谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:子育て・家族( 241 )

2日夜、7月31日生まれの長男の10歳の誕生日祝いをしました。妻が買ってきたロールケーキを食べました。

昨年一昨年はデコレーションケーキでしたが、今年は妻が買ってきたロールケーキを食べました。我が家の子ども達はお菓子好きなのですが、生クリームばかりだと甘すぎるようです。今回のロールケーキは完食できました。
c0236527_08342763.jpg

今年のプレゼントは「マリオカート7」。ニンテンドー3DS専用ソフトです。長男が前倒しで欲しがったので、6月に買っていました。
c0236527_08343222.jpg

by takashi_tanioka | 2017-08-02 23:40 | 子育て・家族 | Comments(0)
小学校が夏休みに入り、長男・長女の面倒をみるのが大変です。29日午後は、長男といっしょに映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」を観ました。
c0236527_23100887.jpg

夜は、長女・次男は妻といっしょに祖父母宅へ。長男と私が自宅に帰り、テレビ放映された映画「心が叫びたがってるんだ。」(アニメーション版)をいっしょに観ました。

言葉をしゃべると腹痛を起こす主人公が携帯メールで意思疎通を図るシーンでは、画面のメールの文章を長男に読んでやらなければならず面倒でした。でも、長男はこの映画が気に入ったようで、最後まで熱心に観ていました。
c0236527_23101518.jpg

さて、夏休み中は、谷津公民館で「子ども講座」が開催されます。長男は27日の「夏の和菓子づくり」を申し込み、長女は28日の「えんぴつ立てとぺったんハンコノート」を申し込みました。

長男は当日になると「行きたくない」となり、妻と長女が付いて行きました。和菓子をつくってみたいのに、室内に入る気持ちになれないという状況でした。

結局は、材料をもらって帰り、廊下で見学していた妻と長女が自宅で長男に作り方を教えました。最後は和菓子をうまく作ることができ、満足していました。

by takashi_tanioka | 2017-07-29 23:40 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_11403196.jpg連休中、長男と長女・次男をそれぞれ映画館に連れて行き、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」を観せました。私自身は館内に入らず、送迎のみしました。

15日は、長男と友達をいっしょに送迎。長男は読み書き障がいで、映画館の案内等がうまく読めないため、友達がいっしょに館内に入ってくれると安心できます。映画の前後も仲良く遊んでいました。

17日は、長女と友達、次男、妻をいっしょに送迎。長女は小学2年生となり、日常的に遊んだり、出かけたりする友達がいると安心できます。

いつもとは違うメンバーに、次男は興奮気味でした。

映画の上映中、私は外でパソコン作業。家族全員で映画館に入る機会が少なくなるなか、うまい観させ方がみつかりました。

by takashi_tanioka | 2017-07-17 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_11194568.jpg9日、習志野市学童保育連絡協議会(市連協)と習志野市こども部の意見交換会に、谷津南児童会の保護者として出席しました。

今年度は、谷津南児童会が「意見交換会係」になったので、司会運営や会場設営などを受け持ちました。

市連協加盟の市内児童会の保護者会から、50人近くの保護者が集まりました。支援員組合の先生方がボランティアで預かり保育をしてくれたので助かりました。

学童保育(放課後児童健全育成事業)が、教育委員会(生涯学習部)から市長部局(こども部)へ移管されて初めての意見交換会です。

今回は、保護者側の要望で日曜日開催となりました。また、預かり保育の部屋も準備してもらえました。共働き・ひとり親の家庭にとって平日開催はきつかったので、こども部の配慮に感謝しています。

また、児童育成課が新設されてから、これまで以上に課長・担当職員が現場を見に来てくれるようになったと、保護者・支援員の間でも評判が良いです。

習志野市では、学童保育以外の保育・教育施設は、保育所であれば所長など、小学校であれば校長・教頭という管理職が施設ごとに配置されており、施設・設備の改善や保育・教育の課題への対応がされています。

一方で、学童保育の場合、市役所担当課に管理職1人と担当職員数人が正規職員として配置されてきただけです。現場の支援員・補助員は全員が非常勤職員であり、保育環境を改善しようにも、権限が限られています。

入会児童数が1100人を超えた現状において、学童保育を生涯学習部青少年課の一業務としてきた従来の体制が機構改革で変わり、学童保育の業務に専念できる課が分離・新設されたのは良かったです。

それでも、市内全域で実施されている学童保育を担当する正規職員が数人しか配置されていない現状のもと、担当課が隅々まで目を行き届かせるのは難しいでしょう。

ゆえに、保護者会(市連協)と担当職員が直接対話し、各児童会の施設・設備の改善のほか、様々な要望を伝えていく意見交換会は、子ども達の保育環境を守るうえでとても大切な取り組みです。

この日の意見交換会では、市連協会長のあいさつと役員紹介、こども部長のあいさつと職員紹介の後、児童育成課長から、①新年度の学童保育の事業概要、②4年生以上の待機児対策、支援員不足の解消、大規模児童会の分割、民営化の現状など懸案事項などについて説明があり、質疑応答・意見交換となりました。

出だしは質問・意見が少なかったですが、段々と各保護者会から手が上がるようになり、多くの質問・意見が出されました。今年度から子ども・子育て会議の委員(市連協代表)になった保護者も参加し、発言していました。

入会児童数が増える夏休みの対応、施設・設備の改善、今後の運営に関することなど、様々な要望が出ました。あらかじめ文章にまとめて参加した保護者会が多かったです。また、児童育成課ができてから改善が進んだ諸点について、いくつかの保護者会から担当職員に感謝の言葉がありました。

今回の意見交換会での要望もふまえ、来年度に向けた要望書づくりが始まります。要望書をもとにした次回(2学期)の意見交換会の準備も進めていきたいです。



午後は帰宅して一休み。その後、長男を連れて市川市にあるNPO法人「LD・Dyslexiaセンター」に行きました。

予約を入れてから2年近く待ったうえでの初回面接でしたが、長男が安定せず「帰りたい」と言い出したので、検査を受けられないまま終わりました。なかなか難しいです。

帰りがけ、長男が久々に散髪に行ったのが、ちょっとした救いでした。散髪を嫌がる、靴下をはかない(=靴が臭い)、風呂に入らない(スーパー銭湯は好きなのに・・・)と、夏場は特にたいへんです。

by takashi_tanioka | 2017-07-09 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_06575872.jpg8日午前、谷津南児童会(学童保育)の保護者会と、児童会室の大掃除。私と長女は、窓やロッカーの拭き掃除をしました。

夜は、習志野市学童保育連絡協議会(市連協)の定例会。保護者アンケートの実施、翌日開催されるこども部との意見交換会、千葉県学童保育連絡協議会のことなどが話し合われました。

谷津南児童会は、従来からの需要増に加え、奏の杜から通学してくる児童が増え、夏休みに向けて66人の入会児童数となりました。市が設定した定員55人に対し、11人の定員オーバーです。

長男が1年生のときの倍増です。この人数で夏休みを乗り切るのはたいへんです。支援員の先生から夏休み中の注意事項が説明されましたが、昨年以上に慎重な説明でした。保護者の協力がないと、先生方も限界があるのでしょう。
c0236527_06580482.jpg

写真は、学期中の「児童会の一日」。どの児童会(学童保育)も同様の流れでしょうが、「バス通学の約束」があるのが谷津南児童会の特徴です。

夏休み中は、午前8時~午後7時の保育となります。夏休み中の「お昼寝」の大切さなど、保護者会で支援員の先生からていねいな説明があり、勉強になりました。

by takashi_tanioka | 2017-07-08 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_21091138.jpg

24日、長男のさくらんぼ教室の日だったのですが、幕張メッセで開催中の「次世代ワールドホビーフェアー」へ行きたいと言うので、教室を休んで長女といっしょに連れて行きました。

c0236527_21094152.jpg昨年は参議院議員選挙の真っ最中でした。今年は都議会議員選挙の真っ最中です。なぜか、選挙中の開催が2年続きます。

この日は子ども達の面倒を優先させてもらいました。読み書きが困難な長男は、まだ自力で会場をまわれません。でも、今年で2回目なので、少し慣れてきました。複数のステージとブースへ行くことができました。

長男は、テレビ東京の「おはスタ」のほか、「ポケモンの家 集まる?」にもはまっています。

午後にかけて「妖怪ウォッチ&スナックワールド みんなで探検に出発だー!ステージ」「ポケんちプレゼンツ『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』スペシャルステージ」「おはスタ ワクワクパーティー」を続けて観ました。

会場には、昨年より20分早い9時過ぎに到着しましたが、すでに大行列でした。何とか30分で会場に入れましたが、各ブースやステージを観るためには、会場内で再び大行列です。

長男はゲームをしながら、長女はおにぎりを食べながら列に並びました。
c0236527_21101814.jpg

「おはスタ」のステージでは、ファミリー観覧エリアにいた子ども達に「おはトモ」カードがプレゼントされました。
c0236527_21113976.jpg

その裏にある「おはトモのこころえ」が良かったです。

おそくてもいい! さいごまでやりきったら自分をほめよう!

はじをかいてもいい! その分、キミは成長している!

すなおなことは才能だ! 笑って、怒って、泣けばいい!

たくさんワクワクしよう! それがキミの個性になる!

c0236527_21121069.jpg

ステージの終了後は「スナックワールド トレジャラーズ」のブースへ行きました。ゲーム体験の後、会場を出ました。
c0236527_21111003.jpg

その後、次男を預けていた祖父母宅へ。夕方は、長男は祖父母宅で従兄と遊び、長女と次男をイオンモール幕張新都心へ連れて行きました。留守番をしていた次男は運動不足。ダンボールの遊具に大はしゃぎでした。
c0236527_21123911.jpg

一日中、子ども達を連れ歩き、ヘトヘトになりました。夜は少し脱水症気味となり、ぐったりしていました。

by takashi_tanioka | 2017-06-24 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
29日、小学校の運動会の代休を利用して、家族5人で東京ディズニーシーへ行きました。
c0236527_04475746.jpg

年明けから、長女と「ディズニーランドへ行く」と約束をしていました。ディズニーランドは2年前に行ったことがあるため、子ども達と相談して、今回はディズニーシーにしました。

朝、市役所で所用をすませてから帰宅し、家族そろって出発しました。「平日だから空いているだろう」と油断していたら、到着した時点でお客さんが一杯。人気のあるアトラクションは、午前中でファストパスの発券が終わっていました。
c0236527_09455609.jpg

我が家で行ったアトラクションの待ち時間は、最長で1時間半でした。私が列に並び、妻が子ども達を別に遊ばせるというパターンが多かったです。

ディズニーランドへ行ったときは「大きな遊園地」と感じましたが、ディズニーシーは「構造物を観て楽しむ」という要素もあるように感じました。アトラクション以外に小さな子ども達が遊べる場所があり、助かりました。
c0236527_09462623.jpg

結局、出足が遅れた分、遅くまでいることになり、午後10時の閉園ギリギリまでいました。疲れました。

by takashi_tanioka | 2017-05-29 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_07174389.jpgc0236527_07181330.jpg27日、谷津南小学校の運動会に参加。少しだけ来賓席に座り、それ以外は保護者として参加しました。

昨年に続き、兄・妹そろってリレーの選手になりました。今年は二人とも赤組。長女は1~3年生の紅白リレー、長男は4~6年の紅白リレーでした。

私も競技に参加。PTAの「みんな なかよく みらくるつなひき!」に出ました。後で筋肉痛になりました。

今年は双眼鏡が大活躍。みんな同じ体操服に紅白帽です。競技になると、近眼の私は、子ども達がどこに並んでいるかわからなくなり、シャッターチャンスを逃すことが多々あります。

そこで、昨年購入した双眼鏡を持って運動会へ。おかげでグラウンドの隅々までくっきり見え、子ども達の位置・走る順番がわかりました。

朝の新聞配達のとき、小学校前を通ったら、午前6時前から保護者席の場所取りの行列ができていました。みなさん熱心です。

我が家は遅れてテントを持っていき、隅の方に場所を取りました。連れて行った次男は、半分くらいテントで遊んでいました。一人で遊べるようになったので、少し楽になりました。

by takashi_tanioka | 2017-05-27 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
5月21日のNHKスペシャルで「発達障害~解明される未知の世界~」が放送されました。習志野市役所の職員研修(特に管理職)でも活用してもらいたい内容でした。

生放送のため、再放送があるかわかりません。私は録画で翌日視ました。詳しくは、番組ウェブページをご覧ください。→こちら

c0236527_08010764.jpg

イラスト入りの説明です。著作権の関係があるので転載しません。直接ご覧ください。

発達障がいの理解を深めるうえで良い番組と思いました。特に良かったのが、スタジオに登場した人達全員が「大人」だったことです。

予告編などでは子どもが登場していましたが、番組で発言したのは「大人」の当事者ばかりでした。現役のサラリーマンや研究者、教員などが当事者として登場しました。

EメールやFAXで6700通を超える投稿があったそうです。当事者の投稿の一部が番組で紹介されましたが、単に「個性」ですませられないケースがあること、かわいそう的な対応には問題があることなど、視聴者が考えを深めるのに役立つ投稿がいくつもありました。

知的障がいをともなう発達障がいは、かなり知られるようになってきました。ところが、知的障がいのない発達障がいはわかりにくく、障がい者支援を続けてきた人達の間でも十分知られていません。

私の周辺でも、知的障がい児の支援を長年続けてきた人が「発達障がいは成長とともに軽くなる」と誤解していたケースがありました。「大人の発達障がい」が広く認知されるようになったのは最近のことです。

理解を深めるために、多くの人に視てもらいたい番組でしたが、心配なこともありました。

脳がつかさどる情報処理能力のばらつきが大きいのが発達障がいです。ばらつきは人によって違いますから、症状も人によって違います。星の数ほどのケースがあるでしょう。

番組で紹介された症状がすべてではありません。まったく違う傾向の人もいますから、この番組だけ視て「これこそ『発達障がい』」とステレオタイプ的な誤解が生じないか心配でした。

しかし、番組終了後に調べてみたら、NHKが「発達障害プロジェクト」に1年かけて取り組んでいく予定であることを知りました。様々なケースが紹介され、当事者の生の姿が伝わっていくことを期待しています。


c0236527_07491392.jpg

近年の安倍政権賛美のNHKの報道番組にはがっかりさせられることが多いですが、良い番組もあります。現場職員の良識を応援していきたいです。



〔追記〕地球ドラマチック「海辺のフォックスホテル~ちょっと特別な若者たちの日々~」
by takashi_tanioka | 2017-05-22 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
21日、習志野市保育所・こども園保護者会連絡会(市保連)の総会が開催されました。4年ぶりに役員(谷津南保育所)を引き受け、出席しました。

この間、市立こども園(長時間児)の保護者会も市保連に加わり、名称が変更されていました(略称は従来通り)。総会では、国会議員秘書が来賓あいさつ。市長のメッセージも読み上げられました。

新旧役員が会場一杯に集まっており、総会後は、てきぱきと引き継ぎ会議が進められました。

引き継ぎや年間スケジュールなど、資料・データなどが4年前と比べてずいぶんと整理されており、驚きました。パソコンやEメール、ラインなどを効率的に利用する若いお母さん方にはかないません。

市保連の総会・定例会の会場は、4年前と同じく、谷津公民館です。公民館というと「高齢者ばかり」という烙印を押す人もいますが、習志野市の公民館は各館に「こどもの部屋」があり、保護者会の会議等でも利用しています。
c0236527_11210273.jpg

午後は、習志野市党の支部代表者会議(活動計画の確認、市委員の選挙)に出席。その後、別の会議があり、午後6時半まで会議が続いた一日でした。

by takashi_tanioka | 2017-05-21 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka