谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

30日昼、向山小学校の「こぶしっ子まつり」へ行きました。小学校・幼稚園の1階や校庭・園庭、体育館で、保護者中心に頑張っていました。地域の子どもや子育て世代がたくさん集まっていました。
c0236527_14301135.jpg

c0236527_14303387.jpg


途中から、子どもや妻と合流。まずは、長男・長女がお化け屋敷へ。その後、長男は緑の多い校庭で遊びまくっていました。長女は体育館でゲームやくじ引きでした。
c0236527_14305586.jpg

c0236527_14313344.jpg

公共施設再生計画素案では廃校案が説明されていましたが、谷津小学校のパンク問題により、多少の変更があるかもしれません。

それでも、子育て・教育の環境よりも、機械的な統廃合を優先する行政当局の方向性が変わった訳ではありません。次世代のことまで含め、住民自らが地域の将来像を考えていかないと、機械的な廃校となってしまうでしょう。
by takashi_tanioka | 2013-11-30 23:40 | 地域の出来事 | Comments(0)
30日、午前は谷津・奏の杜地域で訪問活動、午後は地域の党支部の総会でした。地域訪問では、秘密保護法反対(国会に提出)や、国保料引き下げ・住宅リフォーム助成(市長に提出)の署名にも協力してもらいました。

下の写真は、向山小学校の東側から奏の杜・モリシア・千葉工業大学方面を撮影したものです。小学校近くを通ったときに撮影しました。
c0236527_13454731.jpg

谷津小学校パンク対策の2巡目の説明会では、モリシア南側に計画されている「仲よし幼稚園跡地活用事業750世帯」の通学区域だけを向山小学校へ変更するという説明でした。
c0236527_13461341.jpg

「踏切を通らない通学路にする」と市担当者は説明。代わりの通学路は、下の写真奥(踏切から撮影)に見える「マロニエ通り」の跨線橋です。そこまで大回りに迂回させる通学路に子ども達をうまく誘導できるでしょうか。
c0236527_13463931.jpg

今年の3月議会では、無謀な開発計画に賛成してきた議員達が、教育委員会をスケープゴートにして騒ぐのを目の当たりにしました。問題が起こったら、責任を他者に転嫁し、正義の味方ヅラをするのはみっともないです。

仲よし幼稚園跡地のマンション建設、飛び地の通学区域の設定を行政が率先して推進(市有地売却)するのも、賛成議員は「後で問題が起これば、誰かに責任を取らせればよい」という程度で考えているのかもしれません。嘆かわしいことです。

行政の計画・施策をチェックし、問題があれば変更・中止させるのが議員の仕事でしょう。市長・官僚・有力者に追随し、問題が起こると他人のせいとするのであれば、情けない態度です。
by takashi_tanioka | 2013-11-30 23:30 | 谷津・奏の杜の学校問題 | Comments(0)
c0236527_7544586.jpg29日、日本国民救援会習志野支部の第14回大会に出席。千葉県本部会長の鷲尾清さんを講師に「秘密保護法案の危険な本質とその狙い」をテーマにした学習会もあり、平日日中の開催でしたが、昨年より多くの人が集まりました。

何が「特定秘密」にされるかは、事実上、政府官僚任せになります。習志野市でも、自衛隊習志野演習場の騒音調査・対策に取り組む市職員、危険な火薬庫やパトリオット配備の調査・追及に取り組む市民が取締りの対象になる恐れもあります。

衆議院の強行採決への国民の抗議が連日寄せられる国会では、参議院で審議が開始。そのなか、参議院本会議で「国民を代表し、巨大な行政権力・官僚機構に断固として迫ってこそ、国会議員ではありませんか」と訴えた、仁比聡平議員の質問が注目を集めているそうです。

議場圧した仁比質問・参議院本会議(日本共産党HP)

衆議院における論戦をふまえ、参議院ではさらに問題の本質を突く質問がされているようです。まあ、そうでなければ、参議院(二院制)の存在意義がありません。

井上哲士議員は、国家安全保障特別委員会における質問で、外務省が核兵器持ち込みの日米密約を国民に隠し続けてきたことを指摘し、「秘密保護法案で政府の秘密体質がいっそう拡大するだけ」と批判。これもわかりやすい批判です。

秘密体質いっそう拡大・日米密約隠した政府を批判(日本共産党HP)

衆議院の強行採決の後も、反対の世論は広がっており、ノーベル賞受賞者の益川敏英・白川英樹両氏を含む著名な学者が廃案を求める声明を発表しました。自民党・公明党が世論を無視し、参議院でも強行採決を繰り返すなら、もはや彼らに国民の代表としての資格はないと言えるでしょう。
by takashi_tanioka | 2013-11-29 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)

冬場の新聞配達

c0236527_7161063.jpg

冬場は、日の出前からの日刊紙配達となります。寒いですが、夏場に比べると空気が澄んでいるのが良く、6時頃になると日光が差してきてきれいです。

29日~30日は、会議・調査が中心。12月議会の議案質疑や一般質問の準備を進めました。また、来年1月の党大会へ向けた時期であり、市内2地域の党支部の総会(代議員選出など)に同席しました。
by takashi_tanioka | 2013-11-28 23:30 | ひとりごと | Comments(0)
c0236527_8495980.jpg

谷津小学校などのパンク対策の説明会が11月26日から始まりました。26日の説明会に、市川寿子議員といっしょに参加しました。

教育委員会事務局が説明。市長部局から異動した事務職員ばかりで、教育内容・環境に関する専門的な回答は期待できません。教員出身の教育長や学校教育部長は逃げてしまったようです。このほか、都市整備部、こども部の職員も同席していました。

対策案は「仲よし幼稚園跡地活用事業750世帯を除き、通学区域の変更は行わない」とする2案。1年後の市長選挙を見すえ、宮本泰介市長の苦しまぎれの対策案とみえます。市役所HPに説明資料がアップされています。

JR津田沼駅南口特定土地区画整理事業の進展に伴う児童増加への対応について(市役所HP)

「通学区域の変更は行わない」としたのは、9月上旬~11月中旬に実施されたアンケート結果で、「学区変更はしないほうが良い」が40.5%、「高学年分離をするよりは良い」が22.8%、「谷津幼稚園を移転するよりは良い」が2.1%、「学区変更したほうが良い」が24.9%となったのを理由としているようです。

(案1)56学級の規模による学校運営と施設の更新
c0236527_8212215.jpg


(案2)高学年分離による学校運営と施設の更新
c0236527_8231319.jpg


「学区変更なし」を優先的に考えている住民には一定の評価をされる対策案かもしれませんが、子ども達の教育環境を考えると問題のある対策案です。今日の段階では、次の問題があると、私は考えています。

1.36~56学級の小学校で良いのか。
「案2よりは案1の方が良いでしょう?」と市当局は誘導したいのでしょうが、案1の56学級の小学校は、習志野市では前代未聞の大規模つめ込みとなります。

また、全面改築後の新築校舎は36学級を予定。これでも大規模つめ込みです。学童保育の増加にも対応しなければなりませんし、課外活動(クラブ活動など)にも多大な影響が出ます。

学校給食は、従来の自校方式では対応できなくなるので、「学校給食センター校方式への転換検討」とされています。

学校教育法施行規則の41条は、「小学校の学級数は、12学級以上18学級以下を標準とする」としています。

習志野市の学校施設再生計画策定に関する提言書は、袖ケ浦・秋津・香澄地域の小中学校統廃合を提唱していますが、それでも学校規模を「24学級」までとしています。

「昔は60学級の小学校もあった」と言う高齢者もいますが、それで教育環境が良かったわけではありません。説明会場でも、子育て世代からは批判の声がありました。

また、区画整理区域内の生産緑地・集合農地の宅地転用が進むなか、当初の事業計画の7千人で納まるのか、児童数がさらに増加するのではないかなど、さらなる検証も必要です。

2.近隣公園のグラウンド利用、プール廃止に問題はないのか。
案1は、「谷津近隣公園の一部をグラウンドとして借用」「プールの廃止検討」としています。

私は「56学級の体育の授業時間は年間何時間か。公園借用ですべて対応できるのか」「放課後や土日のクラブ活動で近隣公園は利用できるのか」「56学級のプール授業を受け入れる民間施設はあるのか」など質問。市川議員は「学童保育の児童の運動(公園利用)」について質問しました。

市担当者は「現在でもグラウンドを3クラスで分けて使用する時間帯がある」「移動時間や安全に課題はある」といったことを説明しましたが、公園借用・プール廃止の具体像は明らかにされませんでした。「決めてから考える」という無責任状態です。

保護者からは、「業間休みをどうするのか」「運動会が困難になる」といった意見が出ました。谷津近隣公園の実施設計図を転載します。
c0236527_2128412.jpg


3.仲よし幼稚園跡地750世帯の通学区だけ別扱いで良いのか。
既存の谷津小学校区の保護者・住民は、「仲よし幼稚園跡地活用事業750世帯を除く」は当然と考えるでしょう。

しかし、その750世帯の子ども達の環境・安全を考えると、宮本泰介市長や教育委員会の判断は無責任としか言いようがありません。

私は「仲よし幼稚園跡地の学区はどこになるのか」と質問。市担当者は「向山小学校を考えている」「踏切を通らない通学路にする」と説明しました。

向山小学校自体は教育環境の良い学校と思います。しかし、子ども目線で考えれば、マンションを一歩出ると、近所の子ども達が自分達と違う小学校に通っているのを目にするのは、違和感をもつのではないでしょうか。また、踏切を渡らない通学路にしたとしても、危険性は残ります。
c0236527_874368.jpg


説明会は12月15日まで続きます。今回の対策案を保護者・住民がどのように評価するのか、私も慎重に意見を聴いていきたいと思います。また、子どもの目線で教育環境を考えていきたいです。

いずれにしても、矛盾を押しつけられているのは、入居者や周辺住民です。JR津田沼駅南口開発の開発業者、荒木前市長・宮本市長、そして無謀な開発計画を追認してきた人たち(賛成議員を含む)の責任は重大です。仲よし幼稚園跡地(市有地)の売却で愚策を引き継ぐことも許されません。
by takashi_tanioka | 2013-11-26 23:30 | 谷津・奏の杜の学校問題 | Comments(4)
25日、午前10時に12月議会(平成25年第4回定例会)が開会。市長から議案21件の提案理由の説明がありました。市民からも請願・陳情15件が提出されました。
c0236527_6232252.jpg

昨年度の決算認定では、一般会計決算・特別会計決算の委員会審議について各委員長報告の後、討論・採決。私は、後期高齢者医療、国民健康保険、介護保険の3つに対し、高齢者・市民負担増を批判する反対討論をしました。

議会中継

本会議は午後2時頃に終わり、その後、一般質問の聞き取りと質問準備に追われました。
by takashi_tanioka | 2013-11-25 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
24日、習志野市日本共産党後援会主催の日帰り旅行「田中正造&佐野グルメ一日バスツアー」。バス一杯の50人を超える参加でした。

今年は、田中正造没後100年。秘密保護法強行憲法改悪の危機が迫るなか、自由と人権を守るために奮闘した田中正造さんから学ぼうという企画でした。

足尾銅山鉱毒事件だけでない、自由民権運動・立憲主義の闘士としての田中正造さんを知ることができ、皆さん満足でした。

足尾鉱毒事件田中正造記念館の見学。NPO法人で運営しています。お勧めです。
c0236527_5484156.jpg

c0236527_5494143.jpg

c0236527_5502146.jpg

昼食はアグリタウン。佐野名物の「佐野ラーメン」「大根そば」「イモフライ」といった「グルメ?」ツアーでした。食事以外に、いちご狩りなどの体験、農産物直売所での買い物もできます。飼育されている山羊にさわれて、長男・長女は喜んでいました。右端は市川寿子議員です。
c0236527_5504749.jpg

午後は、雲龍寺、惣宗寺、渡良瀬遊水地(谷中村史跡)をまわりました。詳しくは、下見のときのブログ(10月7日)をご覧ください。
by takashi_tanioka | 2013-11-24 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
23日、「健康なまちづくり条例施行記念シンポジウム~みんなでつくる健康なまち」に参加。時間の都合で、基調講演「これからの健康づくり(ヘルスプロモーション)」だけ聴きました。講師は、島内憲夫さん(順天堂大学教授)でした。

習志野市は今年4月、習志野市からだ・心・歯の健康づくりを推進し、地域社会全体で個人の健康を支え守るための社会環境の整備に取り組むまちづくり条例を施行。これを記念してのシンポジウムでした。
c0236527_7133439.jpg

この日は保育所が休みだったのをうっかり忘れており、子連れで行ったり来たりとなりました。午前は市川議員宅で、予算要望書の最終確認。午後はシンポジウム、子ども達は中央公園で遊んでいました。

夕方は、千葉市へ。「千葉土建の仲間たちと志位さんのトーク集会」に顔を出した後、スーパー銭湯に入って帰宅しました。偶然、銭湯で長女の友達の家族といっしょになり、長女は大喜びで遊んでいました。
by takashi_tanioka | 2013-11-23 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
22日正午、屋敷4丁目の大型パチンコ店「マルハン習志野店」がグランドオープン。住民の反対意見を押し切って建設されたギャンブル施設です。昼に市川寿子議員、夕方に私が、状況確認に行きました。
c0236527_8204151.jpg

駐車場は一杯。茨城・埼玉ナンバーの乗用車もありました。開店時からいた客の帰宅と、仕事帰り?に来店する客とで、多くの乗用車が出入りしていました。
c0236527_8205533.jpg

自動車が一杯なのに、2か所の出入口に警備員は1人ずつだけ。警備員が注意しても、右折禁止を無視する客が後を絶ちません。逆に、実籾本郷公園側の道路を通りぬけて来店する乗用車もありました。
c0236527_82196.jpg

c0236527_8212286.jpg

パチンコ店前から第二中学校方面へ向かう道路は大渋滞でした。
c0236527_821385.jpg

右折禁止の無視、渋滞発生など、市当局の指導、住民要求への回答などに反する状況があったので、旧・風俗営業等の規制条例を担当していた習志野市建築指導課へ電話連絡。指導・対応を要請しました。
by takashi_tanioka | 2013-11-22 23:30 | 議員活動 | Comments(1)
21日夕方、STOP!「秘密保護法」 11.21大集会に参加しました。日本共産党・しんぶん赤旗HPからダウンロードした写真(日比谷野外音楽堂)です。
c0236527_11291410.jpg

午後6時半の開会時間に到着。すでに会場一杯で入場できなかったため、会場をとりまく形で参加者があふれました。会場内外あわせて、1万人の参加者でした。
c0236527_9305458.jpg

集会でアピールを確認した後、国会と銀座の2コースに分かれてデモに出発。普段は政治信条・活動スタイルが異なる人たちがいっしょに訴えていました。
c0236527_936282.jpg

国会請願のデモコース。列が延々と続きます。
c0236527_9363961.jpg

衆議院と参議院の入口で、秘密保護法案に反対する国会議員が「廃案」を求める国会請願を受けとりました。これも延々と続きます。
c0236527_9365290.jpg

結局、帰宅したのは夜11時頃になってしまいました。子ども達を連れて行かなくてよかったです。

秘密保護法「修正」-見せかけだけの「偽装」明らか(日本共産党HP)
by takashi_tanioka | 2013-11-21 23:40 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka