谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

30日の9月議会最終日は、午前9時30分から議会運営委員会。本会議は午前10時に始まり、午後4時頃終わりました。

各常任・特別委員会の委員長報告と質疑の後、討論があり、議案11件と請願・陳情11件を採決しました。最後は、議員発議の意見書3件の提案と質疑・採決でした。
c0236527_15342180.jpg

今回も提出された生活保護バッシングの陳情は、9月21日付の東京新聞でも報道されました。本会議では、日本共産党(市川寿子議員)が反対討論をしました。

陳情2件のうち、外国人排除(1410号)は「賛成者なし」で否決されました。ところが、生活保護ホットライン(1411号)には、真政会と元気な習志野をつくる会の9人が賛成。それでも「賛成少数」で否決されました。

また、同じ陳情者が出した日本共産党・しんぶん赤旗を攻撃する陳情(1409号)は、総務常任委員会で可決されましたが、本会議では「賛成少数」で否決となりました。

生活保護バッシングの陳情再び(9月3日)

生活保護バッシングの陳情に「否決」の要請(9月18日)

生活保護バッシングの陳情を委員会で否決(9月19日)

このほか、日本共産党は「藤崎図書館の存続を求める請願」や「市内中学校音楽室エアコン設置に関する請願」などに賛成討論。このうち、エアコン設置は全会一致で可決されましたが、藤崎図書館の存続は、残念ながら否決されました。

議会中継

「習志野市市議会議員定数の大幅削減に関する陳情」の継続審査については、私から「継続審査に反対」の討論をしました。少数会派を除いた形で検討が進められる危険があるからです。誤解を避けるために、討論内容を掲載します。

議員定数の「継続審査」の反対討論(要旨)
by takashi_tanioka | 2014-09-30 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
28日、習志野市総合防災訓練に子ども達を連れて参加しました。

私達が参加したメイン会場(関係機関連携訓練)は、市役所前グラウンド。サブ会場(避難所開設運営訓練)は、向山小学校、谷津小学校、第一中学校、実籾高校でした。

これで私は、体験型訓練(一昨年)避難所開設訓練(昨年)と順番に経験しましたが、様々な形の訓練を数年単位のローテーションで体験できるのは良いやり方と思いました。

乗り物の展示が多いと、子ども達は喜びます(実は私も・・・)。

消防団・消防協力隊によるがれき除去・道路啓開訓練。
c0236527_1254381.jpg

建設協力会によるがれき除去・道路啓開訓練。
c0236527_12541643.jpg

消防本部による閉じ込め車両からの救出訓練。
c0236527_12542725.jpg

参加者に訓練内容を説明する危機管理監。いわゆる共助から始まり、公助でないとできないことへ展開していく訓練の流れはわかりやすかったです。(顔が写っているため、画質を少し落としました。)
c0236527_12544373.jpg

大型エアーテントでの訓練。
c0236527_12545627.jpg

消防本部の拠点機能形成車
c0236527_1255785.jpg

陸上自衛隊による炊き出し。
c0236527_12552040.jpg

今回は、陸上自衛隊の野外手術システムも展示されていました。
c0236527_12553471.jpg

c0236527_12554619.jpg

今回は「避難所開設運営訓練」に参加できなかったのですが、過去の実施結果報告書は参考になります。

平成25年度総合防災訓練の実施結果(市役所HP)

平成24年度総合防災訓練の実施結果(市役所HP)

ウニモグ(多目的作業車)に感動
by takashi_tanioka | 2014-09-28 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
27日、環境省主催の国指定谷津鳥獣保護区保全事業報告会が谷津干潟自然観察センターで開催されました。前回の報告会から半年ぶりの出席でした。
c0236527_2004420.jpg

今回は、出席者の要望を考慮し、土曜日開催としたそうです。今年度で終了する保全事業の取り組み状況の報告と合わせ、来年度以降の実施計画作成の予定が説明されました。

国指定谷津鳥獣保護区保全事業(環境省HP)

観察センターでは、近隣の小中学校や高校、市民カレッジの方々と協力して、アオサの肥料としての活用を実験しています。

西日本では海藻を肥料として利用している例が少なくないようで、谷津干潟周辺の海岸でも、昔はアオサの肥料としての利用があったそうです。大量の活用は難しいでしょうが、教育現場での活用には期待したいです。
c0236527_4574898.jpg

観察センターのロビーでは、地域協働特別企画展「大正6年の高潮と谷津干潟 ~地域防災の今~」が開催されていました。

台風による暴風雨と高潮が東京湾沿岸一帯を襲い、谷津の塩田を破壊し、久々田では人命を奪う被害をもたらしました。第一次埋立て前、台風・高潮の被害が多かった当時の様子を知る住民のインタビューが紹介されていました。
c0236527_20303467.jpg


新ならしの散策「災害と闘う-大正6年の大津波(高潮)」(市役所HP)

新ならしの散策「災害と闘う-家族を守った楠の木」(市役所HP)

現在の秋津地区自主防災会の取り組みも紹介。36年前の第2次埋立て直後(当時は小学6年生)、住宅が建つ前の潮風が吹く秋津・香澄へ、母に連れられて見に来た時のことを思い出しました。
c0236527_20311375.jpg

by takashi_tanioka | 2014-09-27 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
26日夕方、屋敷4丁目の大型パチンコ店「マルハン習志野店」の周辺の道路・交通等の現状を確認に行きました。
c0236527_5411527.jpg

9月議会の一般質問(宮内議員)において、敷地一角へのコンビニエンスストアーの建設計画が取り上げられました。

そもそも住民の反対意見を押し切って建設されたギャンブル施設。敷地形状や利用方法の変更は、周辺住民が納得していればよいのですが、特に自動車の出入りなど、不安が増大するようなものであれば許されません。

開店から10か月。当初より自動車の数は減りました。それでも、パチンコ台入れ替えなどのイベント時には、交通安全や駐車場スペースなど注意が必要です。
c0236527_54658.jpg

私が視た時間帯(午後7時)には、2か所の出入口のうち、警備員が立っていたのは東側だけ。これでは、当初の説明と違います。

また、帰る客への右折禁止の誘導はしていましたが、実籾本郷公園側の道路を通りぬけて来店する乗用車はやはり時々いました。
c0236527_5505939.jpg

パチンコ店前から第二中学校方面へ向かう道路は、住民要望で電柱の位置が移動され、少し歩きやすくなりました。これは住民の皆さんの運動の成果と言えます。
c0236527_5584154.jpg

それでも歩道が広く整備されている訳ではないので、子ども達の登下校など、歩行者の安全確保のためには、引き続き、自動車通行への注意が必要でしょう。

住民要望である横断歩道・信号機の新設、そして事業者側が出してきたコンビニエンスストアー建設計画など、新しい動きにも注意しながら、議会でも対応していきたいと思います。

〔参考〕開店時の状況
無責任なマルハン-屋敷4丁目の大型パチンコ店の開店(2013年11月22日)

この2日間は、党議員団会議で議会最終日の準備を進めたり、党支部の会議に出席したり、住民の生活相談に対応したりでした。

26日には、生活と健康を守る会習志野市準備会の定例会があり、生活保護バッシングの議会陳情とのたたかいについて意見交換し、今後のとりくみを話し合いました。
by takashi_tanioka | 2014-09-26 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
習志野市議員定数削減推進連盟という団体から郵送されてきたアンケート(写真)に回答を出しました。代表者の氏名・住所は消して掲載します。
c0236527_1738185.jpg

ご覧のように、わかりにくいアンケートであり、この団体の「模範解答」通りに書くことを期待しているような質問項目の並びです。最も重視しなければならない市政分析・政策に関する回答欄が小さいのは残念です。

郵送されてきた添付文書によると、「公表」を前提とするようだったので、簡単にサラリと書いてすませるようなアンケートではなさそうです。

議員定数に関する私の考えは、このブログで公表していますし、市政分析・政策もHP(外部リンク)で公表しているので、それらを基に書きました。下記の「アンケートへの回答」をご覧ください。

参考
議員定数の議論終結-会派代表者会議
議員の学校・1日目議員の学校・2日目
社会保障充実、財政危機打開の提言(2012年6月)

明るい習志野民主市政の会からも、「市議会議員定数削減に関する要請」が全会派・議員に配布されました。こちらも代表者の氏名・住所を消して掲載します。
c0236527_1739189.jpg


議員定数削減推進連盟のアンケートへの回答
by takashi_tanioka | 2014-09-25 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
24日朝、JR津田沼駅南口で活動報告。議会日程や家庭の都合などで、駅頭宣伝を2週間休んでいました。

その後、鷺沼東跨線橋へ行きました。JR総武線と京成千葉線を越える長い跨線橋であり、歩行者・二輪車のほか、自動車(四輪車)も通行可能です。

ところが、老朽化調査の結果、重量物の通過に問題があったため、10月1日から自動車の通行が禁止されるそうです。歩行者と二輪車は今後も通行できます。現状を確認するために行ってみました。

鷺沼東跨線橋は、地域住民のほか、鷺沼の畑に通う農家も軽トラック等で利用しています。「これから春にんじんの種まきの時期なのに、利用できなくなるとたいへん」と農家の方から話を聴きました。

大規模修繕工事が必要なようで、工事が終わるまで利用を規制せざるを得ないのは理解できます。しかし、線路北側の農家は、跨線橋が使えないと、自分の畑までかなりの大回りになります。

せめて、農業用の軽トラックだけでも許可制で利用できないのか。今後、市当局に働きかけていきたいと思います。

鷺沼東跨線橋の北側。
c0236527_15493892.jpg

鷺沼東跨線橋の南側。
c0236527_155004.jpg

跨線橋から見た南側の広大な畑(市街化調整区域)。
c0236527_162560.jpg

錆が浮いていたり、鉄筋が露出している箇所がありました。老朽化の状況はこれだけではないでしょうが、鉄筋等の腐食防止の対応は不十分と感じました。
c0236527_1621823.jpg

c0236527_1623170.jpg

by takashi_tanioka | 2014-09-24 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
22日、午前9時から一般会計予算特別委員会で補正予算案を審議。私は、1億2521万4千円もの「市税過誤納還付金」の増額補正について質問しました。

このうち、9021万4千円は1社の企業に対する「外国税額控除」による還付金。中間申告で納付された法人市民税の確定申告にともなう還付であり、約130万円もの還付加算金を加えての還付でした。

外国税額控除とは、海外に進出した日本企業が外国で法人税を払う場合、その分を日本で払う法人税から差し引く制度です。今回の補正予算は、法人市民税からの控除と還付です。

外国税額控除が大企業優遇税制に他ならないことは、私は議案質疑(本会議)において指摘済みだったので、委員会では還付加算金を中心に質問しました。立崎誠一議員も、大企業優遇税制との視点から質問していました。
c0236527_151812.jpg

現在の税法上、還付自体はせざるを得ず、会計処理上誤りはないようだったので、採決では「賛成」としました。

しかし、日本共産党は、「海外で稼ぐほど税金が安くなる」といういびつな税制をつくったのは、多国籍企業の優遇、国内産業の空洞化の点からも誤りと指摘しており、こうした優遇税制の縮減を要求しています。

大企業優遇税制の実態は、「しんぶん赤旗」がよく追及しています。記事の一部が日本共産党HPに掲載されていますので、下記リンクをご覧ください。

ここらへんは、公務員の皆さんにも読んでいただきたい記事の一つです。今回の議会では、なかなか議論が噛み合わなくてたいへんでした。

大企業優遇税制、恩恵たっぷり-トヨタ法人税ゼロ円(2014年6月)

法人税減税-財界奉仕の議論に根拠はない(2010年9月)

大企業に巨額の恩恵-研究開発減税、外国税額控除(2010年6月)

法人税 「40%は高い」といいながら実は・・・ ソニー12%、住友化学16%(2010年6月)

午後1時30分からは議会運営委員会の傍聴。請願・陳情の審議では、3名以上の会派しか参加できないため、残念ながら日本共産党は傍聴です。

受理番号1415号「習志野市市議会議員定数の大幅削減に関する陳情」を、元気な習志野をつくる会、公明党、真政会、環境みらいの委員4名で審議。みんなの党は欠席でした。

「継続審査」の動議が出され、出席者全員の賛成で継続審査とされました。
by takashi_tanioka | 2014-09-22 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
20日、第3回バラの街♪音楽会に行きました。主催は、谷津公民館地区学習圏会議(谷津ローズフォーラム)と谷津公民館です。

第1回は向山小学校、第2回は谷津南小学校で開催しましたが、今年は「市制施行60周年記念」ということで習志野文化ホールでの開催でした。

出演団体は、向山幼稚園、谷津幼稚園、向山小学校吹奏楽部、谷津南小学校音楽部、谷津小学校管弦楽クラブ、第一中学校管弦楽部、そして谷津公民館サークルの混声合唱団コール・ドリームでした。

谷津幼稚園の合唱・演奏。
c0236527_20533718.jpg

向山小学校吹奏楽部の演奏。
c0236527_20515015.jpg

谷津南小学校音楽部の合唱。
c0236527_20523064.jpg

混声合唱団コール・ドリームの合唱。
c0236527_20524314.jpg

どの団体の演奏・合唱も美しいものでした。それを習志野文化ホールの優れた音響設備が際立たせました。

立派なハコモノがあるだけでは、こうはいきません。地域に根差した学校教育と社会教育、住民・子ども・学校職員・公民館職員などの連携があってのことです。

全市の公民館地区学習圏会議の音楽会は、生涯学習部長の部長ホットラインに掲載されています。
こちら
by takashi_tanioka | 2014-09-20 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
c0236527_12234244.gif19日、午後1時30分から文教福祉常任委員会が開催され、生活保護バッシングの陳情2件(受理番号1410号~11号)を審議しました。日本共産党からは市川寿子議員が委員になっています。

今回の2件の陳情にも、差別的な内容に対し、市民団体から「否決」要請の意見が出ています。

委員会では、6月議会のときと同様、保健福祉部長が陳情内容の問題点がはっきりとわかる参考意見を述べました。宮本泰介市長の代理としての意見表明です。

市長・保健福祉部長のこの参考意見は立派でした。このほかの福祉施策では、私と意見が異なることが多いですが、今回の生活保護行政の意見表明では、市長と保健福祉部長の姿勢を高く評価したいと思います。

採決の結果、2件の陳情は「賛成者なし」で不採択すべきもの(否決)とされました。

委員会では、子ども子育て支援新制度の条例、教育委員の任命などの議案5件のほか、軽度外傷性脳損傷の周知・労災認定基準の改正などを求める陳情、藤崎図書館の存続を求める請願、中学校音楽室エアコン設置の請願、国の教育予算拡充の陳情も審議しました。
by takashi_tanioka | 2014-09-19 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_12234244.gif6月議会で原発再稼働、集団的自衛権推進、生活保護バッシングの陳情14件を提出した人が、9月議会でも生活保護バッシングの陳情2件を提出しました。

生活保護バッシングの陳情再び(9月3日)

この陳情2件に対し、生活と健康を守る会習志野市準備会が市議会に対し、「否決」を求める申し入れをしました。全議員に配布された文章(要旨)を転載します。

市議会あてに陳情された生活保護にかかる2題(第1410号、第1411号)について「否決」をもとめます。〔2014年6月17日、生活と健康を守る会習志野市準備会〕

今議会には、先の平成26年第2回定例会で12件の陳情を提出した人物から、①外国人への生活保護不適用、②ホットラインの開設の陳情が提出されています。

①は、国からの受託事務にもとづいて行う生活保護運用についてです。外国人について習志野市が独自に「不適用」とすることができないことは明らかで、陳情自体、無理を承知で出されたものです。外国人への保護適用は、行路病人など緊急時の対処として「準用」されているもののほか、日本国籍、在留資格の取得者について「準用」されるといった運用にあり、陳情の趣旨とは相いれないものです。

②生活保護ホットラインについて、平成26年第2回定例会の文教福祉常任委員会で、保健福祉部長は参考意見を述べ、合わせて委員への答弁で、次のように述べており、結果として全会派による否決となっています。

〔保健福祉部長の参考意見の要旨〕
ホットラインは、「本当に必要な人が申請をしにくくなる、あるいは監視社会を招くなどのデメリットが指摘され・・・今回の不正受給対策の強化とは不正受給者の公表等やホットライン設置を規定したものでなく」とし、「万一、市民同士で監視をしあい、あるいは通報しあいということにつきましては・・習志野市の地域福祉の考え方とは相いれない」と答弁しました。

③生活保護ホットラインによる「監視・通報」は、生活保護等の受給者を対等・平等な人間(個人)と見ず、「監視・通報されても仕方のない人達」と貶めるやり方です。憲法13条では「すべて国民は、個人として尊重される。」としており、個人の生活・嗜好等について監視・通報する制度を導入するのは憲法違反です。

④二つの陳情 ①は、過去にも否決されてきた事柄を繰り返し持ち出しているだけです。②は、困窮者の早期発見と援助期待等にも言及しているところですが、過去の陳情者の意図から不正受給監視を趣旨とする内容を色濃くしています。不正受給であれ、困窮の早期発見・通報についても実態や本人の意思とするところを第三者が知るところではなく、市民への不要な監視や干渉を招く危険があります。こうした行為を公的に制度化すると、市民同士の離反をまねき、「絆」を壊す役割にもなりかねません。習志野市の地域福祉計画の意図する理念からもこうした監視や干渉を必要とはしていません。いずれの内容も、否決されるべきと考えます。

平成26年第2回定例会における陳情審議の際、千葉県生活と健康を守る会連合会が出した声明を添付しました。こちらも参考にご覧ください。

議会の皆さまにおかれましては、表記の二つの陳情について、慎重なご審議のうえ、「否決」とすることをお願い申し上げます。

以上です。この陳情2件は、19日の文教福祉常任委員会で審議・採決される予定です。

c0236527_9145987.jpgこの陳情者は、「共産党市議による、習志野市内で勤務する地方公務員(教育委員会・市立学校教職員、消防官などを含む)への残業を含む勤務時間内(血税を源資とする執務の真っ最中=公務中)に於ける政党機関紙『しんぶん赤旗』の勧誘及び集金行為など並びに公務中の購読について実態調査及び是正を求める陳情」も提出しています。

こちらは、18日の総務常任委員会において、自民党系議員の賛成多数で可決されました。自民党本部から通達がきているようで、賛成しなければいけないそうです。

「実態調査と是正」と称して、公務員が購読している各種新聞・刊行物のうち、現政権を厳しく批判する日本共産党の機関紙だけを攻撃し、そこに掲載されている情報を公務員の目に触れさせないようにする陳情であり、思想差別、憲法違反の内容です。

今週の「しんぶん赤旗・日曜版」には、「申請で国保料安く-自治体独自の制度を活用」や「金沢市長辞職、車券場設置で癒着-百条委設置など解明に全力」などの記事が掲載されています。このような記事を公務員に読まれるとまずいのでしょうか。

なお、いろいろと誤解があるようですが、「しんぶん赤旗」の記事は一部しか日本共産党HPに掲載されていません。上記の記事も紙面でしか読めません。悪しからず。
by takashi_tanioka | 2014-09-18 23:40 | 習志野市政 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka