谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:子育て・家族( 247 )

27日、長野県坂城町での2日目。午前は、農業委員をしている友人といっしょに、耕作放棄地が多い山の上を見に行きました。合わせて、山間の沢にも行きました。
c0236527_11064962.jpg

c0236527_11072214.jpg

標高の高い畑で作付けをしている農家もありました。その人は山の麓にも畑をもっており、標高差を利用して作物を分けたり、作付けの時期を分けたりの工夫をしているそうです。山道なので登るのがたいへんでした。
c0236527_11072638.jpg

山道を越えて、隣りの真田町の方にも行きました。友人が以前務めていた障がい者施設の小規模作業所跡にも行ってみました。味噌づくりをしていたそうですが、現在は廃屋となっています。
c0236527_11073126.jpg

午後は、近所の農家のひまわり畑の収穫を手伝いました。ひまわり油(食用油)をつくるための種の収穫です。
c0236527_11073644.jpg

油をとるだけあって、ベトベトしていました。「これが食用油になる」と実感できる農作業でした。
c0236527_11074118.jpg

c0236527_11075096.jpg

普段はものぐさな長男も進んで手伝っていました。収穫したひまわりを軽トラックで運び、積み下ろしも手伝っていました。
c0236527_11074692.jpg

このほか、収穫したりんごを納品するために「さかき地場産・直売所」にも、子ども達といっしょに連れて行ってもらいました。
c0236527_11075514.jpg

by takashi_tanioka | 2017-08-27 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
8月最後の週末、長野県坂城町で農家をしている友人(大学の同級生)の家へ家族で行きました。ゴールデンウィークのとき、久々に訪れたところ、子ども達が気に入ったようだったので、夏もお邪魔しました。


坂城町へ向かう途中、上信越自動車道の佐久平PAにある「佐久平ハイウェイオアシス『パラダ』」に寄りました。
c0236527_10461905.jpg

ジャンボエスカレーターで高台へ昇っていきます。
c0236527_10472166.jpg

アトラクションで遊べて、子ども達は大喜びでした。
c0236527_10465979.jpg

c0236527_10471690.jpg

次男(4歳)は、芝そりを初めて一人で滑りました。
c0236527_10470469.jpg

坂城町に到着後、町の温泉施設「びんぐし湯さん館」で入浴。山の上から千曲川や町並みを観ることができます。
c0236527_10475361.jpg

坂城は「村上義清の生誕の地」だそうです。武田晴信(信玄)と戦った武将です。
c0236527_10475785.jpg

夜は、バーベキューに花火。習志野市の街中では、このように火は使えませんね。
c0236527_10480355.jpg

by takashi_tanioka | 2017-08-26 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_07515067.jpg17日、習志野市保育所・こども園保護者会連絡会(市保連)の要望書の提出に保護者(谷津南保育所)として参加しました。

市保連は、保育所やこども園(長時間児)の保護者を代表して、保護者アンケートに基づいた要望書を市長へ毎年提出しています。私は4年ぶりの参加であり、要望書の作成・提出の時期が早くなっていたのは驚きました。

病児・病後児保育の拡充、紙オムツの処理、午睡用寝具の整備など、日々の保育に関する要望がうまくまとめられていました。

案文を検討する定例会のときも、要望書担当の保護者の報告を聴いたり、加筆修正を要望する保護者の話を聴いたりして、その熱心さに感心していました。

要望がなかなか実現しない、あるいは納得いく回答が返ってこないなどのことから、昨年度と同様の要望が繰り返されている項目も少なくありません。

また、300人を超えた保育所待機児の対策、新設の菊田みのり保育園に関する保護者説明、大久保こども園の建設、秋津・香澄地域のこども園計画の前倒し、保護者会への対応のあり方など、現在進行形の諸問題も要望されました。

4年前に建設中・計画中だった施設等が運営を開始しています。保護者会側が「保育の質」を守ることを強く要望して実った部分もありますし、心配していた課題が表出してきた部分もあります。行政側が無反省のまま推進されるこども園統廃合には、引き続き注意が必要と感じました。



今回対応したのがこども保育課だけで、市長や部長の出席がなくなったのはがっかりしました。習志野市HPをみると、習志野市PTA連絡協議会(新旧会長会)では宮本市長が出席してあいさつしているようです。PTAと保護者会とで差別的な扱いが仮にあるのだとしたら、問題ですね。



長女の誕生日プレゼント-今年はアイカツスターズ!
by takashi_tanioka | 2017-08-17 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
16日、幕張メッセで開催中の「ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ」へ、家族5人に甥も加え、総勢6人で行きました。

c0236527_22532383.jpg

今回の「ギガ恐竜展」は、復元に力が入れられていました。ロボットで恐竜の動きを復元した展示もいくつかありました。迫力がありました。
c0236527_22532922.jpg

入口付近に展示されていた「恐竜博士」です。福井県立恐竜博物館からやってきたそうです。次男が膝に乗っていました。
c0236527_22533582.jpg

恐竜に羽毛があったことが知られてきました。従来は羽毛無しで復元されてきたペレカニミムス(白亜紀前期)は、現在では羽毛をつけて復元されています。両者を並べて展示してあり、興味深かったです。
c0236527_22533935.jpg

c0236527_22534388.jpg

2年前の「メガ恐竜展」もおもしろかったですが、その後も、恐竜を含めた進化の研究が急速に進んでおり、わくわくします。私が子どものときの知識とは大きく違ってきています。



人類の進化の歴史
by takashi_tanioka | 2017-08-16 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)

墓参りと航空科学博物館

11日の「山の日」は、午前は党議員団会議、午後は党支部会議でした。妻は早番出勤だったので、私が子ども達を遊ばせながらの会議出席でした。

13日は、家族5人で墓参りに行きました。子ども達が墓を掃除してくれました。
c0236527_07180819.jpg

墓参りの後、航空科学博物館へ行きました。だいたい1年半ごとに行っています。展示されている飛行機の操縦席に座れるので、長男と次男はあまり飽きないようです。
c0236527_07181435.jpg

人力飛行機の体験コーナーがありました。最近はゲーム機の遊び中心となった長男も、このようなコーナーは好きで、何回もペダルをこいでいました。
c0236527_07181886.jpg

航空科学博物館は、成田国際空港のA滑走路の近くです。着陸する飛行機が大きく見えます。
c0236527_07182408.jpg

by takashi_tanioka | 2017-08-13 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
小学校の夏休みが折り返し地点にきました。9日午後から、家族5人でスーパー銭湯「浦安万華郷」へ行きました。

風呂というよりも、プールの代わりに行っている感じです。最近は出かけることが少ない長男も楽しんでおり、良かったです。

途中、マクドナルドでミニオンのハッピーセットを購入。次男は大喜びでした。
c0236527_06301165.jpg

右手中指の爪を怪我していた長女。風呂に入っていたら、長女が「たいへん、たいへん!」と言ってきたので、見てみたら、古い爪がはがれ落ちていました。下に新しい爪が生えており、大丈夫でした。
c0236527_06304182.jpg

翌日は、夕方に次男をひまわり発達相談センターに連れて行った後、買い物をして帰宅。9日に?歳になった妻の誕生日祝いをしました。子ども達が「ぱっぴばすでー カッカー♪」と歌っていました。
c0236527_06311146.jpg

この間、次男が言うことを聞かない場面が増え、クタクタです。第一次反抗期のようですが、もともとハイテンションになりやすい体質なので、反抗の仕方が長男・長女のときよりも激しいです。

多くの育児書に「『わがまま、反抗=悪いことではない』という意識をもつ」「子どもがやりたいようにやらせてやる」など書かれていますが、周囲から迷惑がられると、こちらも気を使います。

特に夏休み中は、長男・長女とも接する時間が長く、毎年たいへんです。子ども達の成長にともない、そのたいへんさが年によって変化する(=毎年が初めての経験)ので、疲れます。

by takashi_tanioka | 2017-08-10 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
2日夜、7月31日生まれの長男の10歳の誕生日祝いをしました。妻が買ってきたロールケーキを食べました。

昨年一昨年はデコレーションケーキでしたが、今年は妻が買ってきたロールケーキを食べました。我が家の子ども達はお菓子好きなのですが、生クリームばかりだと甘すぎるようです。今回のロールケーキは完食できました。
c0236527_08342763.jpg

今年のプレゼントは「マリオカート7」。ニンテンドー3DS専用ソフトです。長男が前倒しで欲しがったので、6月に買っていました。
c0236527_08343222.jpg

by takashi_tanioka | 2017-08-02 23:40 | 子育て・家族 | Comments(0)
小学校が夏休みに入り、長男・長女の面倒をみるのが大変です。29日午後は、長男といっしょに映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」を観ました。
c0236527_23100887.jpg

夜は、長女・次男は妻といっしょに祖父母宅へ。長男と私が自宅に帰り、テレビ放映された映画「心が叫びたがってるんだ。」(アニメーション版)をいっしょに観ました。

言葉をしゃべると腹痛を起こす主人公が携帯メールで意思疎通を図るシーンでは、画面のメールの文章を長男に読んでやらなければならず面倒でした。でも、長男はこの映画が気に入ったようで、最後まで熱心に観ていました。
c0236527_23101518.jpg

さて、夏休み中は、谷津公民館で「子ども講座」が開催されます。長男は27日の「夏の和菓子づくり」を申し込み、長女は28日の「えんぴつ立てとぺったんハンコノート」を申し込みました。

長男は当日になると「行きたくない」となり、妻と長女が付いて行きました。和菓子をつくってみたいのに、室内に入る気持ちになれないという状況でした。

結局は、材料をもらって帰り、廊下で見学していた妻と長女が自宅で長男に作り方を教えました。最後は和菓子をうまく作ることができ、満足していました。

by takashi_tanioka | 2017-07-29 23:40 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_11403196.jpg連休中、長男と長女・次男をそれぞれ映画館に連れて行き、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」を観せました。私自身は館内に入らず、送迎のみしました。

15日は、長男と友達をいっしょに送迎。長男は読み書き障がいで、映画館の案内等がうまく読めないため、友達がいっしょに館内に入ってくれると安心できます。映画の前後も仲良く遊んでいました。

17日は、長女と友達、次男、妻をいっしょに送迎。長女は小学2年生となり、日常的に遊んだり、出かけたりする友達がいると安心できます。

いつもとは違うメンバーに、次男は興奮気味でした。

映画の上映中、私は外でパソコン作業。家族全員で映画館に入る機会が少なくなるなか、うまい観させ方がみつかりました。

by takashi_tanioka | 2017-07-17 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_11194568.jpg9日、習志野市学童保育連絡協議会(市連協)と習志野市こども部の意見交換会に、谷津南児童会の保護者として出席しました。

今年度は、谷津南児童会が「意見交換会係」になったので、司会運営や会場設営などを受け持ちました。

市連協加盟の市内児童会の保護者会から、50人近くの保護者が集まりました。支援員組合の先生方がボランティアで預かり保育をしてくれたので助かりました。

学童保育(放課後児童健全育成事業)が、教育委員会(生涯学習部)から市長部局(こども部)へ移管されて初めての意見交換会です。

今回は、保護者側の要望で日曜日開催となりました。また、預かり保育の部屋も準備してもらえました。共働き・ひとり親の家庭にとって平日開催はきつかったので、こども部の配慮に感謝しています。

また、児童育成課が新設されてから、これまで以上に課長・担当職員が現場を見に来てくれるようになったと、保護者・支援員の間でも評判が良いです。

習志野市では、学童保育以外の保育・教育施設は、保育所であれば所長など、小学校であれば校長・教頭という管理職が施設ごとに配置されており、施設・設備の改善や保育・教育の課題への対応がされています。

一方で、学童保育の場合、市役所担当課に管理職1人と担当職員数人が正規職員として配置されてきただけです。現場の支援員・補助員は全員が非常勤職員であり、保育環境を改善しようにも、権限が限られています。

入会児童数が1100人を超えた現状において、学童保育を生涯学習部青少年課の一業務としてきた従来の体制が機構改革で変わり、学童保育の業務に専念できる課が分離・新設されたのは良かったです。

それでも、市内全域で実施されている学童保育を担当する正規職員が数人しか配置されていない現状のもと、担当課が隅々まで目を行き届かせるのは難しいでしょう。

ゆえに、保護者会(市連協)と担当職員が直接対話し、各児童会の施設・設備の改善のほか、様々な要望を伝えていく意見交換会は、子ども達の保育環境を守るうえでとても大切な取り組みです。

この日の意見交換会では、市連協会長のあいさつと役員紹介、こども部長のあいさつと職員紹介の後、児童育成課長から、①新年度の学童保育の事業概要、②4年生以上の待機児対策、支援員不足の解消、大規模児童会の分割、民営化の現状など懸案事項などについて説明があり、質疑応答・意見交換となりました。

出だしは質問・意見が少なかったですが、段々と各保護者会から手が上がるようになり、多くの質問・意見が出されました。今年度から子ども・子育て会議の委員(市連協代表)になった保護者も参加し、発言していました。

入会児童数が増える夏休みの対応、施設・設備の改善、今後の運営に関することなど、様々な要望が出ました。あらかじめ文章にまとめて参加した保護者会が多かったです。また、児童育成課ができてから改善が進んだ諸点について、いくつかの保護者会から担当職員に感謝の言葉がありました。

今回の意見交換会での要望もふまえ、来年度に向けた要望書づくりが始まります。要望書をもとにした次回(2学期)の意見交換会の準備も進めていきたいです。



午後は帰宅して一休み。その後、長男を連れて市川市にあるNPO法人「LD・Dyslexiaセンター」に行きました。

予約を入れてから2年近く待ったうえでの初回面接でしたが、長男が安定せず「帰りたい」と言い出したので、検査を受けられないまま終わりました。なかなか難しいです。

帰りがけ、長男が久々に散髪に行ったのが、ちょっとした救いでした。散髪を嫌がる、靴下をはかない(=靴が臭い)、風呂に入らない(スーパー銭湯は好きなのに・・・)と、夏場は特にたいへんです。

by takashi_tanioka | 2017-07-09 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka