谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

30日~31日、市内各所で街頭宣伝。30日朝は京成大久保駅、31日朝はJR津田沼駅南口で習志野民報号外を配布し、議会報告と政策の訴えをしました。このほか、宣伝カーでも流し宣伝をしました。
c0236527_5505277.jpg

先週末から次男が嘔吐・下痢でげっそり。夜間の急病診療所や休日診療など、連日病院通いでした。市内に小児救急がないのはつらいです。少しずつ水分を補給し、やっと落ち着いてきました。

長男が春休み中で融通がきいたので助かり、妻や祖母と分担して面倒をみています。でも、自宅、祖父母宅、病院を行ったり来たりで疲れました。春先、子ども達が代わり番こで具合を悪くし、しばらくはバタバタが続きそうです。
by takashi_tanioka | 2015-03-31 23:30 | 習志野市議選 | Comments(0)
29日、東習志野コミュニティセンターで日本共産党演説会。会場一杯の人が集まりました。
c0236527_4561188.jpg

弁士は、斉藤和子・衆議院議員小松実・前県議会議員。4月の地方選挙では、日本共産党の躍進で安倍政権にノーの審判を地方から突きつけようと訴えました。

特に今回の選挙戦では「戦争か平和か」の問題が問われており、安倍政権による「戦争立法」の危険性が強く指摘されました。5月の連休明けの法案提出と、今国会中の強行成立が狙われています。
c0236527_4563610.jpg

海外で戦争できる国づくりのために、安倍政権・右翼勢力は地方議会も利用しています。少なくない地方議会において、戦争立法推進、侵略戦争無反省(河野談話攻撃など)の意見書・決議の採択が強行されています。

戦争立法推進の地ならしをするような地方議会であってはなりません。逆に、国家権力の暴走にブレーキをかける役割こそ果たすべきです。反戦平和・護憲を正面から掲げて権力者に対峙する日本共産党の議席が重要です。
c0236527_4575143.jpg

市議会議員選挙の予定候補3名もあいさつ。私からは、習志野市における宮本市政の歪みを明らかにし、それを正すことと合わせ、安倍政権・右翼勢力に追随する議員(関桂次議員など)を落選させる必要も訴えました。

〔参考〕

徹底批判!「戦争立法」1(しんぶん赤旗HP)

徹底批判!「戦争立法」2(しんぶん赤旗HP)

徹底批判!「戦争立法」3(しんぶん赤旗HP)

徹底批判!「戦争立法」4(しんぶん赤旗HP)

徹底批判!「戦争立法」5(しんぶん赤旗HP)

徹底批判!「戦争立法」6(しんぶん赤旗HP)

徹底批判!「戦争立法」7(しんぶん赤旗HP)

※一部追加しました。
by takashi_tanioka | 2015-03-29 23:30 | 習志野市議選 | Comments(0)
27日~28日は、習志野市内各所で街頭宣伝をしました。
c0236527_6195767.jpg

27日夕方、津田沼革新懇(国税OB千葉革新懇)がJR津田沼駅南口で定例宣伝。安全保障法制=戦争立法の自公合意への批判、原発再稼働ストップ、消費税再増税の背景など、わかりやすいチラシを作成して配布していました。

船橋市や習志野市の革新懇メンバーも参加して様々な訴えをしました。党船橋市委員会の坂井洋介さんも参加してシュプレヒコール。私からは、習志野市議会における右翼勢力の横暴を批判する話をしました。

28日、大久保・泉町地域、藤崎・津田沼地域、谷津・奏の杜地域において、日本共産党の宣伝。宣伝カーで政策の訴え、党演説会の案内などの流し宣伝をしました。
by takashi_tanioka | 2015-03-28 23:30 | 習志野市議選 | Comments(0)
c0236527_7313563.jpg習志野市の学童保育は全入制を原則としてきました。ところが新年度(4月1日時点)、28人の待機児童が発生することがわかりました。

新年度の入会申請は、最終的に980人(小学4年生以上は72人)でした。このうち、入会が承諾されたのが952人。不承諾は28人で、すべて小学4年生以上です。

宮本泰介市長は、平成27年度所信表明(2月20日)において、「子どもが健やかに育つ環境の整備を推進する」と述べ、「これまで小学校1年生から3年生までであった放課後児童会(学童保育)の受け入れ対象児童を6年生まで拡大します」と表明しました。

高学年受け入れは、新年度の重点施策であるにもかかわらず、申請の半数近くを「不承諾」とするのは問題です。

この背景には、指導員(4月から「放課後児童支援員」)の不足があります。習志野市は近隣市で最低レベルの賃金・待遇であり、新規採用が進まないだけでなく、やむを得ず転職する指導員も生まれてしまいます。

今回の深刻な事態を受け、保護者会(習志野市学童保育連絡協議会)では「習志野市の学童保育の運営の危機!! 放課後児童支援員(指導員)の待遇改善と確保を求めます」の署名運動が決まりました。各児童会で署名用紙の配布を始めているようです。

指導員13人退職の衝撃!-習志野市の学童保育の運営の危機(3月15日)

習志野市で学童保育を所管する原田孝教育委員長・植松榮人教育長をはじめとする教育委員会も、私は怠慢であると考えます。

小学4年生以上の児童が4月1日から通えるかどうかの通知を、3月25日に郵送しました。月末に「不承諾」通知が急に送られてきて、驚いた保護者がたくさんいます。

春休み中、翌週からの子どもの保育をどうするのか。このような「不承諾」の通知の仕方は、共働き家庭や母子・父子家庭のことをまったく考えていません。5人の教育委員の責任も問われます。

教育委員会は昨年末、市内全体で「1372人」の「定員」を発表しました。この定員設定自体は保育環境の面で問題があるものでしたが、蓋を開けてみると、952人しか受け入れられなかったのは、お粗末としか言いようがありません。

学童保育の保護者に衝撃-信じられない「定員」設定(1月27日)

学童保育の量と質-これで良いのか?「定員」の設定(2月5日)

平成27年度放課後児童会(学童保育)・入会申請受付(習志野市HP)

支援員(指導員)をきちんと確保し、施設面の環境も守りながら、全入制に戻すこと。そうしなければ、「文教住宅都市」を名乗ることはできません。

まずは経験豊かで専門性ある支援員を確保するために、私も署名活動など一保護者として運動に取り組んでいきたいと思います。

〔参考〕全国学童保育連絡協議会のウェブサイト
by takashi_tanioka | 2015-03-27 23:30 | 習志野市政 | Comments(1)
c0236527_5595999.jpg

c0236527_601324.jpg

c0236527_603828.jpg

市議会議員選挙へ向け、自己紹介や地域活動などをまとめた「習志野民報3月号外」を作成し、各地域で配布しています。

他の議員(予定候補)は、昨年末から同様のものを配布しています。私の方は、ずいぶんと出遅れてしまいました。

25日朝は京成谷津駅、27日朝は谷津干潟から若松交差点に向かう道で、議会報告と合わせて配布しました。

掲載のチラシは、アップロード時の制約のため、荒い画像となっています。現物は読みやすく印刷してもらいました。各戸にも配布させていただいていますが、ご希望の方は、ご連絡いただければお届けします。
by takashi_tanioka | 2015-03-27 09:00 | 習志野市議選 | Comments(0)

次々と風邪に・・・

c0236527_5563741.jpg議会最終日前から風邪で調子の悪い日が続いていました。

私がうつしたのか、私がうつされたのか、わかりませんが、先週土曜日から長男と次男が咳をし始め、日曜日に通院。次男はぜんそく発作が出てしまいました。

月曜日は、保育所修了式の後、次男(1歳児クラス)を引き取り、祖母の家へ預けに行きました。

火曜日、次男の調子が良くなったかなと思ったら、今度は長男が咳と発熱で早退。終業式の日でしたがダウンしたため、保健室へ迎えに行き、祖母の家へ。

妻も風邪ぎみ。今年の冬は風邪をあまりひかなかったなと思っていたら、最後の春先で次々と風邪をひいてしまいました。でも、長女は元気です。やはり女の子は強いのでしょうか。
by takashi_tanioka | 2015-03-24 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
21日、谷津南保育所の修了式に来賓出席しました。今回は、長女も在園児として出ていました。

修了するきく組さんは28名。長男の1歳下、長女の1歳上で、土曜日保育や時間外保育でいっしょだった子、乳児のときから同じ保育所だった子もいます。ゼロ歳児クラスから6年経ち、みんな立派になりました。

所長先生も退職のため、最後の修了式。きく組さんが一年間がんばったことを話していきました。所長先生には、うちの子ども達もとてもお世話になりました。長い間ありがとうございました。

来賓として、こども部長が市長の話を代読。私も紹介を受けました。お別れの言葉と歌は、いつもながらみんな元気に歌い、話していました。
c0236527_5384122.jpg

1年後は長女の修了式。赤ちゃんのつもりでいたら、あっという間に大きくなりました。
by takashi_tanioka | 2015-03-23 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
21日、日本共産党千葉県建設産業労働者後援会・千葉土建船橋習志野支部主催の「春の選挙決起集会」に初めて参加しました。

斉藤和子衆院議員が国会報告、丸山慎一県議が県政報告をしました。続いて、関根和子・船橋市議が船橋市政の報告。私も、あいさつと合わせて習志野市政の報告をしました。

行動提起の後は懇親会でした。職人さん達から「市議選がんばって」と激励されました。
c0236527_1850060.jpg

by takashi_tanioka | 2015-03-21 23:30 | 習志野市議選 | Comments(0)
20日朝は、京成大久保駅で活動報告。日中は所用をすませ、夕方から習志野の市政を考える市民集会に参加しました。

開会あいさつの後、まずは歌とピアノ。続いて、各地域・分野で市民運動に取り組んでいる方々から報告がありました。子育て・保育の分野では、保育所、学童保育などの深刻な問題が報告されました。
c0236527_1034242.jpg

奏の杜・小学校問題は、地元のまちづくり会議議長からの報告。市庁舎とまちづくりは、市内の一級建築士の方からの報告でした。
c0236527_1035882.jpg

「歌あり講談あり」のチラシ通り、講談師・神田香織さんによる「ビリー・ホリディ物語」の講談がありました。
c0236527_1041175.jpg

最後は、鴨哲登志(かもてつとし)さんによる市政報告と呼びかけ。
c0236527_1042670.jpg

都合により、私は閉会前に退席しました。招待状でメッセージを求められていたので、「習志野市政を刷新しようと頑張っている皆さんに敬意を表します。文教住宅都市にふさわしく、子どもからお年寄りまで住みやすいまちをつくりましょう。」と書きました。

全体的には、参加者の問題意識が表われる集会でした。会場からの発言も、前向きにまちを良くしていこうという気持ちが伝わるものでした。

一点気になったのが、JR津田沼駅南口開発の切り口。「奏の杜」は住居表示変更の大問題はありましたが、同時に新しい住民・子ども達も無理な開発事業による負担を押しつけられています。そういう新しい住民の気持ちにも寄り添った部分がもっと出せればと思いました。
by takashi_tanioka | 2015-03-20 23:40 | 習志野市政 | Comments(0)
19日の議会最終日、在日本大韓民国民団千葉県船橋支部が提出し、総務常任委員会では否決された「人種差別を扇動するヘイトスピーチを禁止し処罰する法律の制定を求める陳情」が、本会議では、日本共産党など過半数の議員が賛成し、一転可決されました。

元気な習志野をつくる会が陳情反対の討論をしたため、日本共産党(私)も急きょ陳情賛成の討論をしました。民族紛争・NATO空爆後のユーゴスラヴィアを訪問した際の私の感想を加えながら、民族間の差別・対立を煽る言動の問題を私なりに訴えました。

議会中継

そして、陳情に基づき、賛成会派を代表して公明党(小川利枝子議員)が発議案「人種差別を扇動するヘイトスピーチを禁止し処罰する法律の制定を求める意見書」を提案。日本共産党も共同提案者となり、賛成多数で可決されました。
c0236527_9582776.jpg

c0236527_9584021.jpg


日本共産党は、日本とアジア諸国との「和解と友好」のために、5つ基本姿勢を提唱しています。

①「村山談話」「河野談話」の核心的内容を継承し、その精神にふさわしい行動をとり、談話を否定する動きにきっぱり反論する。

②日本軍「慰安婦」問題で、被害者への謝罪と賠償など、人間としての尊厳が回復される解決に踏み出す。

③少なくとも首相や閣僚による靖国神社参拝は行なわないことを、日本の政治のルールとして確立する。

④民族差別を煽るヘイトスピーチを根絶するために、立法措置を含め政治が断固たる立場にたつ。

⑤「村山談話」「河野談話」で政府が表明してきた過去の誤り(侵略戦争と植民地支配)への反省の立場を、学校の教科書に誠実かつ真剣に反映させる努力をつくす。

河野談話攻撃の意見書可決-新聞報道から
by takashi_tanioka | 2015-03-20 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka