谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

10月31日~11月1日、NPO法人区画整理・再開発対策全国連絡会議主催の「第47回区画整理・都市再開発対策全国研究集会」に参加しました。私は2年ぶりであり、今回は分科会にも参加しました。
2013年の全国研究集会

1968年に設立された最も長い歴史をもつ住民運動の団体の一つです。オリンピックなどを口実に住民犠牲・住民無視の土地区画整理や市街地再開発が再び勢いづくなか、全国各地の住民運動が協力する連絡会議の重要性が増しています。
c0236527_15421084.jpg

全体会では、連絡会議代表世話人の岩見良太郎さん(埼玉大学名誉教授)が「アベノミクス栄えれば、国・山河滅ぶ-都市・国土開発の現在」のテーマで情勢報告をしました。

日本共産党発行「議会と自治体」の2014年12月号2015年1月号に掲載された「アベノミクスで加速される企業主体・住民犠牲の都市再開発(上・下)」を発展させた内容でした。

安倍政権下の都市・国土開発は、土建国家の単なる復活ではなく、新自由主義経済路線による新しい展開がみられるという報告であり、3つの柱で話が展開されました。

①現在の都市改造の狙いは何か?それを実現するために、どのような戦略・都市像が追及されているのか?

②都市改造を強力に推進するために、都市計画はどのように変質させられているか?

③都市改造において、区画整理・都市再開発はどのような役割を担っているのか?

このような問題意識から、環状メガロポリス(東京都長期構想)、スーパーメガリージョン(国土形成計画)、メガインフラ(日本再興会議)といった「ディストピア」の歴史的な流れが説明されました。

そして、大手開発不動産企業主導の新自由主義的都市計画や国家戦略特区などが、新たな住民犠牲を強いる危険性を示しました。企業主体の強権発動としての区画整理・都市再開発に対し、住民運動の大切さを訴えました。
c0236527_15425566.jpg

リレートークでは、土地区画整理事業のなかで住環境を改善させてきた経験を埼玉県三郷市三郷中央宅地会会長が報告。市街地再開発事業の経験を横浜市戸塚駅西口再開発借家人勉強会会長が報告しました。

戸塚駅西口再開発による再開発ビルは、外見はきれいになりました。しかし、多くの商店が移転し、残った商店もうまくいっていません。「地権者も借家人も『むなしさ』が残った」「駅利用者にバスターミナルを『プレゼント』してあげた」という報告者の言葉が心に残りました。

全体会後の分科会では、私は「再開発-しくみと問題点」講座に出席しました。連絡会議事務局長の遠藤哲人さんが講師となり、市街地再開発事業のしくみを基礎から説明してもらいました。
by takashi_tanioka | 2015-10-31 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_15142268.jpg今週も生活相談が多い週でした。30日は、年金受給の問題で、相談者といっしょにで幕張年金事務所へ行きました。

相談者(女性)は、10歳代から働いてきましたが、夫が個人事業主のときの手続きミスのために保険料の納付期間が25年に足らない状態となり、無年金となっていました。

年金事務所の相談窓口で計算し直してもらいましたが、どうしても年数が少し足りません。

年金事務所職員は「消費税が10%になれば、受給条件が『10年』になるので、それまで1年半待ってほしい」「10%増税を先送りにしたから、『10年』にならない」と回答。消費税を増税しないことが悪いことであるかのような言い方で、私としては気分が悪かったです。

年金を1円ももらえない無年金の人が全国で60万人います。もらっている人でも国民年金だけの人は平均5万円以下、生活できない低年金も急増しています。

そのおおもとには、保険料を25年以上納めないと1円も支給されない厳しい受給条件と、高い保険料を長年納め続けても月6万円程度しか支給されないという国民年金の根本問題があります。

日本共産党は問題解決のために、年金の受給条件を25年から、欧米諸国と同水準の「10年」に引き下げることを提案してきました。このほか、全額を国負担でまかなう最低保障年金制度の創設も提案しています。

自民党公明党政権は、この「10年」を実現する代わりに、消費税増税を庶民に押しつけようとしています。

しかし、年金などの社会保障制度は本来、財政の所得再分配機能に基づいて実施されるべきです。大企業・大資産家へ儲け相応の負担を求めて財源をつくりだすべきであり、庶民増税でまかなうなど邪道です。

東京オリンピックや都市再開発、国土強靭化などを口実にした大規模事業の推進、巨額の軍事費、無駄づかいにもメスを入れ、財源を確保しなければなりません。

医療・介護、年金、障がい福祉などの生活相談を受けると、社会的弱者を切り捨てる制度の歪みに腹が立つことがたくさんあります。相談者の生活支援と合わせ、制度の改善にも、議員として取り組んでいきたいです。
by takashi_tanioka | 2015-10-30 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_23184371.jpg28日夜、習志野市薬剤師会と市議会議員の懇話会が開かれました。私は初めての経験です。

日本共産党からは荒原ちえみ議員と私が参加。私たちを含め5会派・10名の議員が参加しました。

薬剤師会からは、会長・副会長をはじめ、6名の役員が参加しました。会長は気さくな方で、楽しくて勉強になる懇話会でした。予定オーバーの2時間近い意見交換となりました。

会長による事業紹介・活動紹介のなかで、薬剤師が地域や学校などで大切な役割を果たしていることなど知りました。

風邪薬などでドーピング検査に引っかかる場合があり、各種大会へ出る高校生の服薬にアドバイスしていることを初めて知りました。

重要な話題となったのが、かかりつけ薬局・薬剤師。特に服薬の多い高齢者に重要であることが説明されました。同時に24時間対応などの困難、営業の困難なども率直に話されました。

荒原議員は、ジェネリック医薬品(後発薬)について質問。昔はあやしい製薬会社があったが、現在は大手製薬会社が子会社をつくって製造しているので、それほど心配していないとのことでした。薬剤師側も、ジェネリックにして良いのかどうか、慎重に判断して処方しているそうです。

私からは、イオン薬局など大手チェーン店との関係を質問。イオン薬局については、習志野市では良い関係にあり、休日・夜間の処方を対応してくれて助かっているとのことでした。

学校薬剤師の仕事として、インフルエンザ流行時の環境検査、教室や給食施設などの衛生管理など、様々なアドバイスをして改善に努めていることも話されました。

このほか、一般用医薬品のインターネット販売など「規制緩和」の問題、市薬剤師会員の薬局の相互連携、地域包括ケアシステム(柏モデルの評価)なども話題となりました。

さて、このような集まりでは、最初の自己紹介というのが、親近感をもってもらううえで大切です。

私は、母が薬剤師(徳島大学薬学部)であること、父方の谷岡家は鳥取藩で薬師だったことを紹介しました。昔は父方は医師・薬剤師が多かったようです。千葉県へ墓を移すまでは、鳥取市内に江戸時代(天保年間)からの墓がありました。
by takashi_tanioka | 2015-10-29 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
11月8日に「第48回 習志野八千代・子どもと教育を語るつどい」が津田沼小学校で開催されます。全体会の講師は都留文科大学教授の田中昌弥さんで、テーマは「子どもにつけたい学力」です。
c0236527_15204440.jpg

c0236527_1521864.jpg

私も昨年(高津小学校)に続き、学童保育保護者として家族で参加する予定です。

今回は、プロマジシャンLiLeeが、昼のマジックショーに登場。午後の第8分科会「マジック教室」も担当します。関心のある方は、ぜひ申し込んでください。

申し込みなど、詳しくはブログ「LiLeees Wings」をご覧ください。
出演&マジック教室情報:11月8日(日)in 習志野市
by takashi_tanioka | 2015-10-28 23:40 | 子育て・家族 | Comments(0)
28日朝、長女は妻が保育所へ連れて行き、次男は私が連れて行きました。出勤前は手分けしないと、一人ではたいへんです。

長男・次男といっしょに小学校前まで行き、その後、次男と二人で保育所へ向かいました。時間に余裕があったので、谷津公園の芝生広場で谷津干潟を眺めたり、すべり台や鉄棒で遊んだりしました。
c0236527_14144059.jpg

暑くもなく、寒くもなく、心地よい天気でした。芝生公園には「伊藤新田(塩田)跡・谷津遊園跡」の案内板が立っています。
c0236527_14145842.jpg


新ならしの散策「開拓者達の夢-習志野市内の新田」(習志野市HP)

新ならしの散策「都心近くの風光明媚なオアシス-谷津遊園(習志野市HP)

新ならしの散策「ならしの“よもやま話” 阪妻・関東撮影所」(習志野市HP)

新ならしの散策「トラ~谷津遊園と虎、寅さん」(習志野市HP)

新ならしの散策「トラ2~谷津遊園の虎」(習志野市HP)

谷津干潟の潮が満ちていたので、次男を保育所に預けた後、干潟西側のポンプゲート(水門)を視に行きました。ゲートが下がり、海水の逆流を防いでいました。
c0236527_14152172.jpg

ポンプゲートが本当に有効なのか、ちょっと心配していましたが、きちんと作動しているのを視てホッとしました。
c0236527_1415386.jpg

c0236527_14155515.jpg


谷津3丁目地内ポンプゲート設置の完了-谷津地区浸水対策(2015年5月)
by takashi_tanioka | 2015-10-28 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
27日朝、京成谷津駅で活動ニュースを配布しました。この日は、自民党議員が宣伝カーで来ていたり、歩きたばこ・ポイ捨て防止キャンペーンの町会役員・駅員の方々もいたりで、にぎやかな駅頭でした。

写真は、キャンペーンで配布されていたティッシュです。
c0236527_12474576.jpg

偶然ですが、私の活動ニュースの記事の一つが「谷津保健病院前の路上喫煙、啓発強化へ」でした。これを読んだ通勤者から「谷岡さん、喫煙場所もつくってよ」と声をかけられました。

いつもは黙ってチラシを受けとるだけの人だったので、声をかけられて私としてはびっくり。でも、率直な意見には感謝です。

私自身は、原則「分煙」が良いという意見です。喫煙したい人を喫煙所に集めた方が、歩きたばこやポイ捨てが減ると考えるからです。

実は、JR津田沼駅南側の喫煙所は、私も要望して設置してもらいました。しかし、京成谷津駅南側は喫煙所にふさわしい場所が、現時点ではありません。

谷津保健病院と京成谷津駅の間の路上喫煙・ポイ捨て対策(10月20日)

喫煙所(分煙)の要望。喫煙防止の要望。いろいろありますが、歩きたばこやポイ捨て、たばこが嫌な人がいる場所での喫煙はNGですね。
by takashi_tanioka | 2015-10-27 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_238443.jpg26日、会派代表者会議に出席しました。今回も都市政策研究会だけが欠席し、他の会派は全員出席しました。

まずは、議長立候補制について協議し、実施することを全会派が合意しました。近隣自治体の実施要項を参考にしながら、議長が案を作成することになりました。

前回に引き続いて協議されてきた「習志野市議会災害対策支援会議」の設置については、議長が提示した要領案で全会派が合意しました。

これは、東日本大震災の教訓から検討されてきたもので、大規模災害時に議長によって設置されます。浦安市などに習って要領案がまとめられました。

習志野市議会の議員紹介ページ
by takashi_tanioka | 2015-10-26 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_1622444.jpg25日、戦争法案に反対する大久保パレード実行委員会による意見交流集会に参加しました。

安保法廃止へ、習志野市でも結集を!10月25日の集会(谷岡ブログ)

実行委員会のあいさつ、議員のあいさつに続き、これまでの経緯・取り組みの報告、総がかり行動実行委員会の紹介、カンパなど会計報告がありました。パレードに参加した様々な運動体・個人に配慮した報告だったと、私は評価しています。

そして、実行委員会から今後の課題と行動が提起されました。基本は、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会による10月8日の行動提起でした。

総がかり行動実行委員会の取り組み経過と行動提起(2015.10.8)

市内で活動する反核平和運動や護憲運動の各団体のメンバーも参加し、意見交換をしました。おそらく、習志野市では初めてのことです。パレード呼びかけ人など、計45人が集まりました。

参加者からは、安保法制(戦争法)廃止のために、従来の運動体の枠を超え、さらに幅広い人々、身近な人々にも働きかけて運動を広げようという主旨の発言が続きました。

特に重要なのが、総がかり行動実行委員会が提起する2千万人署名と対話活動です。習志野市民による運動の今後の発展に期待したいです。

議員として、民主党の小西洋之・参議院議員があいさつをしました。日本共産党の斉藤和子・衆議院議員からもメッセージが届きました。習志野市議会議員も、会派を超えて集まりました。

斉藤和子・衆議院議員の連帯メッセージ
by takashi_tanioka | 2015-10-25 23:40 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
25日、日本共産党の浅野ふみ子・参院千葉選挙区予定候補が習志野市内で街頭演説。京成津田沼駅、大久保マルエツ、奏の杜、京成実籾駅で政策を訴えました。

党市議団も応援弁士・道案内として同行。私は、大久保・泉町から谷津・奏の杜にかけてまわりました。
c0236527_15473697.jpg

先日の日本共産党千葉県委員会の地方議員研修会では、来年夏の参議院議員選挙について「比例で8議席以上、選挙区の2・3人区で10議席以上を獲得することで自民党を抑え込む。千葉選挙区は、浅野ふみ子候補の当選で、自民党をゼロにする。」との提起がありました。

千葉選挙区=自民党ゼロへ向けて、私も候補者を応援して頑張ります。
by takashi_tanioka | 2015-10-25 23:30 | 県政・国政 | Comments(0)
c0236527_1527873.jpg23日夜、習志野市学童保育連絡協議会(市連協)と習志野市青少年課の意見交換会。前回(5月)は生涯学習部長との意見交換でしたが、今回は担当の青少年課との意見交換です。

事前に提出した要望書への文書回答は10月末となります。今回は、各児童会ごとの要望が中心でした。

施設・設備面の要望は、各小学校の児童会によって違いがあります。他方、保育内容や支援員に関する意見・要望では、習志野市における支援員不足が様々な困難を引き起こしていることがよくわかりました。

各児童会の保護者会役員からは、支援員の待遇改善と人員確保が要望されました。今年度になり、目にみえて支援員が減ってしまったなか、保護者の危機感は高まっていると感じました。

私は、谷津南児童会の保護者として出席しました。設備面では、猛暑時のエアコンの能力不足の改善を主に要望しました。

谷津南小学校特有の問題として、奏の杜からの路線バス通学の安全問題、対応する支援員の確保、児童数増加による将来の分割などについて、質問・要望をしました。

〔参考〕全国学童保育連絡協議会HP
by takashi_tanioka | 2015-10-23 23:40 | 子育て・家族 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka