谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

31日、習志野市日本共産党後援会主催の「新春のつどい」。4月の市議会議員選挙の予定候補者としてあいさつをしました。
c0236527_716840.jpg

80人を超える党支持者の方々が集まり、会場は一杯でした。オープニングは、男性五重唱「フォルテ」の皆さんの歌。参加者みんなで合唱する場面もあり、元気でにぎやかな集いになりました。
c0236527_71623100.jpg

後半の党後援会総会では、吉田順平元市議が党後援会長に再任されました。市議会議員選挙の予定候補である入沢俊行さん、荒原ちえみさん、私(谷岡)の3人が紹介され、「みんなで頑張ろう」と活動方針を確認しました。
c0236527_7164789.jpg

by takashi_tanioka | 2015-01-31 23:30 | 習志野市議選 | Comments(0)
23日に生活相談・現地調査をした道路問題で、第六中学校と屋敷小学校の間の横断歩道沿いの水たまりは解消されました。
c0236527_714257.jpg

集水桝が詰まっていたようです。
c0236527_7141599.jpg

第六中学校南側の「六中外周ランニングコース」となっている道の改善要望では、市当局は、新しい土留め手前の窪地の危ない箇所に表示等の対応をとっていくそうです。
c0236527_7143089.jpg


第六中学校南側の道路改善の要望など(1月23日)
by takashi_tanioka | 2015-01-30 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
実籾本郷公園内にある千葉県指定文化財「旧鴇田家住宅」。東日本大震災で被災し、復旧工事中です。通りかかったら、曳家をしていました。
c0236527_7121864.jpg

土地区画整理の換地時の手法としての「曳家」は知っていましたが、工事現場を見るのは初めてでした。今回は災害復旧のための工事です。
c0236527_7123364.jpg


〔参考〕旧鴇田家住宅(習志野市HP)
享保12~13年(1727~1728年)に建造された実籾村の名主の家。木造茅葺平屋寄棟造。南関東では珍しい曲屋まがりや。東金(御成)街道沿いにあり、1991年まで使用されていました。2000年にほぼ建築当初の姿で移築復原され、開館しました。

屋敷4丁目のパチンコ店「マルハン習志野店」の近況
by takashi_tanioka | 2015-01-29 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)

疲れてます

c0236527_79827.jpg

28日朝、JR津田沼駅南口で活動報告。28日~29日は、生活相談、会議、議会準備などと忙しかったです。

父が入院したり、子ども達の具合が悪かったり、私自身も風邪をひいたりで、疲労がたまっています。長女が撮影した写真ですが、ひどい顔ですね。
by takashi_tanioka | 2015-01-28 23:30 | ひとりごと | Comments(0)
27日、党議員団会議の後、2月開所の特別養護老人ホーム・玲光苑習志野ローズ館(谷津3丁目)の内覧会へ行きました。

入所が始まってしまうと、なかなか見学する機会がもてないので、よい勉強になりました。運営は、社会福祉法人豊立会です。

私の父も要介護3になり、在宅介護が困難になってくるため、特養ホームの待機者問題は我が身のことにもなってきます。
c0236527_75635.jpg


2階の従来型多床室の食堂です。
c0236527_751757.jpg


2階の従来型多床室(4人部屋)の片側。一人当たりの面積は広くとってあります。
c0236527_752968.jpg


2階の従来型多床室の浴室。体が不自由でも入浴できるようになっています。
c0236527_753993.jpg

c0236527_755153.jpg


3階のユニット型個室(1人部屋)の食堂。共同生活をするグループごとに分けられています。
c0236527_76172.jpg


3階のユニット型個室(1人部屋)。どこの特養ホームも同様ですが、個室を希望しても、国民年金や生活保護の所得水準では入れないという問題があります。
c0236527_761158.jpg


3階のベランダ。面会に来た人といっしょに出られるようになっています。向こう側に見えるのが、谷津パークタウンです。
c0236527_76238.jpg


1階の調理室などの入口。スタッフしか入れないようになっています。
c0236527_763338.jpg


1階のオープンスペース。カフェがあり、面会に来た人だけでなく、地域住民も利用できるようになっています。障がい者の雇用の場にもなっています。
c0236527_764882.jpg


〔参考〕
谷津3丁目国有地への特別養護老人ホーム建設(2014年1月)
by takashi_tanioka | 2015-01-27 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
c0236527_73915.jpg26日、午後1時から千葉県後期高齢者医療広域連合議会の議会運営委員会。その後、全員協議会・議案説明会に出席しました。

この日の協議事項は、2月9日の定例会(平成27年第1回)の運営について。副連合長の選任、条例改正や予算案といった議案10件の提案が説明されました。

広域連合議会の議員(習志野市選出)として任期最後の定例会となります。私の議員活動が県民のためにどれだけ力になったのか、自分では評価できませんが、私自身にとっては良い経験となりました。

昨年11月に開催された定例会(平成26年第2回)の会議録が、下記HPにアップされました。私の議案質疑は22ページから、討論は32ページから、一般質問は38ページから掲載されています。

千葉県広域連合議会の会議録

平成25年度決算が掲載された「ちば広域連合だより」も発行されました。こちらも下記HPで閲覧できます。

ちば広域連合だより第17号
by takashi_tanioka | 2015-01-26 23:30 | 広域連合議会 | Comments(0)
習志野市役所の新庁舎建設予定地に「特定建築行為計画のお知らせ」の看板が立ちました。着工予定年月日は「平成27年10月15日」となっています。
c0236527_6591313.jpg

宮本泰介市長としては、市長選挙前に既成事実を積み重ねていこうということなのでしょう。東京オリンピックに向けた開発バブルの真っただ中の工事推進。問題が起こらなければ良いのですが・・・。
c0236527_659244.jpg

24日は生活相談と党内会議。25日は習志野市民フォーラムの定例会でした。
by takashi_tanioka | 2015-01-25 23:30 | 公共施設再生 | Comments(0)
23日、朝は京成大久保駅で活動報告。その後、屋敷地域の道路に関する相談があり、現地調査をしました。

一つは、第六中学校と屋敷小学校の間の横断歩道沿いの水たまり。小中学生も通る歩道なのに、長靴がなければ歩けないような水たまりができていました。
c0236527_13574822.jpg

第六中学校南側には、「六中外周ランニングコース」となっている道があり、沿線住民の生活道路にもなっています。この道路の改善の要望もありました。現在は、下水道工事と道路舗装が行なわれています。
c0236527_13585100.jpg

新しい土留めの東側が急に窪地となっており、子ども達の安全対策が必要と感じました。

その後、都市整備部から聞き取り調査。少なくとも子ども達が日常的に使う道路の改善は、早急に取り組むよう要望しました。
c0236527_13583592.jpg


このほか、袖ケ浦住宅(袖ケ浦団地の分譲マンション)の建てかえ問題についても、市当局から聞き取り。現在居住可能な分譲マンションの建てかえについては、国の復興交付金の理念に合致しないことが復興庁担当者から習志野市担当者へ示されており、復興交付金制度の対象になる予定はないとのことでした。
by takashi_tanioka | 2015-01-23 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
22日、環境省主催の国指定谷津鳥獣保護区保全事業報告会が谷津干潟自然観察センターで開催されました。
c0236527_1337183.jpg

前回は土曜日開催でしたが、今回は平日夜の開催。干潟周辺の住民参加が少なく、残念でした。やはり土日・休日の日中開催が良いと思います。

保全事業に関連する実証試験や保全対策の経過報告と合わせ、新たに策定する「谷津干潟保全等推進計画書(仮称)」が説明され、行政や地域が一体となり干潟保全を推進したいという環境省職員の話がありました。

質疑応答では、多くは自然保護団体メンバーの質問。千葉の干潟を守る会千葉県野鳥の会の会員からの質問もありました。

アオサの悪臭に悩まされる住民、鳥類の減少に諦め感のある住民から、干潟存続に否定的な意見を伺うこともあります。もっと多くの周辺住民に参加してもらい、住民・行政・自然保護団体の間の「腹を割った」意見交換も必要と感じました。

国指定谷津鳥獣保護区保全事業(環境省HP)

21日~22日の2日間は、生活相談が中心の活動。22日朝は京成谷津駅で、谷津南小学校のバス通学の準備状況などの議会報告を配布しました。長女・次男に続き、私も風邪をひいてしまい、少ししんどいです。
by takashi_tanioka | 2015-01-22 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
c0236527_1921072.jpg日曜日から長女と次男が風邪をひき、保育所を休ませて私と祖母とで2日間面倒をみました。鼻水をたらしながらも、元気はあるので、たいへんです。

先週から3月議会の準備を始めています。任期最後の定例議会であり、4年間の締めくくりを意識した議会準備になっていくと思います。

議会準備の際、全国各自治体の動向、地方議会における論戦、大衆運動・住民運動の経験を研究するのに役立つのが、日本共産党中央委員会発行の月刊誌「議会と自治体」。党内外の様々な研究者・地方議員などが執筆しています。

他の政党にはこのような月刊の研究書はないようで、日本共産党以外の研究者や活動家、行政担当者が読んでも参考になると思います。私も以前、小論を執筆したことがあります。

この3か月間は「『改定』介護保険 サービス切り捨ては許さない」「都市再開発問題のいま」といった特集が組まれ、習志野市の市政分析にも役立たせてもらっています。

岩見良太郎さんの「アベノミクスで加速される企業主体・住民犠牲の都市再開発」は、地方都市でも大都市と形は違いますが発現してきていると考えます。

このほか、「最近の住宅事情の特徴と自治体住宅政策」「子ども医療費無料化制度の現状と課題」「生活保護法『改正』の留意点と変更点」「講座:防災政策を考える」「集中連載:基礎から学ぶ国保」など、3月議会の一般質問や予算審議などで役立つ論文が掲載されており、重宝しています。

普段は「しんぶん赤旗」の購読を勧めることが多いのですが、自治体政策に関心がある方は「議会と自治体」もお勧めです。ぜひ、読んでみてください。 

議会と自治体(日本共産党HP)
by takashi_tanioka | 2015-01-20 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka