。

高校教員として「ブラックバイト」など弱い者いじめの社会を批判し、そして強者とのたたかい方(労働法など)を授業など(著書「絶対トクする!学生バイト術-クイズに挑戦「これだけは知っておきたい」働くルール」きょういくネット)で論じてきた、すみや信一さんに「夢」の実現を期待したいです。

様々な市民団体のほか、政党では、自由党、日本共産党、緑の党・ちば、新社会党、市民ネットワークが応援。最終日は、日本共産党と市民ネットワークの市議が2台の選挙カーに乗車していました。

市民ネットワーク千葉県の共同代表のまきけいこさん(元船橋市議)と、日本共産党の丸山慎一県議が応援演説をしました。
c0236527_06533572.jpg

c0236527_06534043.jpg

民進党は自主投票ですが、田嶋要・衆院議員(党千葉県連代表)の応援メッセージが読み上げられました。このほか、生方幸夫・元衆院議員が応援演説をしたり、奥野総一郎・衆院議員や小西洋之・参院議員などからメッセージが届いたりしているそうです。

c0236527_07561604.jpg日本共産党が推薦候補を出さず、市民団体「新しい知事を選ぶ会.ちば」による候補者発表も遅かったなか、あわただしい選挙となりましたが、これまでの千葉県知事選挙にはない結びつきが広まった選挙でした。







by takashi_tanioka | 2017-03-25 23:30 | 県政・国政 | Comments(0)
c0236527_07094512.jpg22日午後、市民団体「新しい知事を選ぶ会.ちば」の千葉県知事候補 すみや信一(角谷信一)さんの選挙カーが習志野市に来ました。すみやさん本人が市内各所で街頭演説をしました。

すみや信一さんを応援する市民団体のメンバーが乗車。市民ネットワーク、民進党、新社会党、日本共産党の議員・役員も乗車したり、演説箇所に来たりしました。

市民ネットワークの大野ひろみ・佐倉市議(元県議)が司会として乗車。日本共産党の入沢俊行・習志野市議が道案内として乗車しました。

夕方から私が引き継ぎ、大久保・鷺沼台・藤崎を経由して谷津方面へ。奏の杜フォルテ前で演説をしました。「戦争はいやだ!オール習志野行動」のメンバーが応援演説をしました。
c0236527_07564459.jpg

午後7時から1時間、JR津田沼駅南口で演説。仕事・買い物帰りの人たちに支持を訴えました。新社会党の習志野市委員長も参加しました。
c0236527_07571356.jpg

「選挙で日本を変えたい市民の会・千葉(ちばレボ)」のメンバーなど、すみや信一さんを応援する勝手連が習志野市でも立ち上がりました。
c0236527_07581367.jpg

リレートークが続き、「ならしの・わの会」「日本宗教者平和協議会」などの市民が応援演説をしました。
c0236527_07574353.jpg

県政・国政の選挙の「応援演説」というと議員が引き受けることが多いのですが、今回のように現職議員の出番がないのは初めての経験です。司会・道案内などの仕事は、慣れている議員が引き受けています。

「選ぶ会」が行政区ごとに組織されていないなか、勝手連的に個人・市民団体・政党などが支持を訴えています。ウェブページでも様々な個人・団体が投稿しています。フェイスブック(FB)が多いように感じます。








by takashi_tanioka | 2017-03-22 23:40 | 県政・国政 | Comments(0)
12日午前、市民団体「新しい知事を選ぶ会.ちば」の選挙カーが習志野市に来ました。すみや信一候補は乗車せず、「選ぶ会」で運行している選挙カーです。

すみや信一さんを応援する市民団体と政党のメンバーが乗車し、市内各所で街頭演説などをしました。私が司会、丸山慎一県議が主任弁士を引き受けました。

丸山慎一県議が政策を訴え、市民団体のメンバーが応援演説をしました。今回は「習志野革新懇」と「戦争はいやだ!オール習志野行動」のメンバーが応援演説をしました。
c0236527_08281468.jpg

京成実籾駅、大久保県営住宅、NTT習志野(藤崎)、京成津田沼駅、谷津パークタウンで演説。昼は、日本共産党の荒原ちえみ議員と新社会党の藤崎ちさこ議員が乗車しました。
c0236527_08290003.jpg

午後は船橋方面へ。JR津田沼駅北口で船橋市議に引き継ぎました。日本共産党の岩井友子議員と金沢和子議員、市民ネットワークの三宅桂子議員などが街頭演説をし、乗車しました。
c0236527_08294645.jpg

すみや信一さん本人の演説は、こちらをご覧ください。


by takashi_tanioka | 2017-03-12 23:30 | 県政・国政 | Comments(0)
9日告示となった千葉県知事選挙。市民団体「新しい知事を選ぶ会.ちば」が、元高校教員のすみや信一(角谷信一)さんを候補者に擁立してたたかっています。
c0236527_08042141.jpg

昨年から様々な市民団体や個人が「新しい知事を選ぶ会.ちば」を立ち上げ、基本政策も発表してきました。なかなか候補者が決まらないなか、すみやさんが決意をしたそうです。

今回の県知事選挙で、私は初めてのことが3つあります。1つ目は、日本共産党推薦でない首長候補を応援すること。2つ目は、告示日をすぎてから候補者と初めて会ったこと。3つ目は、他党派の議員といっしょに選挙カーを運行すること。

日本共産党は、従来は「明るい会」という会に参加して首長選挙をたたかってきました。今回のように、他の市民団体を応援する選挙は、私が議員になってからは初めてです。

今回の知事選挙はどうなるのだろうと思っていましたが、告示日直前に、自由党、日本共産党、緑の党・ちば、新社会党、市民ネットワークが共に「応援」する連絡がありました。

告示日までの助走なしの選挙。急に選挙実務の手伝いや選挙カー乗車の依頼がきたりで、たいへんです。市民団体や他党派の方々との連絡・調整も神経を使います。

10日、すみや信一さんが市内各所で街頭演説。船橋側からJR津田沼駅北口に選挙カーが来ました。まずは、市民ネットワークの大野ひろみ・佐倉市議(元県議)といっしょに乗車しました。
c0236527_08041453.jpg

大野議員から私が司会を引き継ぎ、JR津田沼駅南口では、「津田沼九条の会」のメンバー(元高校教員)が応援演説をしました。すみや信一さんは演説とあわせて、反戦歌「ヒロシマの有る国で」を歌い、政策・信念を訴えました。
c0236527_08042767.jpg

京成大久保駅では、「平和だいすき九条の会」のメンバー(元小学校教員)が応援演説をしました。
c0236527_08043688.jpg

京成実籾駅では、サークル団体の代表者、「選挙で日本を変えたい市民の会・千葉(ちばレボ)」のメンバーが応援演説をしました。
c0236527_08044063.jpg

戸惑うことの多い選挙ですが、2週間がんばって応援したいです。

このほか、来週の特別会計予算特別委員会の準備を進めました。

by takashi_tanioka | 2017-03-10 23:30 | 県政・国政 | Comments(0)
20日、日本共産党第27回大会の結語が「しんぶん赤旗」に掲載されました。安保法制=戦争法の問題点を追及する記事(「駆けつけ警護」の政府資料)も一面に掲載されています。



今回の党大会決議には「野党と市民の共闘」が強く打ち出されており、大会初日の3野党・1会派の代表参加と合わせて、全国的に注目されています。

私が購読している「週刊金曜日」の1月20日号にも記事が掲載されました。「週刊金曜日」に共産党大会の記事が大きく掲載されるのは珍しいことだと思います。
c0236527_13022817.jpg

記事を書いたのは、編集部の野中大樹記者。3年半前に習志野市屋敷4丁目のパチンコ店建設問題の記事を書いてくれた記者さんです。

民進党代表代行の安住淳さんの来賓あいさつを引用しながら、今回の党大会の意義を上手にまとめた記事でした。全文は「週刊金曜日」を購入して読んでください。

この間、様々な流れの護憲派の団体・個人による日本共産党の評価が変わってきたと感じます。逆に日本共産党の党員も、流れの違う団体・個人への評価を変えてきています。

いま、日本共産党は「リスペクト運動」を提唱するようになりました。今後の共同・協力関係の広がりに期待したいですし、私も力を尽くしたいと思います。

20日は、次男を保育所に預け、長男の通級指導教室の送迎をした後、議会報告の執筆、活動ニュースの印刷、新聞の卸し・配達などでした。「なかなか疲れが抜けないな~」というなか、淡々とした一日でした。

by takashi_tanioka | 2017-01-20 23:30 | 県政・国政 | Comments(0)
東京都知事選挙の投票日が迫ってきました。

核武装を主張し、改憲右翼団体「日本会議」系議員連盟に属する候補の「優勢」が報道されるなか、護憲派である鳥越俊太郎さんを応援しようという声が強まってきました。

安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合は、7月16日に「野党統一候補・鳥越俊太郎氏と市民がつくる都政の実現へ」を発表し、19日に政策提言を行ないました。

習志野市でも、無党派の市民運動に長年取り組んできた竹川未喜男さん(三番瀬再生会議・元委員)から「鳥越支援の電話大作戦を」の呼びかけが送られてきました。了解を得て、その一部を紹介します。

改憲阻止、都政民主化、弱者救済のために

皆さまへ。東京の親戚、同窓、知人、友人に思い切って3人、5人と電話をかけようではないですか。日本会議の力を見くびってはなりません。表に出ないからです。相手はウルトラ右翼です。絶対油断はできません。

市民団体「戦争はいやだ!オール習志野行動」のブログでも、改憲右翼候補の危険性、鳥越候補への異常なネガティブキャンペーンを指摘する記事が掲載されています。

24日には、日本共産党中央委員会・東京都委員会から、声明「東京都知事選大激戦 鳥越勝利へ緊急に訴えます」が出されました。全文を掲載します。

東京都知事選挙は残すところ1週間となりました。

選挙戦は、3人の有力候補者がしのぎを削る大激戦、大接戦のまま終盤をむかえました。広範な都民のなかに鳥越俊太郎候補への期待が広がる一方、週刊誌を使った事実無根の卑劣な選挙妨害などなりふり構わぬ攻撃もおこなわれています。

今度の都知事選挙は、都民のくらしと福祉がかかっていることはもちろんですが、日本の首都のリーダーに、憲法を守る人を選ぶのか、改憲賛成の人を選ぶのかが問われています。

日本共産党、民進党、生活の党、社民党が推薦する鳥越候補は、「人権・平和・憲法を守る東京」をかかげ、改憲の流れを止めようと全力でたたかっています。

前自民党衆院議員の女性候補は、9条改悪を中心にした「自主憲法制定」を一貫して主張。「核武装の選択肢は十分ありうる」(『VOICE』2003年3月号)などと述べ、閣僚時代には靖国参拝も繰り返した超タカ派です。

元岩手県知事の候補は、憲法問題には口をつぐんでいますが、9条を壊し「国防軍」創設など危険な改憲草案を出している自民党の推薦を受けています。

鳥越都知事を誕生させることができれば、都民のくらしと福祉の願いを実現する道が開かれるとともに、安倍政権の改憲の狙いに厳しい審判をくだすことになり、日本の政治の行方に大きな影響を与えます。

最終盤にあたり、日本の政治と都政の転換をはかるこの歴史的チャンスをいかすために、全国のみなさんのさらなるご支援・ご協力を心からお願いします。

私も、26日朝に京成谷津駅で、27日朝にJR津田沼駅で、鳥越俊太郎さんの支持拡大を訴えるチラシを配布しました。
c0236527_8302965.jpg

c0236527_12483619.jpg

JR津田沼駅では、津田沼革新懇(国税OB千葉革新懇)もハンドマイクで訴え、東京通勤者へチラシを配布していました。
c0236527_8305852.jpg

各種の政策や資料が、日本共産党HPにも掲載されています。下記リンクをご覧ください。

鳥越俊太郎さんと一緒に東京を変えよう!(日本共産党HP)


「統一戦線」と「野党共闘」を考える
by takashi_tanioka | 2016-07-27 23:30 | 県政・国政 | Comments(0)
c0236527_23462314.jpg

参議院選挙の結果について、7月11日にいくつかの団体から見解が発表されました。

日本共産党からは、中央委員会常任幹部会の声明が出されました。「野党と市民の共闘は、最初の挑戦としては大きな成功をおさめました。(中略) このたたかいのなかで、他の野党や市民のみなさんとの間で新しい連帯のきずなができたことは、今後につながる大きな財産です。」と前向きの評価です。

参議院選挙の結果について-日本共産党中央委員会常任幹部会(全文)

野党共闘を働きかけた安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合は、「日本政治史上初めて、市民が主権者として連帯して野党の統一を促し、市民が政治を変える試みが実現したことの意義は大きいと思います。」との見解を発表しました。

参議院選挙の結果に関する見解-安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(全文)

国会行動や2000万人署名などの中心となった戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会は、「野党4党、市民団体、労働団体、市民連合などの選挙の具体的取組は、選挙区ごと多様であり、多くの成果と克服すべき課題は残しています。改憲勢力に3分の2を与える結果となったことをしっかりとうけとめながら、次につなげるたたかいとしていくための総括議論が求められています。」との見解を発表しました。これも重要な視点です。

参議院選挙の結果を踏まえての、闘いの決意-戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会(全文)

今後も様々な団体・個人から見解が示されるでしょう。

さて、日本共産党中央委員会は、この間、「市民(citizen)」を公式文書で多用するようになりました。しかし、このような非階級的な概念は、科学的社会主義を理論的な基礎とする日本共産党綱領では使用されていません。

党綱領では「国民」概念を使用しており、最近は「市民・国民」と公式文書に記載されることもありました。上記の声明の場合、「市民」を9回、「国民」を3回使用しており、文脈からみて別々の概念として使用しているようです。

それに対し、市民連合と総がかり行動実行委員会の見解の場合、「市民」概念しか使用していません。

党綱領にある「民主主義的な変革は、労働者、勤労市民、農漁民、中小企業家、知識人、女性、青年、学生など、独立、民主主義、平和、生活向上を求めるすべての人びとを結集した統一戦線によって、実現される。」「民主連合政府は、労働者、勤労市民、農漁民、中小企業家、知識人、女性、青年、学生など国民諸階層・諸団体の民主連合に基盤をおき、日本の真の独立の回復と民主主義的変革を実行することによって、日本の新しい進路を開く任務をもった政権である。」のどこに「市民」が位置づけられるのか。「国民=市民」という理解になるのか。整理が必要な時期だと思います。

同様に党綱領では、「憲法(constitution)」をまもることは明記されていますが、「立憲主義(constitutionalism)」の概念は使用していません。

協力・共同の運動が発展していくもと、「市民」や「立憲主義」は共通のスローガンのなかで多用されるでしょう。

これらの諸概念を、運動のなかでどのように理解し、科学的社会主義の理論(党綱領)にどのように位置づけるのか。今後、日本共産党(党員)が整理しなければならない一つの課題と、私は考えています。

のべ105票の投票用紙はどこへ?
by takashi_tanioka | 2016-07-12 23:30 | 県政・国政 | Comments(0)
c0236527_1617599.jpg10日投開票の参議院選挙では、厳しい選挙戦のもと、野党統一候補が11名当選。日本共産党は、比例代表で5名、東京選挙区で1名の当選となりました。

2016参議院選挙 日本共産党の当選者(党HP)

千葉選挙区では、残念ながら浅野ふみ子さんを参議院へ送り出すことができませんでしたが、幅広い共同のもとで選挙戦をたたかい、政策を訴えることができました。

志位和夫委員長がTwitterでコメントを出しているので、転載します。

参院選で、野党統一候補が11選挙区で勝利したことは、野党と市民の共闘の最初の挑戦として大きな成功です。

共産党は、改選議席を倍増する6議席を獲得、比例で601万票、10・7%(3年前は515万票、9・7%)を獲得、重要な前進を記録しました。

ご支持、ご支援に心から感謝します!

以上です。2014年12月の総選挙では606万票(比例代表)ですから、少し減らしましたが、多くの選挙区候補をおろした選挙戦でも、多くの支持を集めることができるという教訓を得られたのではないかと、私個人としては思います。

また、習志野市において、安保法制(戦争法)廃止の市民運動で他の野党の支持者の方々ともいっしょに動くことができたことを、私自身の貴重な経験として今後も発展させ、安倍政権による改憲策動を阻止する運動をさらに拡げていきたいです。

下記は、浅野ふみこ #ふみネェ推し隊 参院選千葉(FB)に掲載された記者会見の概要です。浅野さん個人のFBでも、今の思い(11日)を書かれています。

浅野ふみ子氏の記者会見(概要)

この選挙では何より、市民のみなさんが声を上げてきたことが大きな財産だと思います。

それは安保法制の強行や、その前から続く市民のみなさんの運動、安倍政権をストップさせたいという声です。だからもっと運動を強めてかなければいけないと思っています。

改憲を自民党は最後まで語りませんでした。何も明らかにされていないまま、選挙が終わったら改憲を進めるという策動が強まると思いますので、改憲ストップの運動を強めていきたいと思います。

経済問題も、自民党は「アベノミクスは順調だ」と言っていましたが、国民の暮らしがこれだけ痛めつけられた経済はありません。このままでは経済も社会保障もさらにひどくなるのは明らかです。市民のみなさんと一緒に転換をさせていきたいと思います。

共産党は草の根の政党です。議員や支部、後援会、そして今回、多くの市民のみなさんと運動をしてことは本当に大きな宝でした。

昨日も最後の最後までみんなと頑張りました。勝てなかったという悔いはあります。でも勝つために必要なことはみんなで意見、知恵を出し合ってきました。まずは自分たちのことも誉めながら、次のたたかいを頑張っていきたいと思います。

一緒にたたかってくれた仲間へのお礼と、これからも頑張る決意を申し上げて、挨拶とさせていただきます。

c0236527_1614783.jpg

※FBに掲載されていた記事(東京新聞)です。表題が気になりましたが、候補者の謙虚さを表現するものと理解し、内容が良かったので載せました。
by takashi_tanioka | 2016-07-11 16:00 | 県政・国政 | Comments(0)
9日、参議院選挙の投票日前日。政策チラシの残りの配布、対話を進めました。東京・表参道で行なわれた日本共産党の街頭演説会で、志位和夫委員長が最後の訴えをしました。ぜひ、お聴きください。
c0236527_1520563.jpg


志位委員長が参院選さいごの訴え(日本共産党HP)

憲法を守る一票。比例代表は日本共産党へ、千葉選挙区は浅野ふみ子さんへ!
c0236527_0153263.jpg

※11日に写真を追加しました。
by takashi_tanioka | 2016-07-09 23:40 | 県政・国政 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka