谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:地域の出来事( 110 )

4日~5日は、京成谷津駅北口の谷津サンプラザ商店会主催の「納涼風物まつり」。4日、子ども達を連れて行きました。

まずは、学童保育から帰ってきた長男といっしょに駅北口へ。昨年と違い雨模様でしたが、多くの子ども達が集まっていました。谷津小学校の管弦楽クラブの演奏を聴きました。
c0236527_12173782.jpg

その後、保育所へ長女と次男を迎えに行き、再び会場へ戻りました。多くの人が駅改札前で雨宿りしていました。気づいたら、駅舎の理髪店側にもツバメの巣がありました。
c0236527_12185346.jpg

昔は、谷津5丁目の駅近くに沖縄学生会館(学生寮)がありました。1963~2009年の46年間の歴史がありました。沖縄県が民間売却し、現在は宅地分譲が進んでいます。
c0236527_12191033.jpg

by takashi_tanioka | 2015-07-04 23:40 | 地域の出来事 | Comments(0)
26日朝はJR津田沼駅南口、27日朝は京成谷津駅で活動ニュース(議会報告など)を配布しました。

この間は、党議員団会議で6月議会の準備を進めたり、千葉県生活と健康を守る会連合会事務局と懇談(生活保護制度の改悪、貧困ビジネス、公営住宅の家賃減免など)をしたりでした。戦争参加法案を強行しようとする動きも緊迫しています。

さて、京成谷津駅のツバメの巣。今年は雛が生まれた後の写真になりました。駅北口は昨年一昨年と同じ場所に巣がつくられました。
c0236527_8225093.jpg

駅南口でも、階段下の薬局前に巣がつくられました。
c0236527_823732.jpg

駅南口のエスカレーター下の路上喫煙はまだ続いています。谷津保健病院の患者等が敷地外のベンチへ出てきて喫煙しているようですが、日中よりも夕食後の一服が多いように感じます。あらためて、改善へ向けて取り組みたいです。
by takashi_tanioka | 2015-05-27 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
23日、向山小学校と谷津小学校の運動会に来賓出席しました。

向山小学校の運動会。生徒数が約270人に増え、全学年2クラスずつとなりました。元気に応援合戦です。
c0236527_23185572.jpg

向山小学校の校門付近から見える谷津小学校。運動会の音が聞こえます。
c0236527_23192186.jpg

谷津小学校の運動会。生徒数は約950人に増えました。学年ごとの競技は、大人数に対応するための工夫をしていました。
c0236527_23193449.jpg

この日は、生活と健康を守る会習志野市準備会もありました。7月の結成総会へ向け、準備のための話し合いをしました。
by takashi_tanioka | 2015-05-23 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
17日午前、第一中学校の運動会に来賓出席しました。雨のため、一日延期しての開催。みんな元気に頑張っていました。
c0236527_1314869.jpg

都合により、私は短時間で退席しました。第一中学校も、生徒数の急増が問題となっていきます。教育環境を守るため、引き続き力を入れていきます。
by takashi_tanioka | 2015-05-17 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
9日、学童保育(谷津南児童会)の保護者会定例会と新入生歓迎会。昨年は次男が入院中でバタバタでしたが、今年はゆっくりと出席できました。
c0236527_22341115.jpg

天井には、子ども達が作った鯉のぼりを支援員さん達が吊るしてくれていました。
c0236527_22342622.jpg

妖怪ウォッチのメダルを買う買わないで、途中から長男が拗ねはじめて一苦労。機嫌が直ってからは、みんなといっしょにおやつを食べ、緑豊かな校庭で遊びました。
c0236527_22344128.jpg


9日夜は、習志野市学童保育連絡協議会(市連協)の定例会。学童祭の開催検討や、生涯学習部長との意見交換会などについてでした。

c0236527_22475190.jpg

10日は、ならしの子育ち・子育て環境の向上をめざすネットワーク(子育ち子育てネットワーク)の交流会議。今年は市連協としてではなく、個人会員としての出席です。市連協からは秋津児童会の保護者が出席していました。

習志野市保育所保護者会連絡会(市保連)からは、谷津南保育所の保護者が出席。偶然ですが、一人は次男と同じクラス(2歳児)の保護者でした。

同じく出席している保育士や学校教員と保護者とが知り合いだったりして、子育ての人の輪というのはどこかで繋がっていくのだと感じました。

上の写真は、会場(勤労会館)から見える中央公園。会議終了後、連れて行った次男といっしょに遊んで帰りました。
by takashi_tanioka | 2015-05-10 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
10日、向山幼稚園の入園式に来賓出席しました。今年の入園児は20名となり、昨年の入園式と比べると少し寂しいですが、みんな元気です。

担任の先生は2人です。個々の子どもとていねいに接するには、少人数も利点があります。

保育所には「入園式」がありませんが、4歳のお兄ちゃん・お姉ちゃんになった記念として入園式のようなものがあると、親としては気持ちが良いだろうなと思います。
c0236527_6254148.jpg

ここのところ、忙しくて余裕がなく、うまいタイミングで写真撮影ができません。向山幼稚園・小学校の校門付近の写真です。
by takashi_tanioka | 2015-04-10 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
9日、谷津南小学校の入学式に来賓出席しました。校長先生が新しく替わり、「開校30周年」と来賓に説明がありました。

今年は、奏の杜からのバス通学も始まります。2学期からの生徒増加を見すえ、新1年生は19~21人の3クラス編成となりました。

式典後半は、昨年入学した新2年生が歓迎の歌と演奏。長男もピアニカを持って入場しました。1年たつのは早いです。

長男が登校時にピアニカを持っていなかったので、「忘れたのではないか」とドキドキしながら来賓席から見ていました。

後で聞いたら、教室に置きっぱなしだったようです。きちんとピアニカの練習をしておらず、困っています。
c0236527_5573349.jpg


小中学校のトイレの洋式化
by takashi_tanioka | 2015-04-09 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
8日、第一中学校の入学式に来賓出席。昨年の入学式では道路南側のマンション建設は低層部分でしたが、今年は夏から入居が始まります。

小学校区は谷津南小学校となります。宮本市長の路線バス方式は子ども達の安全・安心を後回しにする冷たいやり方です。
c0236527_5341017.jpg

入学式では、在校生代表歓迎の言葉、新入生代表誓いの言葉ともに女子生徒でした。近年は男女の区別なく、おそらく適性・能力で登壇する生徒が選ばれているのだと思います。

PTA会長は、自らも第一中学校の卒業生。先輩として新入生に学校生活のアドバイスをしました。また、「PTA活動はたいへん」という保護者の気持ちもふまえながら、「保護者も学校生活を楽しんでもらいたい」と呼びかけたのは好感がもてました。

7日朝は京成谷津駅でしんぶん赤旗号外「安倍政権の暴走『戦争する国づくり』ストップ」の配布。このほか、各地域で活動。なかなか忙しいです。
by takashi_tanioka | 2015-04-08 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
21日、谷津南保育所の修了式に来賓出席しました。今回は、長女も在園児として出ていました。

修了するきく組さんは28名。長男の1歳下、長女の1歳上で、土曜日保育や時間外保育でいっしょだった子、乳児のときから同じ保育所だった子もいます。ゼロ歳児クラスから6年経ち、みんな立派になりました。

所長先生も退職のため、最後の修了式。きく組さんが一年間がんばったことを話していきました。所長先生には、うちの子ども達もとてもお世話になりました。長い間ありがとうございました。

来賓として、こども部長が市長の話を代読。私も紹介を受けました。お別れの言葉と歌は、いつもながらみんな元気に歌い、話していました。
c0236527_5384122.jpg

1年後は長女の修了式。赤ちゃんのつもりでいたら、あっという間に大きくなりました。
by takashi_tanioka | 2015-03-23 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
18日、谷津南小学校の卒業式に来賓出席しました。長男の保育所の送り迎えで会っていた子ども達(7年前の5歳児クラス)が、小学校卒業の年齢になりました。早いものです。

校長先生の式辞、PTA会長のあいさつは、昨年はしんみりという印象でしたが、今年は締まった感じでした。それぞれの良さがあります。卒業生と在校生による合唱は、いつもながら美しい歌声でした。
c0236527_5254168.jpg

by takashi_tanioka | 2015-03-18 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka