谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

5月25日に宮本泰介市長は「(仮称)大久保地区公共施設再生基本構想~習志野の地域の未来プロジェクトⅠ」を公表。市議会議員への重要事項説明でも配布されました。
c0236527_1531188.jpg

習志野市役所HPには、次のような説明文が載っています。

平成26年3月に策定した「公共施設再生計画」の個別事業である大久保地区公共施設再生事業に係る基本構想を策定しました。本構想は、京成大久保駅周辺地区におけるまちづくりの一環として、京成大久保駅前に立地する既存の公共施設(大久保公民館・市民会館、大久保図書館、勤労会館)と中央公園を一体的に再生するための、基本的な考え方を示すものです。・・・

これだけでは、この基本構想のもとで、公民館・図書館・児童館などの統廃合を推進すること、藤崎地域など社会教育施設がゼロになる地域が生じること、施設跡地(市有地)の売却を推進することがわかりません。

施設統廃合や跡地売却は、上位計画「習志野市公共施設再生計画」に明記されています。
c0236527_1523222.jpg

生涯学習地区センター「ゆうゆう館」跡地のマンション開発に向けた民間売却は、「利活用」という言葉に置き換えられました。「市有地売却」への批判が高まってきたから、ぼかした表現にしたのでしょう。

しかし、習志野市が手本とする「公共施設マネジメント手法」を掲げる根本祐二教授(東洋大学)が言う「不動産有効活用=利活用」とは、主に民間売却を想定しています。2014年1月の市主催のシンポジウムでも、根本教授は「土地活用」を強調していました。
c0236527_2492547.jpg


根本劇場の展開(1)-公共施設再生に関するシンポジウム(2014年1月)

根本劇場の展開(2)-習志野市公共施設再生・地域活性化委員会(2014年1月)

この背景を隠したパブリックコメント案に対し、「利活用」への誤解に基づいた意見が寄せられているようです。

宮本泰介市長が「教育施設を中心とする公共施設の統廃合は正しい」「市有地売却による財源確保、再開発の推進は正しい」と真面目に考えているのなら、パブリックコメント案で堂々とそのように書き、有権者に自らの考えを示せばよかったのではないでしょうか。

これでは「詐欺」と言われても仕方ありません。私は「卑怯なやり方」と怒りを感じます。

このほか、私がごまかしと感じたのが、「統括マネージャーの設置が有効」という管理運営体制の記述です。

基本構想では、続けて「統括マネージャーの役割や、具体的な事業運営方法は、今後検討を進めます。」と書いてありますが、過去の発表会等で、UDS株式会社の社長が継続的に業務を受託したい意向を示しており、「民間活力導入=企業参入」の方向でレールを敷いているようにみえます。市長・市担当者の考えを有権者に示すことよりも、うやむやの内に既成事実を積み重ねることを優先しているようにみえます。

公共施設のリノベーションによる再生には、私も強い関心をもっていますが、特に上記の点で残念な基本構想の公表と言わざるをえません。

「(仮称)大久保地区公共施設再生基本構想」を策定しました(習志野市HP)

パブリックコメント「(仮称)大久保地区公共施設再生基本構想(案)」(習志野市HP)

「習志野」の地域の未来を考えるプロジェクト・発表会への疑問(2015年1月)

31日夜、市民派市長をたてる会主催の「市長選を振り返って今後を考える集い」に参加しました。会のメンバーを中心に報告・意見交換が旺盛に行なわれ、参考になりました。

参加者の間で最大の関心事は、公共施設の統廃合でした。選挙運動とは別に、市政を考える運動を拡げることが提起されました。

保育所、幼稚園、小中学校、公民館、図書館、児童館、コミュニティセンターなど、あらゆる公共施設が統廃合・跡地売却や民営化のターゲットとされています。幅広い層といっしょになった運動の展開を期待します。

習志野市議選と「公共施設再生」
by takashi_tanioka | 2015-05-31 23:30 | 公共施設再生 | Comments(0)
30日、谷津南小学校の運動会に参加。20分程度だけ来賓席に座り、それ以外は保護者としての参加でした。

今年は、谷津南小学校の開校30周年の運動会。「みなみ(南)」から一文字ずつとり、「んな・かよく・らいにむかって」のスローガンが掲げられていました。
c0236527_1455821.jpg

南側の保護者席から応援合戦を観ました。近くで観ると迫力があります。
c0236527_1471218.jpg

昨年に続き、長男は1~3年生の紅白リレーの選手(白組)でした。長男が走るときはドキドキします。表現リズムはみんなといっしょに頑張りました。
c0236527_1473952.jpg

白組768点、赤組676点で、今年も白組の優勝。白組も赤組も、みんな頑張りました。来年は、長女も小学校に入学し、運動会に参加することになります。
by takashi_tanioka | 2015-05-30 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
谷津地区浸水対策(県単河川改良事業)の一つとして進められてきた谷津3丁目地内ポンプゲート設置工事が5月末で完了となりました。
c0236527_13365139.jpg

新設されたポンプゲートです。ピアレス型(門柱がない)の排水ポンプ付き水門です。
c0236527_1337017.jpg

水路やフェンス、歩道もきれいになりました。
c0236527_133787.jpg

谷津地区浸水対策事業は道半ば。今後も引き続き、事業の推進を千葉県千葉土木事務所や習志野市都市整備部に求めていきます。
by takashi_tanioka | 2015-05-29 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
27日の議案勉強会・重要事項説明では、(仮称)谷津第二保育所用地の財産貸付(議案32号)の説明資料が配布されました。

谷津第二保育所用地は、市立保育所の建設用地として取得した市有地です。習志野市長が市立保育所を新たに建設しない方針へ転換したこともあり、空地になっていました。

第2期こども園計画や公共施設再生計画により、保育所・幼稚園の統廃合・民営化の一つとして、近隣の菊田保育所の民営化が進められることになりました。

保育所民営化と合わせ、谷津第二保育所用地に菊田保育所の移管先の民間事業者によって認可保育所を建設する計画です。移管先・市有地貸付先は学校法人田久保学園(社会福祉法人習志野を新設)です。

議員全員に配布された資料を転載します。
c0236527_12544855.jpg

c0236527_1255178.jpg


〔参考〕

習志野市立菊田保育所移管先法人選考委員会(市役所HP)

民間認可保育所設置運営事業者の公募・市立菊田保育所跡地活用(市役所HP)

谷津第二保育所の予定地(2013年4月)

菊田保育所のプレハブ保育棟の建設(2013年11月)

菊田保育所の視察(2014年3月)

28日は、議会準備、地元党支部の会議でした。6月議会では、このほかの地域問題にも取り組んでいきます。
by takashi_tanioka | 2015-05-28 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
27日は、午前に議会運営委員会があり、6月議会の議案・日程等を確認。委員会の終了後、党議員団で集まり、入沢俊行議員(議会運営委員)から報告を受けました。

午後1時30分からは議案勉強会・重要事項説明。提案予定の7議案の説明がありました。重要事項としては、人口ビジョン・総合戦略の策定、大久保地区公共施設再生基本構想の策定、第2斎場建設計画、JR津田沼駅南口のエスカレーター設置が説明されました。

JR津田沼駅南口のエスカレーター設置は、2016年3月の完成を目指していましたが、工事期間が延長される旨の報告がありました。現状と完成予想図の資料を転載します。
c0236527_8451476.jpg

by takashi_tanioka | 2015-05-27 23:40 | 議員活動 | Comments(0)
26日朝はJR津田沼駅南口、27日朝は京成谷津駅で活動ニュース(議会報告など)を配布しました。

この間は、党議員団会議で6月議会の準備を進めたり、千葉県生活と健康を守る会連合会事務局と懇談(生活保護制度の改悪、貧困ビジネス、公営住宅の家賃減免など)をしたりでした。戦争参加法案を強行しようとする動きも緊迫しています。

さて、京成谷津駅のツバメの巣。今年は雛が生まれた後の写真になりました。駅北口は昨年一昨年と同じ場所に巣がつくられました。
c0236527_8225093.jpg

駅南口でも、階段下の薬局前に巣がつくられました。
c0236527_823732.jpg

駅南口のエスカレーター下の路上喫煙はまだ続いています。谷津保健病院の患者等が敷地外のベンチへ出てきて喫煙しているようですが、日中よりも夕食後の一服が多いように感じます。あらためて、改善へ向けて取り組みたいです。
by takashi_tanioka | 2015-05-27 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
24日午後、習志野の公民館を愛する会が主催する平成27年度第1回「市議会議員さんとの懇談会」に参加しました。現職・元職の市議会議員、県議会議員が11人参加し、多数の市民が集まりました。

話題の一つが、大久保地区公共施設再生基本構想(案)の説明会。5月23日付の「船橋よみうり」の記事が参考資料として配布されました。
c0236527_12392247.jpg

また、会長の田久保裕一さん(指揮者)が作成した案内チラシにも、会の考え方がていねいに説明されていました。田久保さんのブログにPDFで掲載されています。

5月24日に懇談会を開催します(田久保裕一のミュージックプラザ)

参加した議員すべてと、何人もの市民が発言しました。参加者の発言で印象に残ったのが、「住みやすいまちにしないと、若い人が習志野市を離れていってしまう」「若い人も輝くまちづくりを」という主旨の発言でした。

私がこだわっているのも、若い世代・子育て世代との運動の交流です。習志野市の施設統廃合・跡地売却をアドバイスしている根本祐二さん(東洋大学教授、東洋大学PPP研究センター長)は、著書で下記のように決めつけています。様々な世代がいっしょに運動をしないと、推進派によって「世代間対立」が演出されかねません。

図書館・公民館が重要だという人たちは、自分が支持する領域に予算を配分させて、その結果、学校の耐震化が遅れ、万一子どもたちの命にかかわる事故が起きたら、いったいどのように責任を取るつもりなのだろうか。(「朽ちるインフラ」日本経済新聞出版社)

実は、子育て世代・団体が参加する「ならしの子育ち・子育て環境の向上をめざすネットワーク(子育ち子育てネットワーク)」も、小中学校や公民館・図書館、保育所、幼稚園の統廃合・複合化・民営化の問題の学習会や見学会を開催してきました。

写真は、埼玉県草加市の複合施設の見学会です。習志野市資産管理室から紹介された谷塚小学校と、その経験をふまえて建設された高砂小学校を見学しました。
c0236527_6294833.jpg

現在の草加市長・田中和明さんは、社会教育の市職員出身の方で、日本共産党も支持して当選しました。前市長のような無理な複合化はしない方向です。

私も参加した子育ち子育てネットワークの企画は、下記リンク(谷岡ブログ)でご覧ください。

市民の力で難問解決を!-「公共施設再生計画と教育を考えるつどい」に参加して考えたこと(2013年4月)

埼玉県草加市の学校複合施設の見学会(2013年8月)

これまで、習志野の公民館を愛する会の方々と子育て団体との交流がなかったのは残念なことです。しかし、過去のことをくよくよしても仕方ありません。

この日の懇談会には、次世代育成支援協議会こども園整備・市立幼保再編検討委員会の委員を務めた保育所・学童保育の保護者(当時)も参加し、発言をしました。今後、公共施設や教育等のあり方について、様々な交流の場が広がり、市政を動かす力につながっていければと期待しています。
by takashi_tanioka | 2015-05-24 23:40 | 公共施設再生 | Comments(0)
24日、マンション管理組合・自主防災会の総会が開催されました。今回は長期修繕計画見直しの説明もあり、例年より出席率が高い総会でした。熱心な質問・意見も出され、4時間近い会議となりました。
c0236527_11295920.jpg

私は今年度は役職についていなかったので、一組合員としての出席でした。他の管理組合より出席率が高く、いつも感心します。賛否が分かれた議案もありましたが、採決では全議案が承認されました。

新しい長期修繕計画は、2042年度の大規模修繕工事まで見越した実施計画と資金計画を考えたもの。コンサルタント会社を新しく選び直して策定作業を進めてきましたが、以前のコンサルタント会社よりもていねいな説明と感じました。

給水管の一部更生(延命工事)と、給排水管更新(交換)の時期をうまく調整しながらの修繕計画をみて、「苦労しながら計画づくりをしたのだな」と感じました。玄関扉の塩ビシート更新も、私が理事長の時にやり残してしまったものだったので、今後の修繕計画で早期に対応していただくことになって安心しました。

建物の資産価値の維持と合わせ、修繕積立金の値上げも関係してくるので、組合員・居住者の合意形成が大切です。建てかえは計画せず、「良好に維持管理することで、80~100年は使用できる」という考えで計画がつくられていました。
c0236527_1131098.jpg

新年度の活動方針では、継続的検討事項が整理され、新役員へ引き継がれていくことになりました。理事会や各種委員会の皆さん、お疲れさまでした。
by takashi_tanioka | 2015-05-24 23:30 | 地域活動 | Comments(0)
23日、向山小学校と谷津小学校の運動会に来賓出席しました。

向山小学校の運動会。生徒数が約270人に増え、全学年2クラスずつとなりました。元気に応援合戦です。
c0236527_23185572.jpg

向山小学校の校門付近から見える谷津小学校。運動会の音が聞こえます。
c0236527_23192186.jpg

谷津小学校の運動会。生徒数は約950人に増えました。学年ごとの競技は、大人数に対応するための工夫をしていました。
c0236527_23193449.jpg

この日は、生活と健康を守る会習志野市準備会もありました。7月の結成総会へ向け、準備のための話し合いをしました。
by takashi_tanioka | 2015-05-23 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
c0236527_19474317.jpg22日、臨時議会の最終日。向山小学校の通級指導教室への長男の送迎の後、市役所へ向かいました。

午前10時から本会議。議題は、農業委員会と消防委員会の委員推薦、一部事務組合や広域連合の議員選挙、監査委員の選任(議案)でした。

荒原ちえみ議員が農業委員に選出され、私は千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員に再任されました。

広域連合議会における私の質問・討論(平成27年第1回定例会)が、広域連合HPにアップされています。

議決結果・会議録(千葉県後期高齢者医療広域連合HP)

ちば広域連合だより(千葉県後期高齢者医療広域連合HP)

このほか、今回の臨時議会では、各種審議会委員等の割り振りを会派代表者会議で調整し、議会運営委員会で確認しました。入沢俊行議員が環境審議会委員になりました。

本会議終了後、議会報編集委員会。申し合わせ事項の見直しが議論となりました。会派持ち帰りで検討し、再度話し合うことで合意し、12時30分頃終了しました。
by takashi_tanioka | 2015-05-22 23:40 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka